予防薬の投薬期間は?フィラリア症について改めて知ろう!

【獣医師監修】予防薬の投薬期間は?フィラリア症について改めて知ろう!

犬がかかる可能性のあるフィラリア 症。生死に関わる恐ろしい病気です。今やよく知られる病気になりましたが、この時期は予防薬をいつまで飲ませるかが悩みどころ。この記事では、フィラリア 予防薬の投薬期間を含めたフィラリア 症について詳しくご紹介して参ります。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬を飼っていらっしゃる方で、フィラリア症を知らない方はいないでしょう。
蚊により媒介される、恐ろしい病気です。
フィラリア 症には予防薬があり、ほとんどの方が対策をされているかと思いますが、予防薬の投薬期間について悩まれた方はいらっしゃいませんか。
ここからは、フィラリア 症の投薬時期をはじめとしたフィラリア症の概要について、お伝えして参ります。

フィラリア症とは

壁に止まって蚊を見る犬

原因

蚊に刺されることにより、フィラリアの幼虫が蚊から犬の体内に入ることが感染源です。
その幼虫は成長しながら血管にたどり着き、体の中心部へと移動していきます。
成長したフィラリアが心臓や動脈にたどり着き、寄生、そこで幼虫を増やします。
体の重要な臓器に大きな虫が寄生した状態になるので、体内に様々な異常をきたします。
また、感染した犬の血を吸った蚊に刺されることで感染するため、他の犬への被害も考えられます。

症状

フィラリアに感染しても、初期は症状が出ません。
徐々に進行すると、まず咳が見られるようになります。
その後、体に様々な症状が出て死に至る場合も。
進行速度は個体により違い、わずかな時間で死亡するケースも報告されています。
症状が出始めた頃には、薬では治療不可能な状態であることも。何より予防が大切です。

  • 元気がない
  • 運動を嫌がる
  • 痩せる
  • 血尿
  • お腹に水が溜まる
  • 貧血
  • 臓器不全
  • 呼吸困難
  • 失神 etc.

フィラリア症の予防法

病院で予防薬をつける犬

投薬

投薬は、普通の錠剤以外におやつ型があり、毎月決まった日に与えるタイプです。
あげ忘れが心配ですが、犬への負担がありません。
また、他の寄生虫対策を兼ねているものもあり、一錠で他のケアを済ませられます。

注射

注射タイプでは、一回打っておけばその年の予防が済みます。
投薬失念がなく、効果は1年間保ちます。

スポット

犬の皮膚に薬を垂らすのがスポットタイプ。毎月行います。

フィラリア症の薬はいつまで?

聴診器を咥える犬と猫

フィラリア症の予防薬をいつからいつまで続けるか、悩まれる方も多いでしょう。
基本的には、「蚊の活動開始から1か月以内」から「蚊がいなくなって1か月後」までとされています。
蚊は平均気温が14度を超え出すと飛び始めると言われますので、春先〜冬先までのケアが必要となります。
関東では5月〜11月半ばくらいの間とされていますが、より南の地域ではより早いケアの開始が必須です。
平均的には、4月〜12月あたりまで投薬しておけば安心かと思われますが、かかりつけの獣医師に相談しながら決めましょう。

フィラリア症ケアの注意点

注意の看板を持ったパグ

投薬の失念

最も怖いのが、薬のあげ忘れです。
フィラリア症の薬は、1か月に1度口から与えるものが多いのですが、与え忘れてしまったという話はよく耳にします。
私たちが夏場に見かけたり刺されたりするように、蚊はごく身近にいる虫であり、それだけリスクは高いと言えます。
カレンダーや手帳に印を付けておく、冷蔵庫やボードに日付の書いた薬を貼っておくなど、投薬を失念しないような工夫をしましょう。

感染の有無

フィラリア症に既にかかっている犬に、フィラリア症予防の薬を与えることも危険です。
既に血管に入ったフィラリアが薬で死に、詰まる危険性があります。
毎年春、フィラリア予防薬の投薬開始前には、必ず動物病院で感染の有無を検査しておき、家庭に残っていた薬などは与えないように。

フィラリアは人間にも感染する!?

医者の説明を聞く人

フィラリアは人間にも感染する場合があります。
現代では症例はかなり少ないですが、過去には、あの西郷隆盛もフィラリア症にかかったと言われています。
これは、感染した犬の血を吸った蚊に刺されることによるものです。
症状が出ないことが多いようですが、稀に咳や呼吸困難などが起こることも。

まとめ

人の手の上に置かれた犬の手

犬のフィラリア症についてご説明いたしました。
フィラリア症は命に関わる恐ろしい病気。しかし、ほぼ100%の予防が可能です。
対象薬の投薬期間をきちんと守り、失念のないよう気をつけましょう。
犬の予防策を徹底することが、人間自身の健康にも繋がります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。