犬の立ち耳や垂れ耳、多様な耳の形について

犬の立ち耳や垂れ耳、多様な耳の形について

お気に入りに追加

立ち耳と垂れ耳に分かれる犬の耳。その違いには、環境変化による進化が関わっています。また、この2種は更に多くの種類に分けることができるのをご存知でしょうか。知れば知るほど面白い犬の耳。この記事では、その耳の形について詳しくお教え致します。

2254view

犬には、立ち耳の個体と垂れ耳の個体がいます。
三角のピンと立った耳も、顔の横にたるんと垂れた耳も可愛いですが、その形の違いはどこからきたのでしょうか?
ここからはその理由についてご説明し、更に犬種によって異なる様々な耳の形についてもご紹介します。

立ち耳の犬、垂れ耳の犬

こちらを見つめるオオカミ

犬には、耳がピンと立った形のものも、頰に向けて耳の穴を塞ぐよつに垂れているものがいます。
この違いはどのような理由によるものなのでしょうか。

オオカミの耳

犬の祖先と考えられているオオカミは、耳が上に立った形をしています。
この形は周囲の音を集める力に優れており、より耳が緊張した状態にあるためです。
イヌ科動物の聴覚は非常に良く、特に野生のオオカミは、情報収集のために聴覚を頼っていると考えられています。

立ち耳から垂れ耳へ

オオカミと同じように耳が立った犬たちには、より原種に近い犬種や野犬が多く見られます。
柴犬や秋田犬のような日本犬は原種に近いため、耳が立っていますね。

一方で垂れ耳の犬には古くから家庭犬として、人とともに生活をしてきた犬種が多いとされています。
つまり、犬に立ち耳と垂れ耳が存在するのは、野生から人間との暮らしにシフトした中での進化が関係しているのです。
家庭犬となり周囲の危険が減少した犬は、過敏な警戒を行う必要がなくなり、それにより耳の筋肉が緩み、垂れ耳へと進化したと言われています。

耳の形の種類

大きな耳を広げた犬の顔

立ち耳

  • プリックイヤー

先端の尖った、一般的な立ち耳のこと。日本犬に見られるのがこの形です。
一部犬種には断耳して意図的に立ち耳にする場合もあります。
これは、古くは猟などで怪我をしないようにという工夫でしたが、近年では見栄えのためにされている場合が多く、その是非が問われています。

  • バタフライイヤー

やや左右に広がった大きな立ち耳のこと。
蝶が羽を広げたような形に見えるため、こう呼ばれます。
飾り毛も特徴で、パピヨンに代表される耳の形です。

  • バットイヤー

左右の耳が離れた、やや丸みのある三角の立ち耳。
コウモリの羽のような形をしているため、バットイヤーと呼ばれます。
フレンチブルドッグの耳がこの形に分類されます。

  • キャンドルフレームイヤー

蝋燭の火のように、付け根が広めで先は尖った、鋭い印象を受ける立ち耳のこと。
ピンシャーに代表されます。

半立ち耳

芝生の上でくつろぐコリー

  • コックドイヤー

立った耳が途中から折れている形。立ち耳と垂れ耳の間とされる、半立ち耳のことです。
コリーやシェルティに見られます。

  • ローズイヤー

ローズイヤーは、立ち耳が後ろに反り返った耳のこと。
耳の内側が見え、バラの花のような形に見えます。イタリアングレーハウンドがこの耳の形です。

  • ボタンイヤー

コックドイヤーよりも、先の折れている部分の面積が大きい耳のこと。
頭側に向けて耳の先が垂れ、垂れ耳にかなり近い印象です。パグの耳がこの種類です。

垂れ耳

ソファーに座ってこちらを見上げるビーグル犬

  • ドロップイヤー

一般的な犬の垂れ耳の形をドロップイヤーと呼びます。
レトリバー種や、ビーグルなどが代表として挙げられます。

  • フォールドイヤー

耳の根元が広がってやや立ち上がっており、その先が下に垂れている耳の形。
キャバリアやコッカースパニエルがこの形です。

  • ペンダントイヤー

耳の付け根から下に垂れ、大きく垂れ下がった耳の形。
扇風機の羽のように大きな垂れ耳が特徴的な、バセットハウンドに代表されます。

耳の手入れ

耳の手入れをされているダックスフンド

耳の手入れは、日常的に行うべきケアのひとつです。
特に垂れ耳の犬は耳の中に湿気がこもりやすく、雑菌が繁殖しがち。
そのため、耳に関する病気になることも少なくないのです。

柔らかいガーゼやコットンにより、耳の表面を優しく拭き取る、イヤークリーナーを用いた洗浄などを、適切な頻度で行いましょう。
また、シャンプー後などで耳周りが湿っている場合はよく乾かしてあげ、耳に湿気がこもらないよう、しばらくヘアバンドなどで固定しておくのもおすすめです。

耳垢の変質や変色、臭いや赤み、痒がる様子などが見られた場合は、中耳炎やダニ感染などの病気であることが考えられるので、すぐに動物病院を受診しましょう。

まとめ

片耳だけ立てている犬

犬の耳の形について、ご紹介して参りました。どの耳の形もユニークで可愛らしいですね。
また、耳の形には様々な種類がありましたが、それぞれケアは必須です。
病気にならないように、気をつけてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 パンプキン

    ウチの子は、ボルゾイなのでどちらにも当てはまりません。

    普段は、後ろに折りたたんで頭の後ろに貼り付けています
    何か有ると立てますが、滅多に有りません。下の子は、まだ成犬では無いので、ランなどでは耳を立てる事が多く緊張している為だと思います。
    パンプキンの投稿画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。