日本ペットシッター協会ってなに?ペットシッター士の認定と資格の取得方法とは

日本ペットシッター協会ってなに?ペットシッター士の認定と資格の取得方法とは

急や出張や怪我などで動けない時にペットのお世話を手伝ってくれるペットシッターをご存知でしょうか。ペットシッターになるためには、資格や勉強が必要になってきます。今回は、日本ペットシッター協会やペットシッター士など、ペットシッターという職業をお伝えしていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

日本ペットシッター協会とは

犬と猫

日本ペットシッター協会とは、ペットシッター士の養成・教育を行っている機関です。育成教育だけではなく、飼い主のマナー向上のための啓蒙活動、ペットのしつけや老後についてのセミナーなど飼い主に対しても様々な活動を行っています。全国のペットシッターを探したり、ペットシッター士として独立開業することの出来る資格の講座なども行っています。

日本ペットシッター協会が認定するペットシッター士の資格について

メガネを掛けている犬

ペットシッターとは、飼い主に代わって留守中にペットにご飯をあげたり遊んでくれたりペットのお世話をしてくれる人のこといいます。

急な出張で家を開けなくてはならなくなった時、怪我や病気で動けない時などに手伝ってくれるのがペットシッターさんです。ペットホテルが苦手な愛犬でもペットシッター士に頼むことでお家でいつもどおりに過ごすことが出来ます。

ペットシッターになるためには、資格が必要になります。犬を飼ったことがあるからと言って誰でもペットシッターになれるわけではないのです。ペットシッターになるためには、「ペットシッター士」「認定ペットシッター資格検定」「動物取扱業保管」「動物取扱業訓練」の登録が必要です。

ペットシッター士

ペットシッターと検索するとまず出てくるのはこの資格です。ペットシッター士は、日本ペットシッター協会が認定している資格です。環境省が定めた動物取扱業保管・訓練の要件を満たしているので独立開業することも出来ます。

動物取扱業保管

ペットシッターとして独立開業するためには、環境省が定めた動物取扱業の登録申請を行う必要があります。ペットシッターは、顧客の動物を預かることにあたるので、動物取扱業保管の登録申請が義務つけられています。

動物取扱業訓練

動物取扱業訓練は、顧客の動物を預かり、訓練(しつけなど)を行う業種に必要になってきます。この訓練の登録を行うことで、預かるペットシッターだけではなくしつけ業務も行えるようになります。

ペットシッター士の資格の取得方法

本を読む犬

ペットシッター士の資格には3つの取得方法があります。講習・講座などで資格認定試験に合格して晴れて「ペットシッター士」として活躍することが出来るのです。年齢制限が無いので、どんな方でも受験することが出来ます。資格習得後に、ペットシッター業を行っている会社に入るか、個人で独立開業するかを選びペットシッターとしての業務に携わっていきます。会社に入った場合は、実際の業務に関わる前に研修を行うこともあるようです。

通信講座

自宅で自分のペースで好きな時間に勉強が出来る通信講座は、仕事や家庭で忙しい方におすすめの取得方法です。受講期間は6ヶ月以内なので、効率よく勉強をしなければなりません。教材が届いたらすぐ勉強が出来るので、家事が終わった後や通勤途中にも勉強することが出来ます。受講費用も抑えることができます。

通学

分からない部分はしっかり講師に確認したい、短期で取りたい方には通学がおすすめです。日本ペットシッター協会では、練馬区の本校にて通学コースを開いています。受講期間は、6日間で9時~16時の休憩1時間を挟んで、6時間勉強を行っていきます。受講費用は高めですが、時間がきっちり決まっており講師にも質問ができるので分からない部分をすぐに解決することが出来ますしメリハリをつけて勉強することが出来ます。

カルチャーセンター講座

カルチャーセンターやスクールで講座が開かれていることもあります。講座が開かれているカルチャーセンターの近隣にお住まいの方や長くは通えないけど2日くらいならという方におすすめです。受講期間は、講習会が2日間それに加え自宅での学習が必要になってきます。カルチャーセンターでの講習会と自宅学習の組み合わせで資格取得を目指していきます。

ペットシッター士の資格取得に必要な費用

電卓と犬

資格取得に必要な費用な費用は、どの方法を選ぶかによって変わってきます。また、日本ペットシッター協会のペットシッター士を取得するのか、ビジネス教育連盟ペットシッタースクールが行こなう認定ペットシッター資格検定試験によっても費用の差が出てきます。

ペットシッター士の場合

ペットシッター士の場合は、通学・通信講座・カルチャースクールコースの3つがあります。
費用はそれぞれ、通学は88,200円 通信は50,400円 カルチャースクールは57,200円になっています。

認定ペットシッター資格検定試験の場合

認定ペットシッター資格は、通学・通信の2つのコースがあります。また、通学コースの場合は認定ペットシッター資格終了後にパピーティーチャーの資格も取ることが出来ます。

通学は、11日間で149,000円(入学金、教材費、講習費、実習費、資格検定試験の受験料込)
通信は、72,000円(同じく教材費などすべて込)

試験について

試験は、各試験会場やスクールにて行われます。通信講座の場合でも、試験を受ける必要があるので各試験会場やスクールに出向いて試験を受けることになります。試験は筆記試験で、ペットシッター士は小論文の提出があるそうです。

まとめ

ハイタッチする犬

共働きや仕事量の増加で、都内ではペットシッターの需要が高まっています。TVで取り上げられた事もあり、やってみようかな。なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

資格に年齢制限などは無いので、ペットを飼っていてお手伝いしたい。しばらくペットは飼ってないけど犬や猫が大好きな方などはぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。今回は、ペットシッターについてお伝えしました。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。