また食べてる!犬の食糞は放っておいても大丈夫?

また食べてる!犬の食糞は放っておいても大丈夫?

お気に入りに追加

人間の感覚で言うと信じがたい行為の食糞も、野生動物であった犬にとってはそれほど珍しい行為ではありません。しかし飼い主としては一緒に暮らしている愛犬にもっとも止めてもらいたい行動だと思います。今回は犬は食糞をしても大丈夫なのか、また原因や対処法などをお伝えします。

2532view

犬の食糞は放っておいても大丈夫?

芝生でウンチポーズをしている子犬

結論からお伝えしますと、犬の食糞は放っておいても大丈夫ではありません!子犬のうちにしっかりと「食べ物ではない」と教えなければいけないことです。犬の食糞は何にでも興味を持つ子犬の頃に多く、この時期に食糞癖を直しておかないと習慣化してしまう恐れがあります。

多くの場合、成長するとともに食糞癖も直る子が多いようですが、成犬になってからも直らないようであれば、お散歩中に他の犬の糞を食べてしまうこともあり、感染症にかかる可能性もあります。人間の目から見た嫌悪感だけでなく、愛犬の健康にも害が出る恐れがあるのが食糞です。犬が食糞してしまう原因も様々で、なかなか直すのが難しい問題ですが、考えられる原因や対処法などをいくつかご紹介していきます。

犬が食糞してしまう原因

大量のフードを前にして座る犬

フードと同じ匂いがするから

我が家の愛犬も子犬の頃、食糞をする時期がありました。ブリーダーさんに相談したところ原因はフードと同じ匂いがするから、食べてしまう子が多いというお返事でした。与えているフードが未消化であれば、フード自体の匂いがまだ残っているようで食べ物だと思い、食糞してしまう子もいるようです。

野性時代の本能から

もともと犬は母犬や兄弟犬とともに穴を掘り、そこで生活していた野生動物です。母犬は子犬が排泄したものの匂いで天敵に居場所を悟られないよう、ウンチやオシッコを食べたり舐めたりして匂いを消していました。子犬は母犬の真似をしてウンチを食べることもありますし、興味本位で食べてしまうこともあります。

野性の健康的な母犬と子犬との間で食糞があるのは、健康面に大きな問題もなく、野生動物であればごく自然な行為と言えます。私たち飼い主が手を焼いてしまう子犬の食糞の原因は、犬の本能である可能性もあります。

ストレス

成犬になっても食糞癖が直らないのは、ストレスの可能性も考えられます。お留守番が多く、愛犬が一人で過ごす時間が長いご家庭に多く見られるようです。留守番中にウンチをしたら、片付ける人がいないので食べられてしまう確立は大きく上がりますよね。

ストレスで食糞する犬は、目の前にあるウンチをストレス解消のひとつとして食べてしまったり、おもちゃのように転がして遊んだりすることもあります。お仕事からの帰宅後、お部屋が悲惨な状態になっているのは、もしかすると愛犬が感じているストレスが原因なのかもしれません。

犬の食糞に対する対処法

トイレシートとこちらを見上げる犬

フードを変更してみる

フードの残った匂いに釣られて食糞してしまう子への対処法になります。フードが未消化なままでウンチとして排泄されると、犬はまだ食べ物の匂いとして受け止めてしまうため、消化の良いフードに変更してみて、犬の反応を見てみるのも良いでしょう。

犬は肉食を中心とした雑食です。お肉やお魚などのたんぱく質をメインとしたフードを選んであげましょう。また、合成香料などの添加物も犬のウンチに食べ物の匂いを残す原因のひとつとなります。できるだけ無添加のフードを選んで、愛犬のウンチに対する反応とともにウンチの状態も確認しましょう。

すぐに片付ける

我が家で実践したのが、トイレ後すぐにウンチを片付けることでした。お留守番中に何度か食べてしまった形跡を発見したことはあるものの、誰かが自宅にいるときはとにかくすぐに片付けていました。お散歩中もウンチパックでキャッチしていたので、食べられたことはありません。

目の前にウンチがないから食べないだけなのか、実際に食べなくなったのかハッキリは分かりませんでしたが、とにかくしばらく続けていました。成犬になり、キャッチしきれなかったウンチがポロリと愛犬の前に落ちたことがあります。「マズイ!」と思い慌てて片付けようとしましたが、愛犬はウンチに対して興味は示すものの食べることはありませんでした。やはり成長とともに落ち着いたのだと思います。

ストレス解消

おそらくストレスが原因で食糞をしてしまう子は、食べるだけでなく突いたり転がしたりバラバラにしてウンチで遊んでいる子も多いのではないでしょうか。運動不足やコミュニケーション不足を実感しているご家庭では、愛犬のための時間を増やしてあげましょう。

お留守番中に食糞やウンチで遊んでしまう子は、寂しさを紛らわす行為かもしれません。お留守番中に退屈しないよう、夢中になれるおもちゃを与えてみるのもお勧めです。お留守番中に食糞の形跡を見つけたり、お部屋を汚されたりしても叱ることはせず、もくもくと静かに片付けてください。騒がしく叱ると逆に構ってもらってると学習してしまい、食糞癖が直りづらくなる恐れがあります。

まとめ

人用のトイレに座るトイプードル

犬の本能を考えるとごく当たり前の犬の食糞も、人間としてはどうしても受け入れることが出ない方がほとんどだと思います。ウンチを食べてしまった後の愛犬と接することも躊躇してしまいますよね。私も愛犬の食糞が嫌で嫌でしょうがなかったです。

子犬の頃のしつけというよりは、「食べてほしくない!」と言う気持ちで素早く片付けていました。愛犬がウンチを食べるのが先か、私が片付けるのが先かと言う、何とも妙な戦いがありました。嫌だった食糞癖も成長とともに落ち着いたので片付けるのは良い方法だったと思います。

お留守番の多いご家庭でも、できる範囲ですぐに片付けるようしつつ、フードの変更なども考慮してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。