気をつけて!愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為4つ

気をつけて!愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為4つ

この記事では「愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為」をテーマに、知らぬ間にしている事でもしかしたら愛犬のことを苦しめてしまっているかもしれない行為についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

はてな
Pocket
お気に入り登録

愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為1:しつこく構いすぎる

飼い主に抱きかかえられている犬

犬と暮らしているとたくさん遊んだり触れ合って過ごすと思います。

しかし、犬と触れ合う際に無理矢理したり犬が望んでいないときにすると喜ぶどころか返って嫌がってしまうかもしれません。

例えば、ご飯を食べている時や眠っている時、何かに夢中になっているときなどです。ご飯を食べているときは目の前の食事に夢中になっています。せっかく嬉しく食べているのにその姿が可愛いからと触るなどして邪魔をしては、犬の本心としては喜んでいないかもしれません。

眠っているときはリラックスしていて、その眠っている場を安心できると思いそこに決めたのですから、触れて起こしてしまうと犬は驚いてしまい警戒心の強い子になってしまいます。

愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為2:時間差で叱る

飼い主に指を指され怒られている犬

犬がイタズラをした時に叱る際もタイミングが大事です。問題行動を起こした直後に怒れば犬も今やってしまったことに対して怒られていると認識します。しかし、行動をしてからしばらく経ったのちに注意されると、犬自身も何で今怒られたのか困惑してしまい、飼い主さんに嫌われてしまったのかと思ってしまうかもしれません。飼い主さんのことが大好きな犬ならば傷ついてしまい悲しい思いをしてしまいますのでタイミングには気をつけてください。

愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為3:不平等に接する

横に並んでいる大きな犬と小さな犬

犬を複数飼育している場合や、犬以外の動物を飼っている場合に接し方を偏ってしまうと取り残されてしまった子は悲しんでしまいます。また子供など動物意外であっても、接し方が違っていて犬に対しては少なかった場合、飼い主さんに嫌われていると思い辛い思いをさせてしまうかもしれません。

愛犬が苦しんでいるかもしれない飼い主の行為4:人都合で考えてしまう

飼い主を背景にこちらを向いて伏せている犬

犬の体調が悪く様子が普段と違う際や、飲み水を欲しがっていたり、トイレが汚いから教えているのに飼い主さんの都合で考えてしまい犬のことを蔑ろにしてしまうことも良くありません。犬は飼い主さんに助けを求めて吠えたり何かしらのサインを送っているのにそこで飼い主さんが平気だと断定して犬のことをあしらってしまっては犬は苦しみ悲しんでしまいます。

犬からのサインを見逃さずに適切な行動をすることが大切です。

まとめ

悲しそうな顔をしている犬

犬は話すことができない分、辛いと思っていても主張することができません。一見平気だと思っていてもふとした時に犬が苦しんでいる場合もあります。そうならないように犬に過ごしやすい環境を再度考えてみることも大切なのかもしれません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。