犬に烏龍茶を飲ませても大丈夫?

【獣医師監修】犬に烏龍茶を飲ませても大丈夫?

お気に入りに追加

肥満解消や歯周病といった口の中のトラブルに効果的な烏龍茶。その様な問題を抱えている犬に烏龍茶を飲ませても効果があるの?そもそも犬に飲ませても大丈夫?そんな疑問にお答えしていきます。

3882view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

烏龍茶は飲ませても大丈夫?

犬とティーカップ

犬にとって烏龍茶は毒

結論を先に言いますと、烏龍茶は犬にとって毒となる飲み物です。烏龍茶は中性脂肪を燃焼して肥満防止の効果があったり、口腔内の菌を減らして歯周病などにも効果があるとても魅力的なお茶です。ですので、そういった効果を期待して犬にも飲ませたいと思う飼い主はいると思います。しかし、烏龍茶を飲ませると危険ですので、飲ませない様にしてくださいね。

カフェイン中毒

では、なぜ烏龍茶は犬にとって毒なのでしょうか。それは、カフェインが含まれているからです。犬はカフェインを摂取してしまうとカフェイン中毒になってしまい、様々な症状が出てきてしまいます。犬の体は人間と比べてとても小さいので、少量のカフェインを摂取しただけで影響を受けやすく中毒になりやすいといえます。重症になると命を亡くしてしまう事もありますので、注意しなければいけません。

ちなみに、同じお茶でもルイボスティーやハーブティー、麦茶などは飲んでも大丈夫と言われています。これらのお茶にはカフェインが入っていないからです。同じお茶でもカフェインの有無によって犬が飲んでも大丈夫なのかが分かれる様ですね。

烏龍茶に入ってるカフェインによる中毒症状

カップの中を眺める犬

カフェイン中毒による症状

カフェインは主に脳神経や中枢神経に影響を与えて興奮させます。一般的には眠気覚ましに効くものとして知られていますよね。それ以外にも利尿作用があったり、心臓の働きを活発にするという効果もあります。カフェイン中毒になると、これらの症状が強く出てしまいます。

犬がカフェインの入った烏龍茶を飲んでしまった場合、どのような症状が出てしまうのでしょうか。初期段階では犬が落ち着かない感じになったり、震えや失禁、トイレの回数が多くなるといった症状が出ます。症状が悪化してしまうと、下痢や嘔吐、痙攣、呼吸が速くなったり、不整脈、過呼吸、発熱といった症状になります。最悪の場合、命を亡くしてしまう事だってああるようです。

犬にとっての致死量

犬は体重1Kgにつき100~200mgのカフェインを摂取すると致死量になってしまうと言われています。烏龍茶に含まれているカフェインは、500mlで約100mg程入っています。例えば、体重5kgの犬が500mlの烏龍茶を10本飲むと致死量になってしまうという事です。実際には致死量になるまでの量を飲むことはまずあり得ないですよね?

普通は致死量になるまでの量を飲む事はないので、命に危険がないと思うかもしれませんがカフェイン中毒は少量摂取しただけでも症状が出てしまうという厄介な物となります。少量だからといって気にしないでいると症状が悪化する事もありますので注意が必要といえるでしょう。

対処法

もし、犬が烏龍茶を飲んでしまった時は、どの様に対処すればよいのでしょう。残念ながら、薬などでの効果的な治療法は無いようです。緊急を要する状態だと胃を洗浄しなければいけなくなる可能性がありますが、基本的には体からカフェインが抜けるのを待つ、という事になるようですね。

吐かせて少しでも毒となるカフェインを出させるといった治療もあるようですが、見よう見真似で飼い主だけの判断で行うと逆効果になる事もありとても危険です。獣医の的確な処置が重要となりますので、自分で判断せずに病院に連れて行って診察してもらいましょう。

まとめ

飼い主と犬

いつも私たちが気軽に飲んでいる烏龍茶は犬にとって、とても危険な飲み物となってしまうようですね。私たちが普段飲んだり食べたりしているものは犬から見ると、とても美味しそうに見えていると思います。ですので、少し目を離している間に犬が烏龍茶を飲まない様、気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。