トイプードルの体型の種類とは ドワーフ・ハイオン・スクエアの違いと特徴

トイプードルの体型の種類とは ドワーフ・ハイオン・スクエアの違いと特徴

大人気の犬種、トイプードルですが、体型に種類があるのをご存知ですか?トイプードルの体型は、ドワーフ、ハイオン、スクエアの3つに分けられます。言われてみれば、お散歩で見かけるトイプードル達で、印象の違いがあると思いませんか?この記事では、トイプードルの3つの体型と、それぞれの特徴について説明します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

トイプードルの体型の種類

走るトイプードル

相変わらず大人気のトイプードルですが、体型に種類があることをご存知ですか?胴の長さと脚の長さによって、ドワーフ、ハイオン、スクエアといった3つの体型に分けられます。

体型の種類によって、トイプードルの見た目の印象が少しずつ変わってきます。スタンダードプードルに近いもの、スラッとした印象を与えるもの、愛玩犬らしいかわいらしさを感じるものと、好みが分かれるところだと思います。

この記事では、トイプードルの体型についてご紹介し、体型ごとの魅力についても解説します。

トイプードルの体型「ドワーフ」

ドワーフタイプのトイプードル

現在、トイプードルの体型で一番人気があるのが、ドワーフです。脚が短めで、胴が長めです。マズルも短い子が多いようです。そのため、とてもかわいらしい見た目になり、人気のテディベアカットもよく似合います。

ドワーフのトイプードルは、顔つきも幼い感じで、成犬になっても子犬のようなあどけなさが残るのも魅力的です。目がくりっとした子も多く、かわいらしさ重視でトイプードルを選ぶなら、ドワーフがお勧めです。

愛らしい外見のドワーフですが、意外とがっちり体型でもあります。骨が太く、しっかりした体つきで、他の2タイプに比べて体重が重めです。

現在では、ドワーフタイプのトイプードルが人気だということで、あえて短足になるように交配を行うブリーダーもいるそうです。犬種の理想体型ではないでしょうが、それだけ需要が高いと言えます。

トイプードルを迎えるにあたって、ドワーフを希望するときは、骨格がしっかりしているか確かめるのが、選び方のコツです。きゃしゃなほうがかわいいと思いがちですが、骨が太くてがっちりした体型のほうが、一緒に暮らしていく上で安心です。

もちろん、トイプードルは小型犬なので、高い所から落ちないように気をつける必要がありますが、骨太なドワーフタイプの子は、少々の衝撃では骨折などしない安心感があります。

かわいさと丈夫さを兼ね備えているのが、ドワーフタイプのトイプードルの魅力と言えるでしょう。

トイプードルの体型「ハイオン」

ハイオンタイプのトイプードル

トイプードルで一番多い体型が、ハイオンと言われています。胴の長さと比較して脚が長く、スラッとした印象です。マズルもドワーフタイプに比べて、長めの子が多いようです。

ハイオン体型のトイプードルは、小顔で目の小さい子が多いです。全体としてスリムな印象で、ドッグショーに出展されるのは、ほとんどがハイオンタイプだそうです。それだけ見た目が美しく、トイプードルという犬種を象徴していると言えますね。

すらりとしたハイオンタイプのトイプードルは、本来のプードルらしいスッキリしたカットが似合います。都会的でおしゃれな見た目を好む方には、ハイオンタイプがお勧めです。

ハイオンタイプのトイプードルは、脚が長いため、体高は高くなります。そのため、実際より大きく見えますが、見た目の印象より体重が軽い傾向にあります。それは、骨が細いからです。

骨細のトイプードルが骨折すると、元に戻すのは至難の業だそうです。ハイオンタイプのトイプードルを迎えたら、骨折にはくれぐれも注意しましょう。特に子犬のときは、骨もまだ成長過程にあるので、成犬ほど丈夫ではありません。高い所の上り下りや、フローリングでの滑りに気をつけましょう。

骨が細いことは、安全性を考えると欠点かもしれませんが、スタイリッシュで軽快な見た目が、ハイオンタイプの最大の魅力です。

トイプードルの体型「スクエア」

スクエアタイプのトイプードル

トイプードルの体型で、理想的なのがスクエアだそうです。体高と体長が同じで、真横から見ると正方形になることから、スクエアと呼ばれています。スタンダードプードルの理想体型がスクエアなので、本来のプードル犬種らしい体つきと言えます。

先述したとおり、トイプードルの体型で一番多いのがハイオンなので、体高と体長の比率が完全な1対1になるスクエアは貴重な存在です。見事にバランスのとれた体型なので、どんなカットスタイルでも似合うところが魅力です。

そう聞けば、ぜひスクエアタイプのトイプードルが欲しいと思ってしまいますが、子犬の段階で将来の体型を見極めるのは至難の業だそうです。子犬のときにスクエア体型に見えても、成長過程で脚が長くなって、ハイオン型になる場合もありますし、胴長になってドワーフ型になる場合もあります。

スクエアタイプに成長するかどうかは、ブリーダーでも確約できないと思います。でも、体型やサイズは親犬に似る場合が多いので、ブリーダーのところで親犬を見ながらよく相談するのが、選び方のコツです。

まとめ

5頭のトイプードル

トイプードルの3つの体型ごとに、特徴や魅力を説明しました。ドワーフはかわいい、ハイオンは都会的、スクエアは理想体型ということでした。

飼い主さんの好みによって、どの体型がいいか分かれるところだと思います。でも、そうして好みで子犬を選べるところも、トイプードルという犬種の魅力ですね。

これからトイプードルを迎えたい方は、成犬になったときの体型も考慮に入れると、より自分好みの子に出会えるでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。