英国の動物虐待に対する法律改正とジャーマンシェパードのフィン

英国の動物虐待に対する法律改正とジャーマンシェパードのフィン

イギリスで動物虐待に対する法律が以前よりも厳しく改正されたというニュースが報道されています。併せて法改正のきっかけとなったジャーマンシェパードのフィンについてもご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

イギリスの動物福祉法の改正

裁判官に扮したヴィズラ

日本では2019年6月に改正動物愛護法が成立し、動物虐待が以前に比べて厳罰化されました。イギリスでもちょうど同じ頃に動物への虐待に対する罰則が以前よりも強化されるという動物福祉法の改正が発表されました。

またイギリスのこの法改正には『フィン法』と名付けられた、警察犬など使役動物保護のための新法も組み込まれています。

改正されたイギリスの動物福祉法についてご紹介しますので、日本の動物愛護法と比べてどうだろう?という点など考えていただくきっかけになれば幸いです。

以前よりも厳しくなった動物虐待への罰則

格子にかけられた手

イギリスの動物福祉法で大きく変わった点は、動物への虐待に対する厳罰化です。現行では動物虐待に対する罰則は懲役6ヶ月が最高であるのに変わり、最高5年の懲役が課せられるようになります。これは日本の改正動物愛護法と同じ数字になります。

イギリスでもっとも重い罰則を受けることになる動物虐待は、闘犬など動物同士を闘わせる行為、動物への傷害、家畜の不適切な扱いなどが含まれます。これら対象となる内容は日本の法律に比べて具体的で範囲も広いようです。イギリスの環境長官は、動物を虐待する人々が法の下で確実に裁かれるようにして行きたいと述べています。

「フィン法」と呼ばれる使役動物のための法律

警察犬のジャーマンシェパード

今回の動物福祉法の改正で、メディアなどがたびたび取り上げているのは「フィン法」というニックネームがついた警察犬や警察馬などの使役犬のための法律です。

法律の名前の由来

名前の由来となったのは警察犬として働いていたジャーマンシェパードのフィンです。2016年、フィンは警察犬としてハンドラーであるデイブ・ウォーデル氏と共に、武装した容疑者を追うという任務に就いていました。容疑者である男性は刃渡り25センチのナイフでウォーデル氏を攻撃しましたが、フィンはウォーデル氏と加害者の間に飛び込みました。

加害者はフィンの頭と胸を刃物で刺し重傷を負わせました。ウォーデル氏も腕を刺されて怪我をしました。フィンは絶望的と思われたのですが、大規模な手術が功を奏し、長い治療の後に元気に回復することができました。

ウォーデル氏はこの事件をきっかけに使役動物を保護する法律が必要だと考え、法律改正の声をリードして来ました。改正前の法律では警察犬は警察の所有物として扱われるので、フィンを刺した加害者の罪はウォーデル氏への傷害と器物破損として扱われました。しかし改正後は新しい動物福祉法が適用されて、警察犬や警察馬への加害は動物虐待の重罪となります。

ウォーデル氏とフィンのテレビ出演で一躍話題に

ウォーデル氏はこの動物福祉法の改正について、動物に関心のある人だけでなく広くたくさんの人に知ってもらいたいと考えて、テレビの人気番組「ブリテンズゴットタレント」にフィンと共に出演しました。

フィンの「読心術」を披露した一人と一匹はデイブ&フィンとして拍手喝采を浴び、動物福祉法について多くの関心を集めることに成功しました。

こちらが番組出演時のビデオです。
今では警察犬を引退したフィンの穏やかな様子が印象的です。

まとめ

4匹の笑顔の犬

イギリスで、動物虐待に対する罰則を厳しく改正した新しい動物福祉法が可決施行されるというニュースをご紹介しました。日本でもイギリスでも、動物を虐待することが重い罪に問われ厳罰を処せられるというのは喜ばしいことです。そしてこの厳罰が動物虐待への抑止力になって欲しいと心から願います。

イギリスでもこのニュースは多くの人に歓迎されているようですが、一方で動物福祉法に実験動物が含まれていないことを問題視している人も多くいます。どこの国でも動物を取り巻く環境を一朝一夕で素晴らしく改善することはできませんが、事実を知り諦めずに訴えかけることで、少しずつでも物事を良い方向に進めていけることは忘れずにいたいと思います。

《参考》 https://www.bbc.co.uk/newsround/48771380

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。