犬の皮膚のしこりからわかる関連する病気について

41647view

犬の皮膚のしこりからわかる関連する病気について

しこりとはどういったものなのか?犬のしこりから疑われる病気にはどういったものがあるのか?皮膚腫瘍や肛門周囲腺腫、クリプトコッカス症とはどういった病気なのか

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬のしこり

犬

「しこり」とは皮膚や筋肉などの一部が盛り上がった状態の事で、腫れたり、硬くなっている状態の事です。

皮膚の内側に膿や血液が溜まる為に起こる症状で、しこりには老化によるものや良性と悪性の腫瘍などの種類があります。

犬のしこりが特徴的な病気には皮膚腫瘍、肛門周囲腺腫、クリプトコッカスなどがあります。

皮膚腫瘍

口をあけた犬

犬の腫瘍の中で最も高い発生率があるのがこの「皮膚腫瘍」です。良性のものから悪性で転移しやすいものまで多種多様存在します。

まず、皮膚は外界と直接接する表皮と真皮、脂肪組織からなり、皮膚には毛包や脂腺、汗腺といった器官が存在します。

皮膚腫瘍の中には、表皮を形成する上皮細胞系の腫瘍として「乳頭腫」、「扁平上皮癌」、「基底細胞腫」、「各種の腺癌」などがあります。

その他には真皮や脂肪組織等の非上皮系の腫瘍として「線維腫」、「肥満細胞腫」、「繊維肉腫」、「脂肪腫」などがあります。

皮膚腫瘍の発生頻度は年齢と共に増加する傾向があり、8~10歳齢に好発傾向にあるといわれます。

皮膚腫瘍ができやすい犬種として、ボクサー、スコティッシュ・テリア、ボストン・テリア、ブルドッグ、バセット・ハウンド、ビーグルなどで発生が多く、ペキニーズ、ポメラニアン、チワワでは少ないといわれています。

また、犬の皮膚腫瘍はウイルス感染や日光の紫外線に起因して発生する事が知られています。

肛門周囲腺腫

寝転んだ犬

肛門周囲腺腫は犬特有の腫瘍で肛門周囲や尾の付け根、包皮の外側の皮下に散在する肛門周囲腺の腫瘍で、硬いしたしこりとして認められます。

良性の肛門周囲腺腫は雄に多く認められ、その発生率はメスに比べて10倍ほど多いといわれています。なおメスの場合、発見された場合は悪性の肛門周囲腺腫になっている事がほとんどです。

この腫瘍は男性ホルモンが関与している為に去勢手術をした犬での発症はほとんど認められていません。

また、良性であっても、ある程度成長すると腫瘍の表面に潰瘍が形成されて出血や化膿、排便障害を起こし、経過と共に悪性に変化する事があり、摘出手術後の再発率も高い腫瘍なので、注意が必要です。

悪性の場合は周囲のリンパ節や臓器、脊椎などに転移して重篤な症状を現す事もあります。

クリプトコッカス症

犬

クリプトコッカス症はクリプトコッカスという真菌に感染して起こる病気です。なお、健康な状態では殆ど発症する事はなく、免疫力が低下している時や、別の病気にかかっている時などに発症しやすい傾向があります。

クリプトコッカスは空気中や土壌中などに存在する菌ですが、特にハトなどのウンチの中に存在する事が多い為、広い場所に飛散されやすい真菌です。これに感染するとくしゃみや鼻水などの症状が現れ、鼻に潰瘍ができる事もあります。

一見、風邪と変わらない症状のようですが、重症化すると肺炎を起こし、呼吸困難になる事もあるので注意が必要な病気です。

その他の症状としては、失明、痙攣、麻痺、運動障害などがあります。

鼻にしこりができた場合はクリプトコッカスが疑われますが、しこりができない場合もあり、症状も犬風邪のような症状なので見落とさないようにしましょう。

まとめ

腫瘍は良性であっても、悪性であっても素人で判断する事は危険なので、動物病院で病気を確定してしっかりと治療を行いましょう。

しこりを確認した場合は、すぐに動物病院で病気なのか、病気であればどういった病気なのか、治療はどういったものがあるのかをしっかりと理解して愛犬に無駄な負担をかけないようにします。

しこりは小さいうちは問題ないと思って見落としやすいですが、愛犬の健康を守る事ができるのは飼い主や家族だけなので、毎日のコミュニケーションの中で愛犬に異常がないかどうかを観察していきましょう。

▼犬の病気を症状や病名から調べる▼
犬の病気大辞典!知っておきたい基礎知識

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 20代 女性 チャンフト

    皮膚のしこりは、素人では判断が難しいのでちょっとおかしなと思った時点で病院に受診した方が安全だと思います。少し過保護かなと思っても手遅れになるよりまだましです。また、年に一度は健康診断を受けるのも良いかと思います。自己判断は危険!病院で必ず受診!
  • 30代 女性 みかりん

    わたしはこの記事を読んで、しこりのこわさを改めて感じました。わんちゃんのしこりには、悪性と良性があり悪性の場合であると恐ろしい病気となりますので早く見つけてあげることが大事になるので今も気をつけてはいますが、よりいっそう愛犬とのふれあいを増やし触り変化があった場合すぐに気づけるようにしたいと思いました。
  • 30代 女性 モモC

    飼っている愛犬がまだ2歳で若いということもあり、犬の腫瘍については全く知識がなかったので、とても勉強になりました。肛門周囲腺腫、クリプトコッカス症については名前すら知らないものでしたが、皮膚腫瘍の中には、ウィルスや細菌感染によるものもあると知り、驚いています。ブラッシングなどのお手入れの際にも、愛犬に普段とどこか違う点がないかに注意深くいるようにして、病気や怪我などにはいち早く対処できるようにしたいと思いました。
  • 30代 女性 つづみ

    見落としがちであり、更には良性と悪性両方あるため、もししこりが出来てしまっても、楽天的に考えがちになる場合もあるのではないでしょうか?そういうものこそが本当に怖いのだと強く思いました。気づいてあげることが第一歩です。
  • 40代 女性 ミキティ

    ほぼ毛に覆われている体の犬は、皮膚に何かできているのを発見するのは簡単ではないですよね。毎日体じゅうを触り、ブラッシングして、異変を見つけられるか。異変に気がつける飼い主でいたいです。気になるものを感じたら、ノートに体のどこにあったかメモして、気になる度合いが高いほど、獣医さんに見せるようにしています。定期的に健康診断を受けているので、異変に気がつける確率を上げられるようにしています。
  • 女性 ブンブン

    この前、愛犬のフレンチブルドッグをシャンプーしていた時に何かポコッとしたものに触れたので見てみると、なにかしこりのようなものがありました。結構固くてしっかりしたしこりだったので、急いで獣医さんの所へ連れて行って検査したのですが、結果は悪性のものではないので、経過観察ということになりました。フレンチブルドッグも皮膚系の病気になりやすいので、日々気を付けてあげるようにとアドバイスされました。確かに、愛犬はかなりの確率で皮膚のトラブルに悩まされています。今回はしこりだったので、ガンか何かじゃないかと思い、ゾッとしてしまいました。毎日体に触ってあげてチェックしてあげると、病気の早期発見にも繋がりますよね。
  • 30代 女性 まろんママ

    しこりって見つけるとドキッとしますよね。どうしてもガンのイメージがつきまとっていて、ふとした時にしこりをみつけると結構動揺してしまいます。実は今愛犬の脇腹のところにもしこりっぽい本当に小さいポツッとしたものがあって、かなり用心深く観察するようにしています。小さすぎて、どこにあったかわからなくなるので手でよーく探す感じですが、今のところ大きくなってもいないし気にするそぶりもないので大丈夫かな、と。(最初に見つけた時に動物病院でも相談しましたが、ただの脂肪腫だろうとのことでした)どちらにせよ、このしこりに変化がないかということや新たなしこりが出ないかしっかり全身を観察しかなくちゃな、と思っています。
  • 30代 女性 ましろ

    うちには5歳のチワワがいます。風池と呼ばれる後頭部の片側だけ固く膨らんでいて、獣医さんに診てもらったところおそらく筋肉が硬直している(力が入っている)状態で腫瘍と断定するには判断材料に欠けるとのことでした。シコリや腫瘍というとそこだけポコッと出ているのを想像しがちですがコブのように全体的に腫れていることもあります。なんにせよすぐに獣医さんに診てもらうことが1番です。
  • 20代 女性 てとめる

    我が家の愛犬も10歳を過ぎているので、そういった病気には特に早く気が付けるように考えています。今までも自分で見付けたり、トリマーさんに指摘されたりと何回か動物病院でみてもらうことがありましたが、脂肪の固まりということで問題なく現在は過ごしています。
    ですが10歳を越えてきてようやく犬の健康診断の大切さにも、気が付きました。健康診断にもお金はかかりますが年に一度は人間同様にしても良いと思います。やはり病気は早く知れれば知れるほど治すのも楽ですし、結果的に金銭面でも安く済みます。しこりもその時に見付けてもらえますし、我が家の愛犬も健康診断をしていく中で色んなアドバイスを獣医師の方からもらえて助かっています。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。