これって本当?「犬を飼うと健康になる」と言われている理由5つ

これって本当?「犬を飼うと健康になる」と言われている理由5つ

お気に入りに追加

犬と人間に関する説は多く存在しますが、その中に「犬を飼うと健康になる」という説があることをご存知でしょうか。なんだか都市伝説のような雰囲気漂う説ですが、いくつかの理由からこの説が成り立っているのです。

4295view

「犬を飼うと健康になる」と言われている理由

犬を抱きしめるおばあさん

近年、「犬を飼うと健康になる」という一見、都市伝説のような話が囁かれています。しかし、実はこの話、都市伝説ではなく、しっかり立証された真実として語られています。その証拠に、最近では日本国内でもセラピードッグが活躍するようになりました。では、なぜ犬を飼うと健康になると言われているのでしょうか。

1.一緒に散歩することで適度な運動ができる

犬と散歩する老人

代表的な犬のお世話の1つに「散歩」があります。犬種や犬のサイズにもよりますが、犬の散歩は基本的に小型犬であっても15~30分、中型犬や大型犬になると1日2回、1時間程度の散歩をする必要があります。

そのため、犬を飼うことにより、今まであまり外に出なかった人や自ら積極的に運動することがなかった人もウォーキングをするようになるのです。

たった30分~1時間程度のウォーキング、と思うかもしれませんが、30分であっても毎日散歩することで軽度の運動になりますし、外に出ることで気分が良くなり鬱症状を緩和させる、あるいは予防することができるため、健康に良いとされています。

2.犬と触れ合うことで鬱発症の予防になる

犬と暮らす老夫婦

先ほど外に出ることで鬱症状の予防や緩和に繋がるという話が出ましたが、散歩はもちろん、犬と触れ合うだけでもその効果が期待できるとされています。その証拠に、老人ホームや介護施設などでセラピードッグが活躍しています。

犬と触れ合うことで人間の脳内で幸せホルモンが分泌されることは、研究結果として報告されています。幸せホルモンが分泌されると鬱症状の緩和や予防が期待できるほか、認知症予防にも良いとされています。

犬を飼っていれば、自然と愛犬と触れ合う時間は増えます。自分を肯定してくれるような犬の行動は、心がふさぎ込みがちな人の気持ちを明るくすることができるのです。

3.犬のお世話によって認知症予防も期待できる

犬の頭を撫でる老人

犬を飼うということは、当たり前ですが犬のお世話をしなければいけません。犬を飼っている方はご存知だと思いますが、犬のお世話は多岐に渡ります。散歩やごはん、トイレ、被毛のお手入れなど、挙げたらキリがありません。

犬のお世話は育児をしているような感じと形容する人もいるほどすることが多いです。さらに異変を見つけたら病院へ連れて行かなければいけなくなったり、しつけも必要です。

これらをすべて行わなければいけないため、犬をお世話することで必然的に頭を使います。すると脳の活性化になり、認知症予防に繋がるのです。

4.犬と一緒に過ごすことで積極的に行動するようになる

犬と公園で散歩するおばあさん

今まで家の中でふさぎ込みがちだった人が、犬を飼うことにより自ら積極的に外に出るようになったという結果も報告されています。これは犬を飼うことで毎日散歩に行く必要ができ、必然的に外に出るようになることが大きな理由です。

散歩に行くことで少しの時間であっても外出するようになります。しかしそれだけではなく、散歩中に他の犬を連れた飼い主さんと出会い、言葉を交わすことで、外の世界と交流することにもなるのです。

これらの出来事が重なり、飼い主自身の行動力もつきますし、「今日はもう少し遠くに行ってみよう」「ドッグランにも連れて行ってみようか」など、より積極的に行動することにも繋がりやすいとされています。

積極的に外に出るということは、運動不足解消にも繋がりますし、うつ病の症状を和らげることにも繋がりやすいため、健康に良い傾向と言えます。

5.愛犬をお世話することで生きがいを得る

おばあさんと犬の背中

子どもが独立し、自分の元から離れて行ってしまうことに寂しさを感じ、「生きがいがなくなってしまった」と感じる50代、60代以上の人は少なくありません。そんな中、犬を飼うことで新しい子どもを授かったように生きがいを感じるようになります。

生きがいがなければ無気力となり、積極的に行動を起こそうとしたり、あるいは取り組もうという気力がなかなか沸かなかったり、いざ行動に移そうとしてもなかなか行動に移せないなどの弊害が生まれます。

しかし犬を飼うことによって生きがいを感じ、生きる気力が沸いてきます。生きる気力が沸いてくることにより、心も体も健康的になると言われているため、より健康的な生活を送ることができるのです。

まとめ

2人の高齢者と触れ合う犬

いかがでしたか。犬と一緒に過ごすことで様々な健康効果を与えてくれます。その証拠に、現在では世界中でセラピードッグが誕生し、多くの人の支えとなっています。ぜひ犬を飼っている方は、このことを頭に入れ、愛犬と一緒に生活してみてはいかがでしょうか。少し意識するだけでも愛犬と共に健康的な生活を送る心構えができますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。