フレンチブルドッグのしつけのトレーニング方法

4492view

フレンチブルドッグのしつけのトレーニング方法

愛くるしい表情が印象的なフレンチブルドッグはいつもとっても楽しそうです。お茶目で、表情豊か、大きな口をニッコリと笑顔を振りまきいつもムードメーカーです。明るい性格のフレンチブルドッグには楽しみながら「しつけ」をするのがピッタリです。大らかな性格で吸収が早いフレンチブルドッグの魅力を存分に引き出せるしつけ方法をご紹介します。

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの性格

本来フレンチブルドッグは、大らかで天真爛漫、好奇心が旺盛で様々な事にチャレンジする度胸もある性格です。そして、無駄吠え等も少なく、他の犬や主人にたいしても友好的な性格なので家庭犬に向いています。

ユニークな顔立ちで他の犬には無いたくさんの表情を持っています。それはまるで人間の様に豊かな表情で、主張を訴えてくる様子はとても愛嬌があります。感情豊かで表情豊かなことから分かるように、とても優しくおおらかな性格です。また、物覚えが早く記憶力が高く、よく考える賢さを備え持って居ます。

また、私たち飼い主に「良く話しかけてくる」犬でもあります。

愛嬌があるおねだりが上手で、また甘え方も上手。寂しい時には「クークー」とか細い声で飼い主を呼び、欲しい物がある時や、遊んでほしい時等には、人間の言葉を話す様な声を出し催促をしてきます。頑固な面もあるので、主張が通らないと、諦めが悪い時もあります。

誰にでも友好的で、いつでもウキウキと陽気でお腹を見せたり、遊びに誘ったりと愛嬌がありますが、「ワン・パーソン・ドッグ」と言われている様に、飼い主と自分との1対1の特別な関係が必要です。 しっかりとした服従関係を作ってあげる事で精神的にも落ち着いてくるので、先ずはフレンチブルドッグと飼い主の関係作りから始めてみましょう。

フレンチブルドッグはおだててしつける

フレンチブルドッグ

学習能力が高く記憶力も良いのでしつけをしやすい犬種と言えます。
飼い主が楽しそうにトレーニングに誘う様にする事で、楽しい時間には集中力が高まります。食欲旺盛の為、おやつを使うトレーニングにも向いています。 たくさんの運動を必要としない犬種なので体を動かしながら楽しくトレーニングをする事でも、適度な運動になります。

少しの成果にも「オーバーリアクション」で

高い声で楽しそうに褒めてあげる事で、気分を良くしノリノリで、学習して行きます。しつけ教室等では、今褒められた事を披露して「褒めて、褒めて」と自ら催促してくる子も多く見られます。 褒める事で自信を持たせてトレーニングする事がポイントです。はしゃぎさせるとテンションが上がりすぎて収拾がつかない等という事もしばしばあります。
酸欠になりやすく痙攣する事もあるので、注意が必要です。

陽気さと同じくらい頑固な一面もあるので、強く叱るしつけ方をすると酷く落ち込み、しばらく立ち直れなくなる事もありますので悪い事をした時には「静観」「無視」が効果的です。

頭脳系トレーニングがお勧め

頭脳系ゲーム

飼い主の言う事を良く聞き、賢く自ら考える力を持って居るフレンチブルドッグのしつけには、知能系ゲームトレーニング等が向いています。

おやつを隠して探させる宝探しゲーム

食欲旺盛なフレンチブルドッグには最適なゲームです。 片手におやつを隠し匂いを嗅がせます。

  1. 「見つけて」や「探して」等と声をかけて鼻先へ手を運ぶ
  2. 正解の手に鼻が触れたら手を開きおやつ(ご褒美)を貰える。

という事を覚えさせます。
初めのうちは飼い主さんが手を鼻につけてあげ、偶然でも褒めます。 この時におやつだけがご褒美にならない様しっかりと褒める事(ご褒美)が必要です。大変賢いので、おやつが無いとやらないという事も憶えてしまいます。
要領を掴んで来たら、手の中ではなく他の場所へおやつや玩具を隠して探させる事に繋げられる成長を促せるゲームです。

トリックのあるおもちゃ

トリックのある玩具を与えておやつをゲットするゲームもお勧めです。
様々な玩具がありますが、最初は玩具の中におやつを入れ、咬み方によって中のおやつが出てくる仕組みの物が良いでしょう。 自ら考えおやつを取り出した時には褒めてあげましょう。 賢いフレンチブルドッグにとっては、直ぐに要領を掴み、トリックのレベルアップをしていける、一緒に楽しめる様なゲームです。

このように飼い主さんと一緒に遊ぶゲームを通しておぼえた事を使って「楽しくしつけ」しましょう。 しつけたい行動を遊びの中で覚えてしまえば、そこからいくつもの応用が可能で、しつけだけでなく、楽しいトリックなどにも挑戦できます。

まとめ

ご紹介した様にフレンチブルドッグのしつけには、「楽しめる」「褒める」という要素がとても大切です。叱りつけて何かを覚えさせようとしても頑固さを引き出してしまい、上手なしつけは出来ないでしょう。 犬のしつけには共通して言える事ですが、本来「しつけ」とは、人間社会で生きる犬が他へ迷惑をかけない様、その行動を制御する為の飼い主の義務です。

「お手」や「おすわり」などは、しつけではありません。しつけを失敗させない為には、「犬との深い信頼関係」を作る事が絶対条件です。 フレンチブルドッグは、陽気で飼い主との楽しい遊びに大きな喜びを感じ、褒める事で自信を持つ性質を持って居ます。厳しく叩き込む様な事をするよりも、たくさんの触れ合いを通して「信頼」を深めていく事をお勧めします。

そうする事で、様々な事を学習させるうえでしっかりと「飼い主の声」に反応し、理解を示し、飼い主の望むしつけをする事が出来る様になります。 本来の大らかな性格や好奇心旺盛な所を上手に引き出し、賢さを引き出せるトレーニングをお勧めします。

▼フレンチブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
フレンチブルドッグの性格と魅力について

みんなのコメント

5件

  • 30代 女性 菜良

    見かける度に笑顔になってしまうフレンチブルドッグ!陽気な性格だとは思っていましたが、それをしつけに生かそうとは思っていなかったので目からウロコの記事でした。 しつけも陽気なわんちゃんだと楽しく出来そうですし仲良く遊べるのも立派なしつけだと思います。 たまにテンションの上がった我が家のチワワと一緒にテンションをあげるとドン引きされる私はとても羨ましいです。
  • 20代 女性 きらり

    フレンチブルドックは飼い主さんとの信頼関係がきちんとしていればしつけのしやすいわんちゃんでも、その反対に飼い主さんに従事していないフレンチブルドックちゃんは頑固だと聞きました。
    どっちがリーダーかきちんと理解していないとしつけはしづらいのですかね…まぁどの犬種でも同じことですが…
  • 30代 女性 うらら

    記事を読んで、確かにフレンチブルドッグはホメてしつけるタイプだと思いました。一緒にボランティア活動をしているフレンチブルドッグは、一発芸など飼い主と一緒に楽しんで何かすることが得意です!毎回キレイに芸が出来ると皆で褒めてあげますが、嬉しそうにしている姿がとても可愛いです。
  • 20代 女性 cancer

    もともと賢い子はしつけをするのは逆に大変だとよく聞きます。しかし、その賢さを上手く引き出しつつしつけてあげる事ができるのが飼い主さんの理想ですね。犬種や個体それぞれに合ったレッスンを重ねていかなければなりません。
  • 30代 女性 レオン

    フレンチブルドッグのしつけのコツについていくつか挙げてみたいと思います。まず、悪いことをした時などしつけるさいの言葉を家族の間で統一させましょう。わんちゃんは人間みたいにたくさんの言葉を知っているわけではありません。いくつかのしかりの言葉を使うと何が何だかわからなくなってしまいます。つぎに叱る時と良いことをしたあとの褒めるのメリハリをつけてくださいね。良いことをした時は大袈裟なくらい褒めてあげてください。褒めて伸びるタイプです。最後にフレンチブルドッグの集中できる時間はおよそ15分ほどです。しつけを教えるのはいいことですが、集中できる時間は限られてるので効率良く教えてあげてください。

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!