イングリッシュポインターの性格と特徴、値段や寿命など

イングリッシュポインターの性格と特徴、値段や寿命など

お気に入りに追加

イングリッシュポインターという名前は聞いたことがあるかと思います。でも、日本ではなかなか見かけない犬種ですよね。イングリッシュポインターは猟犬としてすぐれているだけでなく、家庭犬の資質も備えた素晴らしい犬種です。この記事では、イングリッシュポインターの性格や特徴、歴史までをご紹介します。

4190view

イングリッシュポインターの性格

イングリッシュポインターの横顔

イングリッシュポインターは猟犬ですが優しく安定した性格です。人間に対しては穏やかで、飼い主と一緒にいるのが大好きです。イングリッシュポインターは飼い主家族にも愛情深く接します。

家庭犬としても向いているイングリッシュポインターですが、猟犬らしい賢さと機敏さを備えた犬種でもあります。猟はもちろんのこと、ドッグスポーツなどをさせると、普段の穏やかさとはうってかわってエネルギッシュな一面を見せます。犬と一緒にスポーツを楽しみたい飼い主さんにイングリッシュポインターはぴったりですね。

そして、猟犬であるがゆえにイングリッシュポインターは、飼い主の命令をよく聞く忠実な犬種でもあります。忠実と言われる犬種は、飼い主以外の人に警戒心を抱くことも多いですが、イングリッシュポインターは社交的で、家族以外の人間にもフレンドリーに接します。

散歩のときには、友達がたくさんできるかもしれないですね。

イングリッシュポインターの特徴

屋外に立つイングリッシュポインター

イングリッシュポインターは大型犬に分類され、体高は61cm~69cm、体重は20kg~30kg程度です。イングリッシュポインターはたれ耳で、尻尾は細身で鞭のような感じです。均整がとれた美しい体つきで、しなやかで力強い印象を受けます。

イングリッシュポインターは短毛で、ぶち模様が入ることが多いです。白地に茶系のぶちが入っています。単色もスタンダードとして認められています。短毛なので、お手入れは簡単です。時々ブラッシングしてあげましょう。その代わりイングリッシュポインターは暑さ寒さは苦手です。室温の管理に注意してあげましょう。

イングリッシュポインターはその名の通り、獲物を見つけると姿勢を低くして、前足を曲げて獲物を示す(ポイント)する行動が特徴的です。私の友人の父親が、猟犬としてイングリッシュポインターを飼っていましたが、庭に来るスズメをポイントするという微笑ましいエピソードを聞いたことがあります。

特に訓練したわけではないそうですが、猟に連れて行くうちに、他の犬の行動をまねて、ポインターとしての本能が目覚めたらしいです。

このようにイングリッシュポインターは、狩猟本能が強い犬種でもありますので、イングリッシュポインターと暮らすときにはしっかりと運動させて、体力やストレスを発散させることが大事です。

イングリッシュポインターはストレスをためない限り、無駄吠えも少ない犬種です。1日2回、1回につき1時間程度の散歩に連れて行ってあげましょう。

イングリッシュポインターの価格

イングリッシュポインターの親子

イングリッシュポインターの子犬の価格は20万円程度です。ショードッグでの子犬の場合は、血統が重視されますので30万円ほどと高くなるようです。いずれにしても、イングリッシュポインターはペットショップで販売されることはほとんどありません。

イングリッシュポインターは大型犬のわりには繁殖頭数が少ないため、市場に出回ることがないそうです。そのため、イングリッシュポインターの子犬が欲しい場合は、ブリーダーから譲り受けることになります。

国内に、少ないながらもイングリッシュポインターの繁殖を行っているブリーダーが存在します。専門ブリーダーはいないようですが、猟犬を主に扱うブリーダーがいます。

あるいは、個人でイングリッシュポインターを飼育していて、産まれた子犬の譲り先を探している人もいます。ごくまれにイングリッシュポインターの里親を探している場合もありますので、子犬にこだわらないのであれば、里親サイトを検索してみるのもいいでしょう。

イングリッシュポインターの子犬を探す場合は、ブリーダーにコンタクトをとって、出産状況を教えてもらうことになります。国内での飼育頭数が少ないので、いつでも好きな時に子犬を迎えるというわけにはいきません。あらかじめ犬舎の見学をさせてもらって、信頼できるブリーダーに子犬の予約をしましょう。

イングリッシュポインターの寿命

イングリッシュポインターのシニア

イングリッシュポインターの寿命は12歳~14歳と言われています。大型犬としては、長生きのほうではないでしょうか。もちろん個体差もありますし、飼育環境によっても違ってきますので、あくまで参考程度にとどめておいてください。

大型犬の常として、股関節形成不全には注意が必要です。関節に負担がかからないように、フローリングの床にマットを敷くなどして工夫してあげましょう。

また、イングリッシュポインターは目の病気にかかりやすいと言われていますので、目をこするようなしぐさを繰り返すようであれば、動物病院に連れていきましょう。普段から目の様子を観察することも大切です。

そして先述のとおり、イングリッシュポインターはかなりの運動量を必要とする犬種ですので、日々きちんと散歩に連れて行くことも大事です。ストレスが万病のもとなのは人間も犬も同じです。

ストレスがたまると問題行動を起こしやすくなりますので、十分な運動はイングリッシュポインターにとっても飼い主にとっても幸せに暮らすことにつながります。犬と一緒に屋外で過ごすのは楽しいですよ。

散歩はコミュニケーションの時間でもありますので、十分にイングリッシュポインターと時間をさいてあげてくださいね。

イングリッシュポインターの歴史

獲物をくわえるイングリッシュポインター

ポインターと名のつく犬種で一番有名なのが、イングリッシュポインターです。もとになった犬は、スペインかポルトガルの地犬で、18世紀初頭にイギリスに渡りました。この犬にフレンチポインターやイタリアンポインター、さらにはフォックスハウンドをかけ合わせて、徐々にイングリッシュポインターの原型が作られていきました。

その後、ブラッドハウンドやグレーハウンドの血統を入れて、スピードを増すように改良されました。そして、嗅覚にすぐれ、俊足のイングリッシュポインターが確立しました。猟犬としてとても人気があり、イギリスを代表する犬種のひとつと言われています。

20世紀に入ると狩猟そのものが少なくなったため、イングリッシュポインターはショードッグとして活躍するようになりました。ポイントする美しい姿が愛され、同時に猟犬としての荒々しい性質を抑える方向でブリーディングされていきます。

今でも猟犬として活躍するイングリッシュポインターもたくさんおり、ショードッグや家庭犬の系統と2つに分かれていると言っていいでしょう。

まとめ

屋外を駆けるイングリッシュポインター

イングリッシュポインターは、家庭犬としても猟犬としてもすぐれた資質をもった犬種ですね。見た目も美しく、飼い主さん自慢の愛犬になるのではないでしょうか。

イングリッシュポインターと暮らすときは、きちんと運動させることが大事です。もとは猟犬だったことを忘れずに、十分にエネルギーを発散させてあげてくださいね。

もちろん、猟犬として仕事をさせることもできますので、狩猟をする飼い主さんも満足できる犬種だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。