犬にするべきではない『おやつの与え方』3選

犬にするべきではない『おやつの与え方』3選

お気に入りに追加

皆さんは愛犬におやつを与えていますか?「ご褒美などであげてるよ」という飼い主さんも多いのではないでしょうか。今回はそんな愛犬のおやつについて、NGな与え方をご紹介したいと思います。

6544view

犬にするべきではない『おやつの与え方』3選

おやつを食べている犬の写真

しつけのご褒美としておやつを与えている飼い主さんは少なくないでしょう。最近では見た目も可愛いおやつだったり、ヘルシーなおやつだったりと幅広い種類が売られていますよね。しかし、おやつを与えるにあたって注意すべき点がいくつかあります。自分は誤った方法で与えていないか、ぜひチェックしてみてください。

1.最初から「犬のおやつ」を与えている

クッキーの写真

愛犬にしつけを行う時など初めからご褒美として、いわゆるクッキーやジャーキーのような「犬のおやつ」を与えていませんか?確かにおやつは美味しいですし、味を覚えればしつけを行う上で非常に便利なものですよね。しかし、しつけの多くが行われる子犬の時期、生後6か月程度まではおやつを与えるのは控えてください。

その理由としては、子犬の成長期には必要な栄養素を摂取させることが大切なので、おやつよりもごはんを食べさせたい時期であるからです。おやつばかり与えてしまって、肝心のごはんをほとんど食べないという状態になっては本末転倒です。

しかし、しつけの際に何か与えるものが欲しいという方もいるでしょう。その場合は、ドッグフードをおやつの代わりに与えることをオススメします。

与える時は1回につき1粒~2粒までと決め、ごはんの時間帯に十分な量を食べられるようコントロールしてあげましょう。生後7か月頃を過ぎれば、クッキーやジャーキーなどのおやつを与え始めても良い時期ですね。愛犬の成長具合を見て、少しずつおやつへ移行していくのが良いでしょう。

2.一日に過度な摂取量を与える

ポップコーンと犬の写真

ご褒美としておやつを1日に何度も大量に与えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。おやつを与える際には、適切な量と回数を守ることがとても重要になってきます。皆さんは愛犬に与えるおやつの量はどのくらいまでとされているかご存知ですか?原則として、「1日に必要なエネルギー量の20%以内に収めること」が推薦されています。

犬の必要カロリーは以下の通りです。

必要カロリー=2×(30×体重+70)

例として体重10kgの犬の場合は、740カロリーが一日の必要なエネルギー量となります。

この必要なエネルギー量を把握しておくことで、日ごろからおやつの与えすぎを防ぐことができます。また、しつけなどで1日に何度もおやつを与える場合は、予め与える量の上限を決めておきましょう。過度なおやつの摂取は肥満に繋がり、病気やケガの元になってしまいます。おやつとドッグーフードのバランスを十分に考えてあげてくださいね。

また、おやつを与える場合は1回の量を多くするのではなく、少量を何度も与える方が効果的です。加えてしつけの際にあたえるおやつは高カロリーなものは控えて、低カロリーなものを選ぶようにしましょう。

3.原材料や添加物を気にせずに与えている

犬のフードの写真

おやつを購入する時に、原材料や添加物を全く気にしていないという方もいることでしょう。しかし、人工的な添加物や保存料などが多く含まれているものは体に良いとは言えません。特に「肉副産物」「肉類」といった曖昧な表記をしているものは、何の肉を使用しているか不明瞭な為、購入は避けるようにしましょう。

基本的には原材料はシンプルなもの、無添加のものを選ぶようにしてください。また、原材料は袋の裏面に必ず表記されているものですので、チェックする癖をつけると良いですね。

まとめ

見上げている犬の写真

いかがでしたでしょうか。しつけを行う際や、お出かけの時などあると便利な愛犬のおやつですが、与える時には量や回数、原材料などに十分注意するよう心掛けたいものですね。愛犬の年齢を問わずオススメできるおやつは、乾燥させた肉や魚、ゆで野菜、ボーロ、果物です。その子にあったおやつを見つけてあげるのも飼い主としての役割といえますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。