知っているようであまり知らない警察犬の豆知識

知っているようであまり知らない警察犬の豆知識

お気に入りに追加

警察犬は人間のために役立つ犬の代表ですが、その内容についてはあまり知られていません。以外に知らない警察犬について説明しましょう。

1653view

世界中には働く犬が数多くいますが、日本での公共機関に従事している代表的な犬というと、やはり警察犬ではないでしょうか。

しかし、この警察犬はテレビ番組では出てきても、日常生活の中で見ることはほとんどありません。それでは名前は知っていても、その内容についてはあまり把握されていない警察犬について、その情報を紹介しましょう。

警察犬の歴史

伏せをして休む警察犬

警察犬は警察機構が構築されてから同時にできたものではありません。警察犬の歴史とは、どうなっているのでしょうか。

最初に警察犬を導入したのは

世界で一番初めに犬を警察業務に帯同させたのは、1896年のドイツでのヒルデスハイム市警察です。このときの警察犬の業務は、現在の日本のような犯人の追跡業務ではなく、警察官に同行してパトロールをすることでした。

日本で警察犬が採用された年

日本では1912年に、警視庁がイギリスから二頭の警察犬を採用したのが最初ですが、このときは犯罪捜査のためではなく、防犯目的の広報をするためでした。

現在のような目的で警察犬が警察に採用されたのは、警視庁が1940年に行い、戦争に伴って廃止されます。

復活したのは、1952年に嘱託で警察の外部機構の所管で行われていましたが、1956年には警視庁で直轄して採用されることになりました。

警察犬に採用される犬種は

POLICEの服を着たゴールデンレトリバー

警察犬には日本警察犬協会が指定する種類と、民間の嘱託警察犬として指定種類以外でも嘱託を受けることができます。指定種類と嘱託警察犬で登録された種類には、どんな犬がいたでしょうか。

日本警察犬協会が指定している種類

警察の直轄で警察犬として活動できるのは下記の犬種です。

  • ジャーマンシェパード
  • ドーベルマン
  • エアデールテリア
  • コリー
  • ボクサー
  • ラブラドールレトリバー
  • ゴールデンレトリバー

頭がよくて人間に従順であり、好奇心旺盛な犬種が採用されています。

日本ではジャーマン・シェパードが一番多く採用されていて、最初はドイツで軍用犬として利用されていましたが、その能力がとても優秀だったので、警察犬でも中心的な役割を果たしています。

指定種類以外で嘱託警察犬になった犬種

芝生の上に立つロングコートチワワ

指定種類以外でも、一定の警察犬としての能力を持っていると認められると、必要に応じて警察犬での任務を行う嘱託警察犬になれます。

今までに嘱託警察犬になったのは、ミニチュアシュナウザー、ロングコートチワワ、柴犬、トイプードル、ミニチュアダックスフンドです。

愛玩犬で飼われている犬ばかりで、総合的な見地からすると指定犬種に比べると劣る部分もありますが、犯人の探索といった一定の役割に対しては、十分にその能力が認められています。

まとめ

警察官の横に座る警察犬

犬が警察犬で働くのは、業務の内容を理解しているわけではないので、飼育員である警察官に対する忠誠心だけです。

自分がリーダーと認めている人の指示だからこそ、その人の命令に従って犯罪捜査に協力しているのであり、犬にしてみれば自分には何もメリットがありません。

犬には、他にも多くのことで人間は恩恵を受けているのですから、単なるペットと考えるのは失礼だとも言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。