『ルンバ』は犬の毛をちゃんと掃除してくれるの?

『ルンバ』は犬の毛をちゃんと掃除してくれるの?

犬を飼っていると「こんなに抜けてはげない!?」と心配になる程の抜け毛に悩まされることは多いと思います。画期的なお掃除ロボットである『ルンバ』は大量に抜ける犬の毛をしっかりと掃除してくれるのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

ルンバの性能、働きについて

フローリングを掃除するロボット掃除機

ご存じの方が多いと思いますが、『ルンバ』は自動で動きながら床の汚れを感知して吸い込むロボット掃除機です。部屋の中を縦横無尽に動き回り、隅々まで掃除をして回り床をきれいにしてくれます。 2002年に登場し毎年新型や改良版が発売され、2012年までの10年間で累計800万台も販売されたと言われています。

直径34cmの円盤タイプの形状で高さは9cm以内となっており、棚の下など狭い場所にも入り込んで掃除することができるとされています。前方には接触センサー、前方中央上部には赤外線センサーがついており家具などにぶつからないようにしながらも、床面全体の汚れを取り除いてくれるのです。

ルンバは犬の毛を掃除できるのか?

黒ラブと抜け毛

まず、ルンバが犬の毛を掃除することができるかということについてですが、他のゴミやほこりと同様にしっかりと吸い込むことができるとされています。ですが、ルンバは底面についている2本のブラシで汚れを絡め取り吸い込む仕組みになっていますが、そのブラシに犬の毛が絡まってしまうことがあり、止まってしまったりお手入れが大変になってしまったりすることもあるようです。ただし、ルンバの中には吸い込む部分がブラシではなくゴムでできているシリーズもあるので、長毛犬種や抜け毛の多いがいる部屋の掃除をメインに考えている場合はゴムタイプのルンバを選ぶといいかもしれません。

犬のいる家でルンバを使う際の注意点

ソファに乗る犬とルンバ

犬を飼っている家庭は、抜け毛であっという間に部屋が汚れてしまうため自動でお掃除をしてくれるルンバはとても助かる存在だと思います。換毛期などは本当に大量の毛が抜けるので、さっき掃除したはずなのにもう床に毛が落ちている…という経験をした人はとても多いでしょう。そのため、犬を飼っているからこそルンバを使いたいのですが、実は犬のいる家庭でルンバを使う際にはいくつか注意しなければならないことがあります。

まず、犬がルンバを怖がったり、逆に興味を示しすぎて遊ぼうとしたりしてしまわないようしっかりと慣らしておく必要があります。ルンバが稼働していると怖がってしまって逃げ回ったり棚の間に逃げ込んで動けなくなってしまうこともありますし、面白がって飛び乗って怪我をしてしまうなどのトラブルもめずらしくありません。

対策

そうした危険性を防ぐためには飼い主のいる時間帯や散歩に出ているときに稼働させるか、留守中に使うのであれば犬がいない部屋に限定して使うようにしましょう。また、トイレシートを巻き込んでしまったり、水の入った容器を倒してしまったりすることもあるので、ルンバに近寄って欲しくない場所にバリアをつくる『デュアルバーチャルウォール(オプション品)』などを利用するといいでしょう。

<まとめ>ルンバによる犬の毛を掃除について

伏せているラブのパピー

ルンバは犬の抜け毛もしっかり集めてくれる優れたロボット掃除機ですが、抜け毛が多いときや長毛犬種の抜け毛はブラシに絡まってしまうことがあると言われています。そのため、犬のいる部屋をメインで掃除したい場合などはゴムタイプのブラシがついている機種を選ぶようにするといいかもしれません。また、ルンバに慣れていない犬がひとりで留守番しているときなどは、怖がらせてしまったり遊んでいたずらをしてしまったりすることもあるので十分注意しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。