コトンドテュレアールの性格と特徴、値段や寿命など

コトンドテュレアールの性格と特徴、値段や寿命など

お気に入りに追加

コトンドテュレアールという犬種について、飼い主の皆さんは聞いたことがありますか。私は長い間、犬を飼っていましたが、コトンドテュレアールという犬種についてほとんど知りませんでした。実際に調べてみると、コトンドテュレアールには魅力的な点がたくさんある犬種だということが分かりました。

1906view

コトンドテュレアールの性格

草原のコトンドテュレアール

コトンドテュレアールの性格は愛情深く飼い主に従順であり活発でいたずらが大好きという愛玩用の犬種に多く見られる性格を保有しています。

コトンドテュレアールは人懐っこい一面があるので、初心者さんであっても難なく飼うことができると考えられます。しかし一方で、活発な性格故に落ち着きがない点がコトンドテュレアールの欠点です。したがってきちんと躾を行わないと、ただ騒がしいだけの困った犬になってしまいます。

適した躾を行えば、コトンドテュレアールが本来持っている警戒心と上手くマッチして、番犬としての役割も果たしてくれます。コトンドテュレアールは愛玩用の犬種ではありますが、留守を守ってくれるまで立派に成長する可能性を秘めています。たいへん頼もしい犬だと感じられました。

コトンドテュレアールの特徴

コトンドテュレアール

コトンドテュレアールの特徴は以下のようになっています。

  • 体高25~30センチ
  • 体重5.5~7キロ
  • 被毛はシングルコート
  • カラーはホワイトかミルク

コトンドテュレアールは体高が最高でも30センチ程度、体重が最高で7キロが平均とされているため、コトンドテュレアールは小型犬に分類されます。

コトンドテュレアールは垂れ耳が特徴的で真っ白な体毛がチャームポイントとなっているので、白熊のぬいぐるみのような愛らしさを感じます。特に自慢の被毛は綿花のような柔らかな肌触りをしているので、コトンドテュレアールを抱きしめると心地よい感覚を楽しむことができます。

コトンドテュレアールの値段

コトンドテュレアール子犬

コトンドテュレアールの値段は14万円程度です。しかし、コトンドテュレアールをペットショップなどの店舗で見かけたことがありません。

日本ではコトンドテュレアールは、繁殖しているブリーダーが極めて少ないため、流通していないと考えられるからです。そのため、コトンドテュレアールを飼いたいのであれば、輸入で手に入れるしか手段がないのが現状です。特にコトンドテュレアールの子犬は価値が高く、コトンドテュレアールの平均価格相場よりも14万円を超える場合もあります。

コトンドテュレアールの寿命や病気

伏せるコトンドテュレアール

コトンドテュレアールの平均寿命は約14年から16年とされています。小型犬の中でも長生きできる犬種だということになります。もちろん、生活習慣や食生活に気を配っていれば16年よりも長生きする可能性が高まります。

しかしコトンドテュレアールには、親犬から遺伝する病気に罹患する可能性が高いです。その病気の名前は「進行性網膜萎縮症」という病気です。コトンドテュレアールの網膜が萎縮して正常な働きをしなくなる病気で、最終的には失明してしまう病気です。予防法も治療法も確立されていないため、コトンドテュレアールとその飼い主にとって避けては通らない病気であると考えられます。

またコトンドテュレアールは、膝蓋骨脱臼症や、股関節形成不全などの足に関わる病気に罹患しやすいです。足に負担を掛けないことによって予防策が取れるので、カーペットやじゅうたんなどを敷いて安全な環境を整えてあげましょう。

コトンドテュレアールの歴史

風を受けて走るコトンドテュレアール

コトンドテュレアールの起源は16世紀から17世紀に海賊たちがマダガスカルに持ち込んだ犬が最初であると言われています。その後、マダガスカルのテュレアールと呼ばれる港町に、元来存在した犬と交配を繰り返して現在のようなコトンドテュレアールになったと伝えられています。

1960年代後半に、ヨーロッパを中心に輸入取引が行われた後、1970年にはフランスで公認の犬種となりました。1972年にはFCIの公認も受けてコトンドテュレアールは知名度を上げていくのですが、やはり希少価値が高い犬なので、まだまだコトンドテュレアールの存在を知らない人も多いです。

まとめ

飼い主と走るコトンドテュレアール

コトンドテュレアールは一目見ると忘れられないくらいの白い被毛が特徴であり、チャームポイントのひとつです。社会性があり、順応性も高いという点が現代社会にマッチしている犬だと考えられます。

しかしコトンドテュレアールは、世界的にまだ知名度が低く、日本では手に入れられない犬種であるという点が最大のデメリットです。日本で流通しなければ、実際はどのような犬なのかを確認できないのは、飼い主としては不安要素となります。

今後コトンドテュレアールの輸入が活発になれば、より多くの飼い主がコトンドテュレアールの存在を知ることができるので、多くのブリーダーにコトンドテュレアールの知名度を上げてもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。