犬が大喜びする飼い主の愛情スキンシップ5選

犬が大喜びする飼い主の愛情スキンシップ5選

犬と仲良くなるためにはスキンシップが大切となります。スキンシップの方法は様々ありますが愛犬が気持ちよく感じる部分を触ったり、愛犬に合った方法で触れ合うと大喜びしやすいといえますよ。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬が大喜びする飼い主の愛情スキンシップ5選

顎を支えられて頭を撫でられている犬

1.顎を支えながら頭をなでる

犬は飼い主に頭をなでられるのが大好きなことは、皆さんご存じだと思います。犬の頭を撫でるときはいろいろな触り方がありますが、顎を支えながら頭を触るようにすると、喜びやすいのでおススメですよ。
顎を支えてあげることで犬は地面に顎をつけているときのように力を抜くことができ、リラックスしやすい姿勢にしてあげることができます。そして、その状態で頭をなでてあげたり鼻筋から額にかけて指で優しくなぞりながらスキンシップしてあげたりすると、犬は気持ち良さそうな表情をすることが多いです。

実際に私の愛犬はこの方法で頭などをなでてあげると、手に顎を預けるようにしながら、優しい表情をすることがほとんどだったりします。まだこの撫で方をしたことがない場合は、一度ぜひこの方法を試してみることをおススメします。

2.仰向けになっているときはお腹をサワサワ

仰向けに寝転がる犬のお腹を撫でる男性

愛犬が仰向けになってくつろいでいるときは、お腹を触ってあげると喜ばせてあげることができますよ。基本的にお腹のどの部分を触っても気持ちよさそうにしますが、特におへその周辺や後ろ足の付け根付近を優しく触ってあげると喜ぶことが多いです。

お腹を触るときに気をつけたいのが、触るときの強さです。愛犬の胸の毛をワシャワシャしたくなる気持ちは分かりますが、触るときはあくまで優しく触るようにしましょう。また、なかにはお腹を触られるのを嫌がる犬もいますので、嫌がる素振りを見せたときはすぐ触るのを止めてあげてくださいね。

3.抱っこをする

女性に抱っこされて嬉しそうな犬

抱っこは好き嫌いが分かれるスキンシップ方法となってしまいますが、抱っこが好きな犬にとっては大喜びするスキンシップといえます。おそらく、犬は大好きな飼い主に包まれることで愛情と心地良さ、安心を感じているのでしょう。抱っこをしているときに話しかけてあげたり撫でたりしてあげると、さらに愛犬は嬉しがると思いますよ。

4.オモチャで一緒に遊ぶ

おもちゃを引っ張って遊ぶ犬

幼い犬や遊ぶのが大好きな犬は、オモチャで一緒に遊んであげると喜びやすいといえるでしょう。犬は古くから狩りをしながら生きてきたので、狩りに見立てた遊びが大好きです。オモチャを引っ張りあったりオモチャを隠して見つけさせたり。オモチャを投げて持ってこさせたりといった遊びが好きな場合が多いみたいですね。

ただ、一緒にオモチャを使って遊ぶときは気を付けないといけないことがあります。それは『飼い主が遊びに勝つ』ということです。いつもオモチャを愛犬に取られてから遊びを止めていると、「飼い主よりも僕の方が強いんだ」と愛犬が感じてしまうようになり、主従関係が崩れやすくなるそうです。ですので、愛犬とオモチャで一緒に遊ぶときは、必ず最後に飼い主が遊びに勝つようにしましょう。例えば、綱を引っ張りあう遊びなら、最後に飼い主が綱を奪うことが大切となります。

5.優しくブラッシングされるのが好き

飼い主にブラッシングされている犬

犬の健康や被毛の状態を綺麗に保つために必要となるブラッシングは、マッサージ効果もあるのでスキンシップの方法としても効果的です。ブラッシングが大好きな犬は飼い主がブラシを持っただけで嬉しそうに寄ってくる場合が多く、実際にブラッシングをして欲しそうな愛犬の姿を見て、「ブラッシングが好きなんだな」と感じる飼い主はたくさんいることと思います。

ブラッシングは犬の健康のために必要なものとなります。愛犬がブラッシングを嫌がるときはブラッシングをするときに力を入れすぎたり、無理に毛玉を取ろうとして痛みを感じさせたりしている場合があります。また、足を触られるのが苦手な犬は、足をブラッシングするときに嫌がることがあるそうです。ですので、初めはブラシで優しく背中をなでるだけでもいいので、少しずつ慣れさせながらブラッシングするようにしてあげましょう。また、愛犬がブラッシングに慣れていないうちは、毛玉になっている毛をハサミでカットして、少しでも痛みをなくすようにしてあげるのもおススメですよ。

まとめ

耳の付け根をマッサージされている犬

今回は犬が大喜びしやすいスキンシップを5つご紹介しましたが、正直なところ犬が大喜びするスキンシップ方法は犬によって異なるといえるでしょう。ですので、愛犬に合った喜びやすいスキンシップを見つけることが大切となります。いろいろなスキンシップ方法を試してみて、より愛犬に合ったスキンシップを見つけられるといいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 M r.Chuu

    抱っこは、左右同じ様にし、どちらかに偏りがない様にした方が良いと思われます。
    愛犬の背骨に偏りが生じる可能性があります。同じ方向に曲がりやすくなるのではないでしょうか。うちの場合、左方向に曲がってきてます。歳とって来て分かりました。
    M r.Chuuの投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。