室内犬を飼うときに知っておかなくてはいけないこと

53303view

室内犬を飼うときに知っておかなくてはいけないこと

日本の住宅事情により、小型犬と同じように大型犬でも室内犬として飼われることが多くなりましたが、室内で飼育するためには、犬が苦手な人たちのことも考え、いつまでも犬と人間が気持ちよく過ごせるようマナーを守って飼うようにしたいです。

室内犬

犬は室内で飼う方が良い?

最近は犬を家の中で飼っている人が多くなりました。

昔は犬を飼っているというと、屋外に犬小屋を置いて、鎖につないで飼われているというイメージがありました。

外で飼われている犬イコール番犬というイメージもありました。そして外で飼われている犬は大型犬か中型犬というイメージが大きいです。

しかし屋外に犬を飼うスペースがある家が少なくなり、小型化された犬が多くなったこともあり、室内で飼われる犬が多くなりました。

中には大型犬でも室内で飼っている飼い主も少なくありません。

以前はマンションなどの共同住宅はペットを飼えないことが多かったのですが、今はペットと住めるマンションが多くなり、マンションの部屋でも大型犬を室内で飼うことが多くなりました。

庭などがなく、小さいスペースでも一戸建てであれば屋外で飼われている犬は、まだまだ多いのですが、以前よりも室内犬が増えてきた背景には、日本の住宅事情によるものが大きいのではないでしょうか。

小型犬は室内向きで大型犬は屋外向き?

子犬

昔から小型犬は外で飼うよりも家の中で室内犬として飼われていることが多かったです。

日本犬の中では狆が、昔から室内犬として飼われていました。

最近ではチワワ、ヨークシャーテリア、ダックスフント、トイプードル、マルチーズなどの小型犬は、寒さ、暑さに弱いということもあり、室内でいるほうが安全であり安心です。

それでは大型犬は屋外で飼う方が良いのかということですが、理想ではそうであると言えるでしょう。

しかし大型犬であっても、あまり吠えずに室内でもおとなしくできる犬も多いです。

大型犬が不可のペット可マンションも多いですが、そうでなければトレーニング次第で、大型犬であっても、室内で飼うことができないということはないでしょう。

室内で犬を飼育するために必要なもの

子犬

室内で犬を飼うときには、屋外で飼うよりも必要なものが多いかもしれません。室内で飼われていても、犬には自分の場所が必要です。

ケージかサークルを用意してあげるようにしましょう。子犬のときからずっとそこで過ごすようにしつけておけば、出してほしいと暴れることもありません。

トイレやベッドも入るような大型の物が理想ですが、スペースの関係でそうもいかないときは、小型のものでも良いでしょう。

トイレも一つか二つ、用意しておきましょう。

ベッドも必要です。

食餌や水を入れておく容器も必要です。

水入れは、ペットボトルを使用するものもありますので、こぼしてしまうこともなく便利です。

室内で飼い主と一緒に、または自分で遊ぶためのおもちゃもいくつか用意しておきたいです。

室内でじっとしているだけではストレスがたまり、運動不足になりがちですので、時々はケージから出して遊んであげるようにしましょう。

毛の長い室内犬の場合、室内に抜け毛が飛んでしまいますので、こまめに掃除しなくてはいけなくなります。

掃除機だけでなく、必要に応じて便利な掃除用品をそろえておきましょう。

粘着テープのローラーはカーペットを掃除するときにも便利ですが、洋服についた抜け毛を取るときにも重宝します。

掃除用のウェットティッシュは犬が舐めても大丈夫な成分を使用しているペット用のものを用意しておくようにしましょう。

消臭グッズもあったほうが良いでしょう。飼っている人には慣れてしまって何とも感じない臭いも、外から入ってきた人には不快な臭いになってしまうことがあります。

フローリングの床などで滑ってしまう犬は多いのですが、ケガにつながりかねません。犬がよくいる場所、よく通る場所には滑らないようにマットを敷いておいてあげましょう。

階段を自分で昇り降りする犬のためには、階段マットを敷いておいてあげましょう。階段から転落してしまうと大怪我をしてしまうことになります。

高いソファなどに上がりたがる犬のためには、関節を痛めることを防ぐためにステップを用意しておくのも良いでしょう。

室内犬を飼育するときに注意すること

吠える犬

犬を室内で飼育することに決めたら、注意しなければならないことがいくつかあります。

無駄吠え

犬を飼っている限り、絶対に鳴かせないということは難しいかもしれません。しかし無駄吠えをしないようにしつけることはできます。

外で吠えるよりは聞こえにくいとは言っても、室内で吠えていても意外と聞こえるものです。特にマンションの場合は、隣や上下の人に騒音にならないように注意しましょう。

飼い主には気にならない程度の鳴き方であっても犬が苦手な人や飼っていない人には、不快な騒音にしか聞こえません。

一戸建ての場合でも、隣近所に家がないような山の中の一軒家でない限りは、小型犬の鳴き声であっても意外と外まで聞こえるものです。

必要以上の無駄吠えには注意するようにしたいです。

足音

また大型犬を共同住宅で室内犬として飼っている場合、足音にも気をつける必要があります。

大型犬は人間の大人くらいの体重がある犬もいますので、走ったりすると大きな足音が階下に聞こえてしまいますので、走らせるのは外での散歩だけにするようにしましょう。

いたずら

サークルやケージは成犬になると片付けてしまうことも多いのですが、その場合でも室内を荒らさないように、きちんとしつけをしておくようにしましょう。

きちんとしつけをすることによって、人間のものにいたずらしたり、ゴミ箱をひっくり返したり、柱などをかじったりするということもなくなります。

ブラッシング

ブラッシングするときは、ベランダですることのないようにしましょう。ベランダでブラッシングをしてしまうと、注意していても抜け毛が意外なところまで飛ばされてしまいます。

共用部分

マンションのエレベーターなど、他の人たちも使用するような場所では、犬はなるべく抱っこしておくか、クレートなどに入れておくようにしましょう。

臭い

飼い主には気がつかない臭いが残ってしまうことがあります。

そして犬は、なるべくいつも清潔にしておくようにしたいです。汚れをそのままにしておくことは悪臭のもとになってしまい、連れているだけで臭いが漂ってしまうことがあります。

犬嫌い・アレルギーの人のことも考える

常に、飼い主とペットだけがそこにいるのではなく、近所には犬が苦手な人、アレルギーの人もいるということを頭においておきましょう。

排泄

また排泄のことですが、室内で飼育されている犬は、排泄は室内でするというふうにしつけられていることがほとんどです。

室内で飼っている犬であっても、排泄は外でする、という習慣がついている犬もいるでしょう。

理想は排泄は室内で行なう、と言う風にしつけてしまうことです。しかし、どうしても散歩の時に排泄してしまうこともあるでしょう。

その場合は、必ずウンチは持ち帰り、おしっこの場合は水で流しておくようにしたいものです。

最後に

犬を室内犬として飼う場合でも、屋外で飼う場合でも、人の迷惑にならないように、ということに気をつけておく必要があります。

マナーが悪い飼い方をしていると「だから犬を飼っている人は・・・」という風に偏見を持たれてしまうことにもなってしまいます。

賃貸の住宅であると、マナーの悪い飼い方をする飼い主のために、途中からペット不可となってしまうこともあります。

動物と人間との共存は大切なことです。犬は昔から人間の良きパートナーでありました。

これからもずっと、犬も人間も仲良く気持ちよく過ごしていくために、マナーを守って飼育するようにしたいものです。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 女性 うすしお

    初めてワンちゃんを飼うとき、ペットOKな物件か再度確認したほうがいいです。たまに大家さんに黙って飼っている方もいて、見つかると放棄みたいな勝手な話も聞きます。
    きちんとペットOKの物件で迎いいれてあげてほしいです。
  • 40代 女性 こみゃこ

    広い庭つき一戸建てに住んでいたとしても、私は室内で犬を飼うべきと思います。どんな人間が知らない間に犬に近ずくかわかりません。私は今、マンションに住んでいます。共通の廊下など、抱っこして行動しています。愛犬絡みで批判されたくないですから。
    今、愛犬はシニアなので、若さゆえの騒音は起こしませんが、マンションだと、上の階の人が起こす騒音などで吠えることがありますね。
    一緒にいるときはベランダのドアを開けているのですが、ベランダが繋がっているので、隣の人の声が聞こえてくることもあります。出かけるときは忘れずに、閉めるようにしています。
  • 30代 女性 ミニー

    犬を飼う時は、近所の方を考えて飼う事は大切だと思います。最低限のマナーを守りお互い気持ち良く生活を送りたいものです。マナーがなっていない飼い主の方を見ると切なくなります。
  • 30代 女性 Chappy

    愛犬を迎いいれる前に、家のなかでいかにくつろいで安心できる空間を作ってあげられるかで、ワンちゃんにとってはすごく大切なことだと思います。
    家の中での生活が1日で一番大切長いため、特に仕事で家を開けなければならない方は、特にワンちゃんにストレスを与えない空間にしてあげなければいけません。
    赤ちゃんの時は特に不安になるので、なるべくお昼寝をゆっくりさせてあげられるような部屋作りをオススメします。
  • 女性 カニ蔵

    色々な飼い主さんがいるもので、大型犬を飼うためにマンションを2部屋借りているケースもあれば、小型犬だから大丈夫と外飼いにして、通りすがりの人から与えられるオヤツでお腹を壊して通院治療をしたケースもあります。
    好みの犬種を選びたくなるのも山々ですが、自身の住環境(生活パターンも含む)に適しているのかどうか、犬を飼わないという選択肢も含めて、よくよく考えたいものです。
  • 女性 ポムポム

    外国の映像を見ると、大きなおうちで大型犬もお家のなかで家族と一緒にくつろいでと夢のような光景が多くありますが日本では難しい状況ですね。(大きなお家やスペースを確保できるご家庭は多くないと思いますので。。)何より、外国と日本では土地の広さから家の面積の広さまでまるで違います。昔、ラブラドールを庭+半サンルームで飼っていましたがお友達の室内犬(シーズー、ダックス)との生活がとてもうらやましかったです。友達の家に行くと家の奥から出迎えてくれる小型犬、とてもかわいかったです。ですが、田舎の一軒家でしたがラブちゃんを室内犬には・・とても想像ができませんでした。あの大型犬が入るには、家が狭すぎます(笑)。それに狭い室内よりも広い庭と涼しいサンルームのほうがラブちゃんにも心地よかったと思います。近年、確かに室外犬をみることは少なくなりました。犬の性格や体調のためにも室内に向いている子も多いと思いますが、その際はぜひ十分なスペースも与えてあげてほしいと願います。
  • 女性 mocmoc

    数年前にニュースで、隣の家の庭で飼っていた犬がうるさかったからと、そこの住人が出かけている間に繋がれて身動きの取れない犬をバットなどで殴打し逮捕された、という事件を見たことがあります。
    場所にもよりますが隣近所が近い場合、屋外飼育はトラブルの元にもなりかねません。今のご時世、外で飼うと何をされるかわからないことも多いので、やはり屋内飼育をおすすめしたいです。

    屋内飼育と屋外飼育での個人的に大きいと思う部分は、気温の調整がきく点です。屋内なら熱中症の心配も軽減されますし、夏はフィラリアの心配も少なくなります。

    屋内で飼うとなると、愛犬のためのスペースが大幅に取られてしまうと思いますが、実際に飼ってみると思っているほど苦にならないものです。
    ただ、よく動く動物が増えるわけですから、掃除はいつも以上にマメにやらなくてはならなくなります。粘着コロコロは必須ですね。

    ペットを飼われている方の行動は、飼われていない方からとてもチェックされていると思います。一人の軽はずみな行動が、ペットを飼う人全て同じだと思われてしまいますので、マンションなどのスペースではより一層厳しくマナーを守らなくてはならないと思います。
    以前からよく訪れていた神社では、動物同伴での境内立ち入り可能だったのですが、誰かひとりのマナーのない行動が犬同伴の方全て対象になってしまい、今では全面的に動物同伴は立ち入り禁止になってしまいました。
    犬と暮らす上で、マナーも携帯することは忘れてはいけませんね。
  • 30代 女性 葵

    室内犬を飼っています。
    マンションなので記事に書いてあるように、細かいルールが沢山あります
    マンションの共有部分でペットを歩かせてはいけない、犬を抱いて移動できること、ペットの毛を共有部分(廊下)に落とさない、ベランダで遊ばせないなど、その他にもマンションの中にペットを飼われている方のみで組織する会みたいなものがあって、半年に一回の割合で会合が行われ、こんな苦情があったので気を付けましょうとか、飼われている住民の方でこんな人がいましたので、見かけたら注意しあいましょうとか、ペットを飼われているご家庭の方が集まり意見交換をしています。
    集合住宅でペットを飼っている以上、動物が苦手な方ももちろんいらっしゃいます
    躾をしっかりして、決められたルールを守ることがペットたちもストレスなく過ごせると思います。

  • 女性 桃子

    私は学生時代に大型犬を飼っているアメリカ人宅にホームステイをしていた経験があります。今よく考えてみたら、この犬はとっても幸せだったと思います。まず、このお家は大きなお部屋に大きなソファーがありました。また、庭も広かったです。このホームステイ先のワンちゃんは、いつも大きなソファーに寝転んでリラックスしていました。あれから数十年経ち、現在私は家庭を持って犬も飼っているのですが、この記事を読んで、ふとホームステイ先のことを思い出してしまいました。東京に住んでいると、アメリカのような大きなお家に住むことは難しいですね。我が家でも家のサイズを考えて小型犬にしようと決めました。最近ではペット可の物件も増えてきていますが、犬にとって心地の良い環境を整えてあげることも重要になると思います。
  • 40代 女性 susu

    室内犬と暮らしています。

    現在は戸建てですが、以前はペット可のマンションに住んでいました。小型犬1頭までという規約でしたが、知らずに2頭迎え入れてしまい問題になった部屋がありました。

    ペット可といってもマンションによって、頭数・サイズ制限、ベランダにペットを出すことは不可など、細かい規定があるので、迎え入れる前に確認した方が良いと思います。

    マンションで暮らしていた時に感じたことですが、ペットの騒音は子供の騒音よりも周りの理解が得られにくいものです。ワンワンと一日に数回吠えただけでクレームが入ることがあります。
    こちらにとっては大したことのない程度の吠えであっても、ペットと暮らしていないご家庭にとっては騒音となるし、アレルギーの方は飛散する毛に敏感となるものです。
    おそらく、こちらが思っている以上に気を使って生活をしていく方が、近隣の方のご理解が得られやすいかと思います。

    迎え入れる前に一言、ご挨拶をしておくのもいいかもしれません。
    一言あるだけで、印象はだいぶ変わります。

    郊外の大きな戸建てだと特に、大型犬は外飼いされているケースが多いようですが、犬は社会性が高い動物ですので、家族の一員として室内犬として育ててあげて欲しいなと思います。
    その上で、気候の良い時などいつでも自分の意思でお庭を散策できる環境であれば最高だなと思います。
    大型犬は庭で小型犬は室内でといったお家の話をたまに耳にしますが、大型犬は気の毒だなと思ってしまいます。庭から小型犬と家族の楽しそうな声が聞こえてくるのに自分は外、、、犬にも心があって感情があります。ぜひ中に入れてあげて欲しいなと思います。

    また、パピーを迎え入れる場合は特に、目線と同じ高さの家具や家電、ビデオデッキや置き型の冷暖房器具などの前に、ワイヤーネット等でいたずらが出来ないようにカバーをしておく方が良いと思います。パピーは何でも興味津々でおもちゃになってしまいますから。
  • 女性 ruka

    近年ペット可の賃貸住宅も増えつつありますよね。
    それでもペット可の物件だからと言って、全員がペットを飼っているというわけではありませんし、生活スタイルが違う人が集まって1つの物件に住んでいるのだからルールやマナーを守ることはとても重要なことだと思います。

    私は犬1匹まで飼育可能の賃貸マンションで暮らしていますが、上に住んでいらっしゃる方は夜遅い時間に帰宅されていて、帰宅と同時に犬の鳴き声と走り回る足音が聞こえてきます。しかも2匹分の鳴き声と足音がするのです。管理会社へはおそらく1匹の飼育で報告しているのではないかと思われます。
    私もマルチーズを飼っているので、無駄吠えをやめさせることは安易なことではないと理解はしていますし、喜んで走り回っている足音も仕方ないことだと思います。それでも、次の日朝早い場合などはイラっとしてしまうことがあります。せめて足音を軽減できるよう絨毯を敷くなどの対策をしてほしいと思います。
    犬を飼っている私でもそう思うほどなので、ペットを飼っていない人だったら到底理解はできないのではないでしょうか。
    ペット可の物件でもいくつかのルールが定められていて私たち飼い主はそれを守る必要がありますし、例え定められていないことだとしても近隣への配慮をするマナーが重要だと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。