イングリッシュセッターの性格や特徴、しつけや寿命から子犬の価格まで

イングリッシュセッターの性格や特徴、しつけや寿命から子犬の価格まで

イングリッシュセッターは白地に美しい模様が印象的で、狩猟犬としても有名ですが、家庭犬としても人気があります。今回は、イングリッシュセッターの性格や体の特徴、寿命やかかりやすい病気、飼い方やしつけ、子犬の価格など、イングリッシュセッターを家族として迎えるために必要な情報をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

イングリッシュセッターの性格

横向きのイングリッシュセッター

性格

  • 優しい
  • 人懐っこい
  • 賢い
  • 辛抱強い
  • 服従心がある 

イングリッシュセッターは、穏やかで気立てが優しく、人懐っこい性格です。家族の誰とでも仲良くでき、子どもとも相性がよいので、家庭向きの犬と言えるでしょう。猟犬として活躍できる程の賢さや、辛抱強さ、服従心も備えているので、しつけもしやすいようです。

イングリッシュセッターの特徴

ベンチに座る2匹のイングリッシュセッター

大きさ(体重/体高)

体の大きさ

  • 体重:オス 25~30kg、メス 25~30kg
  • 体高:オス 65~68cm、メス 61~65cm
  • 分類:大型犬

イングリッシュセッターのオスの体重は25~30キログラムで体高は65~68センチメートル、メスの体重は25~30キログラムで体高は61~65センチメートルとなり、大型犬に分類されます。大型犬としてはやや小ぶりのサイズで、オスのほうがメスより少し体高が高めです。

被毛(毛色/毛質)

毛色の種類

  • ベルトンカラー
  • ブラック&ホワイト
  • レモン&ホワイト
  • オレンジ&ホワイト
  • トライカラー

イングリッシュセッターの被毛はダブルコートで、春と秋に換毛します。イングリッシュセッターの特徴であるシルクのような長い被毛は、優雅な印象を与えます。

毛色は、「ベルトンカラー」と呼ばれる白地に小さな斑点が見られ、ブラック&ホワイト、レモン&ホワイト、オレンジ&ホワイトなどさまざまなバリエーションがあります。3種類の毛色が入ったトライカラーもスタンダードとして認められています。

体の特徴

イングリッシュセッターは、筋肉に覆われた引き締まった体が特徴です。スポーツ選手のような優美な体つきと評されることもあります。垂れ耳で、やや四角いマズルを持ち、首を伸ばして頭を上げる姿がとても優雅です。

イングリッシュセッターの子犬の価格

イングリッシュセッターの子犬

値段の相場

  • ペットタイプ:15万円前後
  • ショータイプ:20万円以上

イングリッシュセッターの子犬の相場は、15万円程度です。販売されている子犬の種類としては、家庭向けに繁殖されたペットタイプ、ドックショー出場を目指すようなショータイプ、鳥猟犬(ガン・ドッグ)が挙げられます。

ショータイプの値段は、スタンダードに近い要素が多いほど高額になります。ペットタイプの場合でも、両親がチャンピオン犬である場合など、血統によっては高額で販売されることもあります。

イングリッシュセッターの寿命

後ろから撮影したイングリッシュセッター

平均寿命

12~13歳

イングリッシュセッターの平均寿命は、12歳~13歳程度で、大型犬種の平均とほぼ同じです。個体差もありますが、普段からスキンシップを取りながら、体調や精神的な変化に注意してあげるとよいでしょう。

イングリッシュセッターをブリーダーから迎えるには

イングリッシュセッターの群れと家族

イングリッシュセッターの繁殖を行っているブリーダーの数は、あまり多くありません。ブリーダーマッチングサイトを利用し、犬舎の地域を限定せずに探すと出会いの確率が高まるようです。

JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)が開催しているドッグショーを見学に行くのもおすすめです。ブリーダーやオーナーが全国から集まるので、子犬の情報を集めやすく、姿形や健康状態などを直接確かめることができます。

イングリッシュセッターの里親になるには

イングリッシュセッターと人と海

イングリッシュセッターの子犬にこだわらない場合は、里親になることも検討してみてはいかがでしょうか。里親募集サイトには、募集中の犬の情報が掲載されており、トライアルの制度や譲渡会イベントなどもあります。保健所に収容された保護犬を探すことができるサイトもあり、信頼のおける仕組みが用意されています。

イングリッシュセッターの飼い方

横になっているイングリッシュセッター

環境

イングリッシュセッターは屋内、屋外のどちらでも飼育可能ですが、屋内で飼育する場合は十分な広さを確保してください。狭い場所ではストレスをため込んでしまいます。家族の感情や表情を察するのが得意なので、スキンシップやコミュニケーションを大切にしましょう。

運動

イングリッシュセッターは、活発に動き回るのが大好きです。1日2回、1回あたり1時間を目安に、毎日散歩をしてあげてください。広大な土地で長時間スピードを落とさずに走ることができ、優れた運動能力を持った犬種のため、ドッグランで自由運動をさせてあげるのもよいですね。

運動不足はストレスの原因になり、問題行動を引き起こす原因にもなりかねないので、十分な運動が必要です。

しつけ

イングリッシュセッターの群れ

イングリッシュセッターは、賢く、服従心があるので、比較的しつけのしやすい犬種です。生後3ケ月あたりから、さまざまな刺激に慣らし、しつけを始めるとよいでしょう。

日頃からたくさん話しかけるなど、コミュニケーションを十分取ることで、「やってほしい、やめてほしい」ことも伝わりやすくなります。十分な愛情を注いで育て、アイコンタクトを頻繁にしながら、しつけのトレーニングをしてください。

イングリッシュセッターの餌には、良質なタンパク質を適量摂取できるものがおすすめです。ドカ食いを防ぐため、大きめのお皿に入れてあげるとよいでしょう。高カロリーすぎる食事は肥満の原因となり、食後すぐの運動は「胃捻転」になりやすいので、注意が必要です。

お手入れ 

イングリッシュセッターは、長毛種のダブルコートなので、抜け毛が比較的多い犬種です。柔らかく絡まりやすい被毛なので、毎日1回はコーミングを行ってあげてください。

春と秋の換毛期には、アンダーコートが抜け落ちるので、こまめなお手入れが必要です。抜け毛ケアに効果的なシャンプーは、月に1回程度行うと、臭い対策にもなるのでおすすめです。  

イングリッシュセッターがかかりやすい病気

イングリッシュセッターの群れ

先天性難聴

イングリッシュセッターは、遺伝的に先天性難聴が起きやすいと言われています。猟銃の音に動じないことが求められてきたことも関係があるようです。

難聴があっても家庭犬として生活を送ることはできますが、名前を呼んでも振り向かない場合は、耳が聞こえづらい可能性がありますので、動物病院で診察を受けたほうがよいでしょう。

股関節形成不全や肘関節形成不全

大型犬に多いと言われる股関節形成不全は、イングリッシュセッターもかかりやすく、成長期に発症することが多い病気です。予防のためには、成長期に十分な運動をさせたり、太らないよう食事に気を配ったりしましょう。

1歳から2歳の間にレントゲン検査を受けると安心です。また、滑りやすいフローリングにはマットを敷く、滑り止めのワックスを塗るなど、関節に負担がかからないようにするのもおすすめです。

胃捻転

胃捻転も、イングリッシュセッターがなりやすい病気のひとつです。治療が遅れるとショック状態になり、急死することもあるので、注意が必要です。

症状としては、「大量のよだれが出る」「呼吸が苦しそう」「お腹が膨れる」などが挙げられ、手術での治療となります。食事を複数回に分け、食後すぐの運動を避けるなど、胃捻転にならないよう気を配ってあげてください。

遺伝性の網膜障害

イングリッシュセッターは、遺伝的に進行性の網膜障害が起きやすいと言われています。物につまずくような、以前と様子が異なる場合は、眼が見えにくくなっている可能性があります。少しでも気になることがあれば、動物病院で診察を受け、事故が起きないよう生活面でのアドバイスなども教えてもらうとよいでしょう。

アレルギー性の皮膚炎

皮膚病も、イングリッシュセッターがかかりやすい病気のひとつです。アレルギー性の皮膚炎を起こした場合は、早めの治療を心がけましょう。イングリッシュセッターの特徴でもある垂れ耳は、蒸れて炎症が起こりやすいので、定期的に拭いてあげるなどのお手入れをしてあげてください。 

イングリッシュセッターの歴史

狩り中のイングリッシュセッター

イングリッシュセッター(English Setter)とは、14世紀にスペインからイギリスに持ち込まれた、スパニエルを起源とする犬種だと考えられています。獲物を見つけると静かに座り込んで猟師に知らせる犬が現れ、セッティング(座り込む)スパニエルと呼ばれるようになりました。

猟能力の高い2種類のセッターを統合して、19世紀にイングリッシュセッターが誕生します。明治時代に日本に入ってきて以来、優秀な猟犬として猟師に歓迎されてきました。セッター(セター)と呼ばれることもあります。

まとめ

伏せをするイングリッシュセッター

イングリッシュセッターは、猟能力の高いセッターをかけ合わせて誕生した犬種です。猟犬として人間と暮らしてきた歴史があり、優雅な外見や穏やかな性格も人気があります。

イングリッシュセッターをかわいい家族として迎える際は、十分な運動とコミュニケーションを確保し、被毛のお手入れをしっかりしてあげてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 ミンパパ

    我が家にもイングリッシュセッターがいます。
    まもなく14歳になります。
    何度か乳ガンになり、最近は高齢と言うこともあり手術には耐えられないだろうと医師に告げられました。
    狩猟犬なので「怖い」「狂暴」と間違った知識で言ってきた人も少なくありません。
    ですが、記事にもあるとおり甘えんを棒で、人間だけでなく他の犬に対しても唸る行動は一切しませんでした。
    むしろ相手の小型犬に唸られビビってました。
    あとどのくらい一緒に居られるかわかりませんが大事に見守っていきたいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。