獣医師になるには?獣医の職種と大変なこと

獣医師になるには?獣医の職種と大変なこと

お気に入りに追加

獣医師はワンちゃんを治療するだけでなく、幅広い職種を扱います。その一部をご紹介し、獣医師のイメージを少しでもわかりやすくお伝えできればと思います。

2226view

獣医師道具

ワンちゃんの予防や病気治療で必ずお世話になる動物病院。

そこで働くのはもちろん獣医師ですが、獣医師には動物病院で働く以外にも、いろんな職種があります。

そこで今回は、獣医師のお仕事についてお話させていただきます。

獣医師になるには?

まず獣医師になるには、獣医学部あるいは獣医学科のある大学に入学するのですが、獣医師になるまでには、医師と同じで6年間の大学生活を送ります。

そして最後に獣医師国家試験を受け、見事合格することで獣医師となります。

獣医師の職種

動物園

獣医師は、ワンちゃんの病気を治療する「小動物臨床獣医師」として働くだけでなく、いろんな職種があります。

大動物臨床獣医師

まずは酪農などの畜産関係に携わる「大動物臨床獣医師」です。

一般的には乳牛や肉牛、豚などの畜産に関わる動物の治療を行う獣医師のことで、ただ病気を治すだけでなく、たとえば乳牛なら、いかに美味しい牛乳をたくさん出せるようになるかを研究したりもしています。

臨床獣医師ではありませんが、牛肉や豚肉の安全性をチェックするための獣医師もいます。

また畜産関係ではありませんが、いわゆる競走馬を治療する大動物臨床獣医師もいます。

研究職

また、獣医学や医学の基礎研究を行う獣医師もいます。

一般的には大学や企業の研究所に所属し、お薬の開発や安全性のチェックなどを行っています。

公衆衛生分野

さらには公衆衛生分野や動物園、水族館といった場所でも獣医師は活躍しています。

獣医師の仕事で大変なこと

勉強

このように獣医師の職種はとても広く、獣医師になるための大学での勉強は、それに沿って本当に幅広い分野の勉強が必要です。

また、たとえば小動物臨床獣医師の場合、ワンちゃんやネコちゃんだけでなく、ウサギやハムスター、場合によっては亀などのは虫類を診察することもあるのですが、こういった動物の獣医学までは大学では習わないため、卒業して獣医師になってから勉強することになります。

もちろん、ワンちゃんやネコちゃんの獣医学も日進月歩で進歩していますから、それら新しい知識や技術の習得のため、日々勉強は必要で、どちらかというと獣医師になってからの勉強の方が大変かもしれません。

最後に獣医師になるためには、大学に入って国家試験を受けるための勉強をすることはもちろん、やはり動物のことが大好きで、「何が何でも動物を助けるんだ!!」という強い気持ちも必要です。

逆にそんな強い気持ちを持っていれば、勉強はそんなに苦にはならないはずです。

獣医学はまだまだ発展途上の学問です。

ぜひワンちゃんを始め、動物が大好きな方が獣医師という職業を選んでいただけることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。