欲しがるとついつい…。犬に人間の食べ物を与えるリスク4つ

【獣医師監修】欲しがるとついつい…。犬に人間の食べ物を与えるリスク4つ

お気に入りに追加

食卓を囲んでいると、足元に愛犬がやってきて可愛い顔でおねだりしてくる。あげたいけれど、どうすればいいのか・・・。そのときこそ、飼い主さんのガマンとわんこへの理解力が試されます。今回は、わんこに人間の食べ物を与えるリスクについてまとめました。

1169view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.塩分過剰

塩

人間の食べ物は、しょっぱい味付けをされているものが多いですよね。人間にとって塩味を感じるものをわんこに与えると、塩分のとり過ぎになってしまいます。これは、人間とわんこでは塩分の必要量がそもそも違うから。

私たち人間は体温調節をするために汗を掻き、汗と一緒に塩分を排出していますから、真夏の暑い時期などに水分だけ摂って塩分を摂らないと、かえって身体に害を及ぼしてしまうことがあります。

ところが、わんこは基本的に肉球の裏など、わずかな部位からわずかな汗しか掻きません。そのため、体外に塩分を多く排出しないので、あまり多くの塩分は必要でないのです。塩分を摂りすぎると、心臓や腎臓などの臓器に大きな負担をかけることになってしまいます。

2.中毒

チョコレート

最も怖いのは、中毒です。人間が何の問題もなく、おいしく食べているものでも、わんこの身体にとっては毒になる食材があります。代表的なものとして知られているのは、タマネギやチョコレート、ブドウ、ネギ類などです。その知識がなく、何でもわんこにおすそ分けしてしまっていると、愛犬の健康を害するのみでなく、最悪の場合は死に至らしめてしまう可能性すらあります。

例えば、小型犬が板チョコ1枚を食べてしまい、中毒死してしまった事故も報告されています。また、その食材そのものに害はなくても、例えば、玉ねぎと一緒に煮込んだものには、玉ねぎの有害な成分が染み込んでしまっていることが考えられます。食材に注意するだけでなく、その調理方法にも注意しなければなりません。

3.肥満

重量オーバーの犬

人間の食事は、加工が行われていたり、油が多く使われていたりして、わんこにとっては高カロリー。継続して与えていると、必然的にカロリーオーバーになってしまいがちです。また、わんこが1日に必要な栄養素とカロリーは、総合栄養食と呼ばれるフードを規定通りに与えていれば、基本的には十分です。

食べ物そのもののカロリーが高すぎなかったとしても、愛犬におすそ分けを与えること自体が、主食以外のおやつをたくさん与えていることになり、カロリーオーバーになって肥満のもとになってしまいます。肥満がさまざまな病気を招くのは、人間もわんこも同じです。

4.わがままになる

食卓を見上げる犬

愛犬のおねだりに応えてしまう生活を続けていると、愛犬は「おねだりすればもらえるんだ!」と認識してしまいます。その結果、飼い主さんたちが何か食べているとすぐにおねだりするようになり、貰えないと要求吠えをしたり、問題行動が増えていってしまう可能性があります。愛犬をわがまま犬にしてしまうかどうかは、飼い主さんの行動1つにかかっています。

まとめ

ドッグカフェの女性と犬

いかがでしたでしょうか?愛犬の要求に応えておすそ分けをしてあげれば、その場では愛犬も喜び、飼い主さんも嬉しい気持ちになるかもしれません。ですが、愛犬とのその後の暮らしを長い目で見たとき、それは決してハッピーな結末をもたらすとは言えないのです。とはいえ、「美味しい!」という気持ちを、かわいい愛犬と共にしたい気持ちは悪いことではありません。おすそ分けをする際には、その食材や調理法がわんこにとって有害でないことをしっかり確認したうえで、適切な量を与えることが大切です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 ソルティドッグ

    塩分には、尿路結石の予防といったメリットもあるだけに、とても気になる話です。

    NRC(全米研究評議会)2006のペットフードについてのガイドラインによると、
     食事中のナトリウム量について、安全性が確認された上限量は、1.5g / 400kcal まで
    のようです。
    (この値は、ロイヤルカナンのサイト「犬と猫の栄養成分辞典」でも紹介されています)

    そこで、この立場から、ナトリウム量→塩分量の換算をすると 1.5g → 3.8g (=1.5g×2.54)

    例えば、体重5~6kgの犬に毎日400kcalの食事を与えているケースを考えると、
    塩分の上限量は、1日3.8gほどになるようです。

    ちなみに、日本の成人の1日の食事に含まれる平均的な塩分とカロリーの量は、
    10g / 2000kcal くらいのようです。(国民健康・栄養調査)

    ということは、毎日400kcalの食事を与えている体重5~6kgの犬のケースで、
    その食事全部をまるまる平均的な人間の食事と同じメニューにしてみたら、
    その塩分量は・・・・・ 10g / 2000kcal →  2g / 400kcal

    この計算でいくと、塩分量は2gとなり、上限量の3.8gは越えませんでしたが、
    もし、人間の食事の中でも塩分の多いところを中心に犬に与えてしまうと、この計算通りにはならないでしょう。

    日本人が塩分の摂取量を増やしている主な食品として、
     カップ麺、インスタントラーメン、梅干し、漬物、キムチ、辛子明太子、たらこ、塩魚、塩昆布などがあるようです。

    こうした食品を犬に与えることには、特に気を付けたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。