犬にとってキムチは危険な食べ物!その理由と食べた時の対処方法

【獣医師監修】犬にとってキムチは危険な食べ物!その理由と食べた時の対処方法

犬にとってキムチが危険な食べ物だということをご存知ですか?今回は、犬にキムチを与えてしまうことが危険な理由、そして犬がキムチを食べてしまった時の対処法などをご紹介します!どうして犬にキムチがいけないのかを、分かりやすく解説していきます!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬がキムチを食べても大丈夫?

餌皿と犬

まず結論から言うと、犬にキムチは与えてはいけません。

犬は猫に比べて臭覚がとても優れています。飼い主さんが食べている物を食べたがる事も、多々あるのではないでしょうか。愛犬が飼い主さんの食べている物を食べたそうにしている姿を見てしまうと、「たまにはいいかな・・・」なんて甘やかして与えてしまいそうになることも。

その「たまにはいいかな・・・」という気持ちが、犬にとって命取りになってしまうこともあるのです。大切な愛犬に”たまにの贅沢”をさせてあげたいからこそ、犬が食べても大丈夫な食べ物と、犬が食べてしまうと危険な食べ物を知っておく必要がありますよね!

今回はその中でも、キムチについて紹介していきたいと思いますが、犬にとってキムチは危険な食べ物だと言えます。

犬にキムチを与えてはいけない理由

お皿の上のキムチ

先ほど紹介したように、犬にとってキムチは危険な食べ物だと言えます。

その理由としては、

ニラやネギなどが含まれているから

犬は野菜が大好きなことも多く、人参やブロッコリー、キャベツにレタス、カボチャやさつまいも等の野菜は犬が食べても問題ないことで知られています。逆に、犬が食べてはいけない野菜として、有名なのはタマネギや、長ネギですよね。

それだけでなく、ニラも犬に与えてはいけないことで知られています。みなさんご存知だとは思いますが、キムチにはニラが使われていることがとても多いです。犬がニラを食べてしまった場合、タマネギや長ネギなどのネギ類と同じ、”ネギ中毒”を起こしてしまうことがあります。

ネギ類に分類されるニラが入っているキムチは、犬にとって大変危険な食べ物なので、与えてはいけません。

香辛料が沢山使われているから

犬が香辛料を摂取すること自体がダメなのか?と聞かれれば、そうではありません。”香辛料”と聞けば、トウガラシやサンショウ、コショウなどがピンと来ますよね。その中のトウガラシやサンショウなどの刺激物になる香辛料は、犬にとってとても危険な香辛料です。

その犬にとって危険な香辛料と言えるトウガラシですが、キムチにはたくさん入っていますよね。犬がトウガラシ等の刺激物となる香辛料を食べてしまうと、お腹を下す原因になってしまったり、胃痛の原因になってしまったりするので、犬にキムチは与えてはいけません。

逆にパクチー、シソ、ナツメグなどは犬の血糖値を下げてくれたり、抗菌効果が期待できる、腸内環境を整えてくれる等、犬にとってメリットとなる香辛料もあるため、適量を与える分には問題はありません。

塩分の多量摂取になってしまうこともある

犬がキムチを食べた場合、塩分の多量摂取になってしまうこともあります。キムチにももちろん塩分は沢山入っていますが、それ以外の漬物にも沢山の塩分が含まれています。たくあんやなすび、キムチでもよく使われている白菜も、漬物として与えるのはもちろんNGです。

犬がキムチを食べるのはダメなことは何となくわかっていて、「ならばたくあんやなすび、白菜などの漬物を与えることはできないのか?」と思う飼い主さんもいらっしゃいますよね。これらの野菜には、犬にとって健康をもたらす作用もあるのですが、漬物ではなく別の食べ方で与えてみてください。

まずはたくあんではなく、だいこんにしてあげてください。なすびや白菜の漬物ではなく、シンプルに鶏肉と茹でた物や、犬用ふりかけをかけてあげると喜んで食べてくれるかもしれません♡大根や白菜等は消化に良く、ビタミンなども豊富に含まれていますし、なによりも水分補給にもなりますので、これからの時期野菜入りスープは犬の夏バテ防止にもなるかもしれません!

なすびの与え方ですが、食物繊維が含まれていることはもちろん、アントシアニンという赤い色素の一種である”ナスニン”と呼ばれる色素が皮の部分に多く含まれています。そのまま与えるには固いですし、皮が柔らかくなるまで茹でてあげる必要があります。あまり長い時間茹でてしまうと、せっかくなすびが持つ、ガン予防になる抗酸化力や、炎症や痛みなどをやわらげてくれる効果がある成分を消してしまう可能性も。

こちらもキムチにしなければ犬にいくら与えてもいい!というわけではなく、犬にとって有害な物質も入っていることもありますので、与える際には与えすぎには注意し、必ず適量で!が1番です。

犬がキムチを食べた時の対処法

診察を受ける犬

犬にとってキムチは危険だという事がわかりましたが、もしも万が一、犬がキムチを食べてしまった場合には、念の為に動物病院へ連れて行くことをオススメします。

お伝えしましたが、犬が食べてはいけない野菜が入っていたり、沢山の香辛料や塩分が含まれたりしているキムチは、犬にとって有害だと言えます。最悪の場合、腸や胃に問題が起きてしまったり、中毒症状を起こしてしまう等の危険性もありますので、絶対に与えないようにしましょう。

犬が白菜目当てでキムチを狙ってくるのであれば、香辛料抜き、塩分少なめで、白菜やなすび、だいこんなどを使用し、体にいい薄味の漬物を手作りしてあげることも1つの手ですよね。愛犬の体調を考えながら、愛犬に合った野菜を探して手作りフードを作ってあげる♪なんていうのも、とても楽しそうですし、確実にわんちゃんも喜んでくれますよね。

まとめ

舌を出す犬

今回は犬にとってキムチが危険なことを中心に、犬がキムチを食べたがる、食べてしまった、などのトラブルが起こってしまった際の注意点や解決方法などについても、出来るだけわかりやすくまとめてみました。犬もキムチの匂いにつられて「パクッ」と盗み食いしてしまうことも少なくはないようです。

犬が食べたキムチの量がほんの少量なら、食べてから早くて15分ほど、長いと2、3日後に中毒症状が出ると言われていますので、犬がキムチを食べてしまってから15分~3日頃まで様子を見ていても、犬に特に問題がない場合には問題がありません。

万が一、けいれん、発熱、興奮状態、皮膚の炎症、せき、ゲリや食欲不振などの症状が見られた場合には、すぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。