犬が好きな食べ物の特徴3つ

犬が好きな食べ物の特徴3つ

お気に入りに追加

犬はドッグフード以外にも様々な食べ物に興味を持ちます。しかし、中には飼い主が食べていても興味を示さない食材もありますよね。では、犬はどのような食べ物を好むのでしょうか。今回は犬が好む食べ物の特徴をご紹介します。

9379view

犬はどんな食べ物を好むの?

赤い器でごはんを食べるビーグル犬

私たちが食事をしていると、それに興味を示し、犬が近付いてくることがありますよね。
しかし、犬も何でも食べたい、好きというわけではありません。好みがあります。
では、犬たちはどのような食べ物を好むのでしょうか。

1.香りが強いもの

まず犬が好みやすい食べ物の特徴として、その食べ物の香りが強いという特徴が挙げられます。
犬は非常に嗅覚が優れているため、香りが強ければ強いほど、その良い香りに誘われるようにして好む傾向があります。

私たち人間も良い食べ物の香りがすれば、「美味しそう」「食べたい」と思いますよね。
犬も同じ心理が働きます。

例えばいつもはドッグフードのドライタイプを与えているけれど、何だか食欲がなさそう…というときには、ドライタイプよりも香りの強いウェットタイプを与えてみたり、ドライタイプに混ぜてみたりするのも1つの方法です。

しかし、香りが強い物を好むからといって、香りが強い食べ物を何でも与えて良いということではありません。
中には犬が食べてはいけない食べ物もありますので、犬が食べても大丈夫か、適量はどのくらいなのかをしっかり調べるようにしてください。

2.高タンパク質なもの

肉を食べる2頭の白い犬

犬が好む食べ物は、香りが強い食べ物だけではありません。
高タンパク質な食べ物も好む傾向にあります。やはり、元々野生ではお肉を中心に他の動物を補食し食べていたため、今でもその傾向が強いのです。

そのため、鶏肉(ササミなど)や豚肉といった肉類は、犬が好みやすい傾向にあります。
ドッグフードも様々なフレーバーが販売されていますが、「肉のフレーバー強いドッグフードを好む」という犬が非常に多いです。

食欲が減退しているときには、ササミを茹でてダシを取ったスープをドッグフードに軽くかけ、香り付けしてあげることで食欲が戻ることもありますよ!

3.甘みが強いもの

犬が好みやすい食べ物の特徴として、3つ目に挙げられる特徴が甘みが強いという特徴です。
甘みといっても、人工的な甘みは犬にとって悪影響を与えかねません。
ここで挙げている甘みとは、自然の甘みを指します。

例えば、サツマイモやフルーツなど、調味料や甘味料を加えなくても甘い食材は多く存在します。このような食べ物を好む傾向が強いです。

フルーツの中でもバナナは自然の甘みが非常に強く、好む犬は多いです。
しかし、元々糖分が多く含まれているフルーツですので、与えすぎは禁物です。
甘みの強い食べ物は肥満の元になりやすいので、適量をしっかり守った上で、おやつ代わりに与えてあげましょう。

犬が好きではない食べ物の特徴は?

ドッグフードの匂いを嗅ぐ犬

犬が好きな食べ物の特徴は、「匂いの強いもの」「肉などの高タンパク質系」「甘みのあるもの」が挙げられました。
では、反対に犬があまり好きではない、好まない食べ物にはどのような特徴があるのでしょうか。

刺激的な匂いのするもの

嗅覚が非常に優れているため、香りが強い食べ物を好む傾向にあるという話がありました。
しかし、どんな香りであっても強ければ良いということではありません。
香りには多くの種類があり、その中でも刺激的な香り(スパイシー)のするものは、あまり好みません。

やはり本能的に避ける傾向があるのでしょうか。
刺激的な匂いのする食べ物は、飼い主が食べていても近寄ってこなかったり、あるいは近寄ってきてもまた別の場所へ移動してしまったりすることが多いです。

もちろん、刺激的な匂いのする食べ物や刺激的な味のする食べ物の多くは、犬にとって有毒であることが多いです。与えないよう注意しましょう。

苦みの強いもの

苦みの強い物も犬は好みません。
人間でも苦みの強い物を好む人は少ない傾向にありますが、犬にとって苦みの強い物は刺激臭のする食材と同様に、有毒となる危険性があります。
やはりこちらも、本能的に避けているのかもしれません。

苦みの強い物には、タマネギを始めとしたネギ類や、カカオ、コーヒーなどが挙げられます。
どれも犬に与えてはいけないと有名な食材や飲料ですよね。

基本的にこういった物は犬自身が好まないため、興味を示すことは多くありません。
しかし、中には砂糖などの甘味料を加えて作られるチョコレートやカフェオレ、ネギ類も少量ならば、犬が落ちている物を口に入れてしまう可能性があります。

これらを食べてしまうと食中毒を引き起こす危険性があり、最悪の場合、死に至ることもありますので特に注意が必要です。

酸味のあるもの

オレンジと伏せの姿勢の犬

これは犬によっても個体差が分かれますが、酸味のあるものも好みません。
酸味の強い食べ物の代表として梅干しが挙げられますが、その他にもオレンジやキウイといったフルーツも含まれます。

オレンジなどのフルーツに関しては、犬も少量であれば食べても大丈夫な物もあるのですが、いざ与えてみようと少し切って渡しても、そっぽを向かれてしまった…という声も多いです。
他にも口の中に入れたけれど、その後口からペッと吐き出していた、という犬もいます。

酸味のある物は、苦みも少量混ざっていることが多いため、犬の味覚的に「美味しい」と感じないのかもしれませんね。
嫌がるようならば、食べられる食材であっても無理に食べさせる必要はありません。

まとめ

テーブルの上の食事を見る犬

いかがでしたでしょうか。
犬は「香りの強いもの」「高タンパク質なもの」「自然の甘みが強いもの」を好む傾向にあります。
犬が食べられる物であれば、与え過ぎに注意することを前提に、時々であればおやつ代わりやご褒美として与えても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。