”スレッド・ドッグ”(犬ぞり)に使われている犬達の現実

5840view

”スレッド・ドッグ”(犬ぞり)に使われている犬達の現実

お気に入りに追加

スレッド・ドッグに使われる犬達は、過酷な犬生を強いられます。でも、その現実を知っている人たちはまだ非常に少ないです。単に珍しい!と喜んで写真撮ったりして見物している人達の方がきっと多いと思います。どうか彼らの現実を知ってください!

スレッド・ドッグ

日本ではあまりなじみがない言葉ですが、『スレッド・ドッグ』が何を意味するか知っていますか?

”スレッド(sled)”とは、”そり”という意味です。”ドッグ”は”犬”です。
つまりスレッド・ドッグとは”犬ぞり”のことになります。

積雪の深い荒野が広がっている北米では、交通の手段として、犬ぞりは必要とされています。

犬ぞり用の犬達

当然のことながら、犬ぞりには犬が必要です。

1つのそりをひくのに、犬は10匹前後必要となります。

犬ぞりは犬達にとっては、とても過酷な重労働になります。

体力が尽きて、途中で死んでしまう犬達もいます。

昨年はわかっているだけでも、5匹、犬ぞりの途中で死んでしまったそうです。

シーズン・オフ

雪がないシーズンには、犬達は必要ないですよね?

カナダにも夏があります。場所によっては気温は40度近くなります。

犬ぞり用の犬達は、炎天下の中外で鎖でつなぎっぱなしにされています。

その光景を見たら…きっと誰もが言葉を失う事でしょう…

炎天下

日陰もない大地の上で、犬達はチェーンの短い鎖につながれっぱなしになっています。

彼らには犬小屋みたいな筒上の小屋が与えられてはいますが、その中自体が高温になるため、暑さ対策にはまったくなっていません。

知ってほしい

スレッド・ドッグの過酷な現実を記録し続け、改善と廃止を訴え続けている人がいます。

スレッド・ドッグの記録を取り続けている監督のフェイスブック:https://www.facebook.com/SledDogsFilm/

その過酷な現実を止めさせるための署名も集められています。もし、この記事を最後まで読まれて、動画も見られて、活動に同意されれるのであれば、署名をされることも1つの援助になるかと思います。

スレッド・ドッグ反対を求めるための署名活動:https://e-activist.com/page/27249/action/1?ea.tracking.id=facebook

最後に

下記動画は、2018年7月4日にスレッド・ドッグ用の犬たちの収容場所の檻の外から撮影されたものです。檻の向こうには日陰もない炎天下に200頭前後の犬達がいます。この日の気温は摂氏40度近くありました。

あなたはこれを見てどう感じますか?

A look at the kennel conditions at Chocpaw Expeditions...

Please watch and share.

Sled Dogs Filmさんの投稿 2018年7月9日月曜日

※尚、この記事の及び写真&動画の掲載は、SledDogsFilmの承諾を得て行っています。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。