認定動物看護師になるために必要な資格とは?獣医師と共に動物の命を守る

認定動物看護師になるために必要な資格とは?獣医師と共に動物の命を守る

お気に入りに追加

動物病院で活躍する認定動物看護師に必要な資格とはどういったものがあるのか、認定動物看護師とはどういった職種なのかを紹介したいと思います。

14436view

子犬

認定動物看護師とは?

動物病院には国家資格を有する獣医師以外にも、獣医師の補助などを行う認定動物看護師と呼ばれる人が活躍しています。

認定動物看護師とは、獣医師の直接の指導を基に病気の動物の看護や動物の診察の補助を行い、保健衛生の指導などを行う者の事であり、日本では今のところ、認定動物看護師を規律したり、保護したりする法律や条例は存在しないので認定動物看護師は獣医師法や獣医療法に則って獣医師の直接の指導や監督下に置いてのみ病気やけがの動物の看護や獣医師の診察の補助ができるとされています。

認定動物看護師は以前は女性だけが活躍する職種でしたが、今では少しずつ男性が活躍するようになってきました。

認定動物看護師の在り方

認定動物看護師とは獣医師の良き協力者として獣医療の健全な発展に寄与する者であり、獣医師の直接の指導の基に獣医療の補助や病気の動物の看護を主業務と動物の保健衛生指導に努める者であるといわれ、さらに、生命の倫理や動物愛護の精神に徹し、動物の良き理解者であり、飼い主や家族の良き助言者でなければならず、常に必要な知識の修得と技能の研鑽に努めなければならないといわれます。

これらが認定動物看護師としてやって行く上で必要な心構えであり、認定動物看護師の正しい在り方です。

認定動物看護師の役割

口をあけた犬

認定動物看護師の動物病院での役割は実に多くあり、その役割の内容は動物病院や認定動物看護師の習熟度によっても変わります。

認定動物看護師の平均的な仕事内容としては、受付、獣医療事務、病院清掃、入院動物の世話、動物の保定、手術準備、術後の器具の後片付け、診療体制の準備、血液検査、尿検査、糞便検査、X線撮影の準備などがあります。

その他にも採血、調剤、投薬、外科的な薬剤の塗布、耳掃除、歯石除去などを行っている認定動物看護師もいます。

認定動物看護師の資格

認定動物看護師の資格は民間の認定資格であり、獣医師のように国家資格ではなく、動物病院に就職する為には必ずしも認定動物看護師の資格は必要ではありません。

2012年まではいくつかの団体がそれぞれ独自に動物看護師の資格試験を開催していましたが、2012年から動物看護師統一認定機構を設立し、2~3年の移行期間を経て、認定動物看護師の試験を行っています。

それまで動物看護師の資格の認定を行っていた団体としては、日本小動物獣医師会、日本動物病院福祉協会、全日本獣医師協同組合、日本動物衛生看護師協会、日本動物看護学会がありましたが、現在では認定試験は動物看護師統一認定機構が行い、それぞれの団体は認定試験を行っていません。

各団体の動物看護師の資格から統一された認定資格になったことで、認定動物看護師の資格の価値が向上したといえます。

認定動物看護師試験の受験資格

認定動物看護師の試験を受ける為にはいくつかの条件があり、それらをクリアした人だけが試験を受験する事ができます。

  • 動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく動物看護学を教育する学科やコースを有する専修学校と大学において必要な単位を修めた者
  • 動物看護師統一認定機構が受験資格審査により個別に認められた者

認定動物看護師になる為のコアカリキュラム

動物看護師統一認定機構が推奨しているコアカリキュラムには動物形態機能学、動物病理学、動物疾病看護学、動物薬理学、動物感染症学、病原体や衛生管理、動物健康管理学、動物栄養学、動物医療関連法規、公衆衛生学、動物繁殖学、動物人間関係学、動物行動学、動物福祉論、飼養管理学、動物看護学、臨床動物看護学、動物入院管理、幼齢動物や老齢動物管理、動物臨床検査学、救急救命対応、クライアントエデュケーション、院内コミュニケーション、動物飼育実習、動物看護実習、動物臨床検査学実習、外科動物看護実習、総合臨床実習があり、実に多くのカリキュラムを学ぶ必要がある大変な仕事です。

認定動物看護師の試験内容

認定動物看護師の試験内容としては5肢択一とマークシート方式で、一般問題と実地問題の2種類があり、試験会場としては札幌、仙台、新潟、東京、神奈川、大阪、岡山、高松、福岡、那覇の11都市で年1回開催されます。

この試験を合格した人だけが認定動物看護師として動物看護師を始めとする様々な職種で活躍できます。

認定動物看護師の職種

認定動物看護師の最大の就職先としては動物病院であり、一般の動物病院だけでなく、獣医系の大学の附属病院で認定動物看護師として就職する事ができます。

動物病院だけでなく、認定動物看護師としての知識や技術を利用してペットショップや動物保護施設、動物園、ドッグカフェなどで活躍する事ができます。

認定動物看護師を目指す人のほとんどが動物病院で活躍する事を目的で受験する人が多い傾向があるようです。

認定動物看護師という仕事の魅力

認定動物看護師は基本的に動物に関わる仕事に就職するので動物に関われる事ができ、獣医療の専門的な知識やスキルを身に着ける事もでき、その身につけた専門的な知識やスキルで動物の命を助ける事ができます。

認定動物看護師として、動物の飼い主や動物から信頼される事も認定動物看護師の魅力です。

認定動物看護師のやりがい

口をあけた子犬

認定動物看護師のやりがいとしては、動物病院には毎日多くの動物が怪我や病気で来院するので常に命と向き合う事になります。

命に向い合うのは獣医師だけでなく、認定動物看護師として命に向い合える場面は多々あり、常に命と向い合っているという意識を持って仕事をする必要があります。

認定動物看護師の役割は幅広くある為に毎日幅広い仕事をする事ができ、飼い主や動物の信頼に応える事ができる非常にやりがいがある職種といえます。

認定動物看護師の大変な事

認定動物看護師は、動物病院では動物が死亡してしまう事もある事から認定動物看護師も死と直面する事は避ける事ができないので動物が好きというだけでは務まらない厳しい仕事です。

認定動物看護師の労働環境は、長い労働時間やあまり給料も高くない為にあまりいいとはいえないので、余裕のある生活を送るのは厳しい環境といえます。

動物病院へやってくる動物は大人しい動物ばかりではなく、気性が激しい場合や興奮してしまっている場合の動物も多く来院する為に認定動物看護師の腕は生傷が絶える事はありません。

認定動物看護師の適性

上を見る犬

認定動物看護師の仕事は、常に発展する獣医療に対応する為にその仕事に就いている間はずっと勉強をし続ける必要があるので向上心を持ち続けているような人に向いています。

認定動物看護師は厳しい仕事や長い労働時間なので豊富な体力が必要であり、命に対する責任感が必要で時には緊急性の高い場面に直面する事があるので冷静な心と判断力が必要となる事も多くあります。

他のスタッフとのコミュニケーションも大切となるので、コミュニケーション力がある必要があり、何よりも動物が好きである人が向いています。

まとめ

認定動物看護師は未だに認定資格だけですが、多くのカリキュラムを学ぶ必要があり、たとえ専門学校には行かずに動物病院で働くようになったとしても実に多くの事を覚える必要がある大変な職種といえますが、その反面、数多くの命を支える手助けができる素晴らしい職種といえます。

将来的には、認定動物看護師の資格が獣医師や医師のように国家資格になっていくべきであり、国家資格になる必要がある資格の1つといえます。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。