フレンチブルドッグの体重の推移と平均とは!適正体重を保つ運動量と飼い方

フレンチブルドッグの体重の推移と平均とは!適正体重を保つ運動量と飼い方

フレンチブルドッグの適正体重を把握していますか?フレンチブルドッグは食欲旺盛なので肥満に気をつけたい犬種です。適正体重を知ることで、飼っているフレンチブルドッグの健康管理がしやすくなります。今回の記事ではフレンチブルドッグが適正体重を保つために飼い主さんに知ってほしい情報を詳しくお伝えします。

はてな
Pocket
お気に入り登録

フレンチブルドッグの体重の平均

座るフレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの成犬時の体重は9kg~13kgが平均とされています。ですが、この平均値に入っているからと言って油断してしまうのは禁物です。

フレンチブルドッグの体格は、骨太な骨格としっかりした筋肉が特徴です。親犬の体格の影響や子犬期の食事と運動のバランスなどによる成長具合では、一般的な平均値と比較して上下することがあります。

大切なのは、フレンチブルドッグ一匹一匹の適正体重を知ることです。フレンチブルドッグは生後8ヶ月程で骨格が完成し、おおよその体の大きさが決まります。その時期の体重をフレンチブルドッグの理想体重として考え目安にするとよいとされています。

フレンチブルドッグの体重の推移

フレンチブルドッグの子犬

一般的なフレンチブルドッグの体重の推移は下記のようになります。

月齢体重
生後2ヶ月(子犬期)2kg~3kg
生後3ヶ月(子犬期)3kg~4kg
生後4ヶ月(子犬期)4kg~5kg
生後5ヶ月(子犬期)5kg~6kg
生後6ヶ月(子犬期)6kg~7kg
生後7ヶ月(子犬期)7kg~8kg
生後8ヶ月~(成犬期)8kg~13kg

生後8ヵ月頃までは1kg程度ずつ体重が増えていくということを目安にしておくとよさそうです。成犬期に入る8ヶ月頃の体重をその犬の理想体重とし、食事や運動などを調整して、日々の体重管理を意識してあげましょう。

フレンチブルドッグの体重を適正に保つ運動量

伏せるフレンチブルドッグ

散歩

フレンチブルドッグはそれほど多くの運動量は必要ない犬種とされています。ですが、実際の体重と適正体重とのバランスを見ながら運動量を調整することが大切なので、まずは1日30分程度の散歩から始めてみましょう。

散歩中に歩くスピードが遅くなったり、座り込んだりするのは、フレンチブルドッグが疲れている証拠です。舌を出してハーハーと浅い呼吸になっている場合も同様です。

散歩の途中でこのような様子が見られる場合は、散歩の時間を減らして様子を見ましょう。反対に、全く疲れが見えずもっと歩きたいと要求するようなら、散歩の時間を延ばしてみたり、1日2回にしてみたりして運動量を増やすよう工夫してみましょう。

おもちゃを使った遊び

フレンチブルドッグの運動には、散歩だけでなくおもちゃを使った遊びも取り入れてみてください。ボールなどを使って遊ぶことで、走ったり、ジャンプしたり、寝転んだりと、散歩では取り入れることができない全身運動をすることができます。

犬は散歩だけでは思うように体を動かしきることができず、物足りなさを感じてしまいます。散歩の途中で5分~10分程度、おもちゃを使った遊びを取り入れてあげれば、思いっきり動き回ることができ、ストレスも解消することができます。飼い主さんとのコミュニケーションの時間にもなるので、よりよい信頼関係を築くことができるでしょう。

おもちゃで遊んでいる時間にも、犬が疲れていないかチェックするようにしてください。

フレンチブルドッグの体重を管理する飼い方

フレンチブルドッグを抱っこする女性

食事

フレンチブルドッグは、食欲旺盛で食いしん坊なので、太りやすい犬種とされています。体重管理で苦労している飼い主さんの中には、餌を与えすぎているかもしれないと気になっている方も多いのではないでしょうか。成犬期に入ったら低脂肪や低カロリーのダイエットフードに切り替えてみることも検討しましょう。

特に去勢手術や避妊手術を受けたフレンチブルドッグは、より太りやすい傾向にあるので、去勢、避妊後の犬向けのドッグフードに切り替えるなど、工夫をしましょう。

おやつの与えすぎも注意してください。おやつは別腹と考えて、つい与えすぎてしまうことがあります。おやつの量は1日の摂取カロリーの10%程度を目安に与えましょう。

体重をこまめにチェックする

フレンチブルドッグの日々の体重の変化をこまめにチェックすることで、気づかぬうちに太っていた、ということを回避することができます。

見た目ののチェックや触診をして、体重だけでなく体型も確かめるようにしましょう。下記に触診するときのチェックポイントをまとめました。

  • 後ろ足の付け根を親指と人差し指でつまむことができるか
  • 脇腹(胴)を両手で触り、肋骨が確認できるか
  • 上から見てウエスト部分がくびれているか

体重は同じでも、脂肪と筋肉のバランスには個体差ががあり、触診することによって脂肪の付き具合を確かめることができます。

フレンチブルドッグの場合、皮膚と肋骨の間に薄く脂肪がある位が理想です。脂肪が多すぎても少なすぎても良くないので、こまめに触診してチェックし、理想体型をキープしましょう。

プロの手を借りる

フレンチブルドッグの性格や、飼い主さんが忙しいという理由などで体重管理がうまくいかない場合もあります。

フレンチブルドックの体重管理が難しいと感じたときは、思い切ってプロの手を借りることもおすすめです。全国各地にさまざまな犬用のフィットネスジムがありますが、どの施設も専門のスタッフが一貫して犬を健康に導くお手伝いをしています。

一般的には生活習慣のチェックなどカウンセリングから始まり、身体測定をし、適切なダイエットプログラムを組んでくれます。個々の犬に合うオリジナルのプランを立ててくれるので、結果に結び付きやすいようです。また、プール、ドッグヨガ、アロママッサージなど、普段の生活の中では取り入れることが難しいプログラムを取り扱っている施設もあるので、飼っているフレンチブルドッグの性格なども考えながら選んでみるとよいでしょう。

まとめ

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの体重管理は、他の犬種に比べても少し手がかかるとされています。ですが、適正体重を把握し、食事と運動に加え日々のチェックをすることで、しっかりと管理することができます。

もしも、体重管理がストレスになってしまうようならプロの手を借りることも大切です。フレンチブルドッグと飼い主さんがいい関係を保てるよう、無理のない程度に取り入れてみてください。

愛犬が適正体重を保ち健康に長生きできるように育ててあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。