犬の血便がゼリー状だったときの原因と症状別の対処法

【獣医師監修】犬の血便がゼリー状だったときの原因と症状別の対処法

飼い主の皆さんは、毎日犬の便の状態を確認していることと思いますが、ある日ゼリー状の血便が出たらびっくりしますよね。私も愛犬が1歳前後の時、血便ではなかったもののゼリー状の便をしたのを見て「これは何?」と思いました。この記事では、犬の血便がゼリー状だった時に考えられる病気や対処法をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の血便がゼリー状でも心配ない場合

にっこりしているチワワ

犬の便がゼリー状で血が混じった血便となると、大変な病気ではないかとあわてる飼い主さんが多いかと思います。私の愛犬もゼリー状の便をしたことがあり、思わずまじまじと見つめてしまいました。

犬がゼリー状の血便をしても血の量が少なく、食欲もあって元気な場合は、一過性のものだと思われます。その時はあわてずに数日様子を見てみましょう。

犬の便がゼリー状になるのは、何らかの理由で腸の粘膜が一気にはがれ落ちるせいです。通常の時でも、腸の粘膜は少しずつはがれて便と一緒に排出されていますが、下痢のあとや誤飲、腸の炎症などの理由で一度にはがれてしまうことがあります。そのせいで、プルンとしたゼリー状の血便になるのです。

犬のゼリー状の血便を見たことがない方にはピンとこないかもしれませんが、プルンとした粘膜のようなものに便が包まれていて、一目でいつもの便ではないとわかります。

犬の血便がゼリー状で血の量が少ない場合

お尻を上げたブルドッグ

犬の血便がゼリー状で少量の血が混じっていて、血の色が赤やピンクの場合、犬の直腸や肛門付近に傷がついていると考えられます。つまり、真性の血便ではなく、血が混じっていて血便に見えるということです。このような場合、ゼリー状の血便をする前に、犬の便が固くなかったか思い出してみましょう。

水分が少ない便をしたせいで、直腸や肛門付近に傷がつき、便に血が混じっている血便の可能性があります。また、消化不良で同じ症状として血便が見られることもあります。このような時は、犬に消化のいい食べ物を与えて様子を見て、回復するようなら問題ありません。

犬の下痢が続いた後に、ゼリー状の血便が見られることもあります。この場合は、大腸性の下痢により、腸の粘膜がはがれて少量の血が混じっている血便が考えられます。原因は犬のストレスであることが多いので、下痢をするようになる前に、環境の変化がなかったかどうか考えてみましょう。

引っ越しや飼い主の生活リズムの変化など、人間にとってはどうということのない変化でも、犬にとっては大きなストレスになります。こういった時に犬は大腸性の下痢により、一時的にゼリー状の血便をすることがあります。

下痢が続くと犬の体に負担がかかりますので、この場合は獣医さんの診察を受けましょう。このとき犬の腸内のバランスをとる薬が処方されますので、薬を飲ませて犬の様子をよく観察する必要があります。

犬の血便がゼリー状で血の量が多い場合

診察を受ける柴犬

犬の血便がゼリー状で、赤い血が全体的についている場合や、血の色が黒っぽい場合は、犬の小腸から出血していることが考えられます。小腸から出血しているときは食欲の減退や下痢、嘔吐といった症状も併発することが多いです。

小腸からの出血で、犬の血便がゼリー状になる場合は、胃腸に問題が起きていることが多いです。他にも犬に寄生虫や感染症などが原因で引き起こされていることもありますので、動物病院で犬の検査を受けて、原因を特定する必要があります。

また、犬の血便がゼリー状でイチゴジャムのような赤黒い便の場合は、出血性胃腸炎が疑われます。この場合は、犬の消化器でかなりの出血が起きていますので、放っておくとショック症状に陥るかもしれません。すぐに動物病院に連れて行きましょう。

犬の血便がゼリー状で嘔吐を伴う場合

嘔吐する犬

犬は人間に比べて吐きやすい生き物ですが、他の症状を伴って嘔吐する時には、病気を疑う必要があります。特に犬のゼリー状の血便に加えて嘔吐が見られる場合、感染症が疑われます。

犬の血便がゼリー状で嘔吐を引き起こす主な感染症には、次のようなものがあります。

  • パルボウイルス
  • コロナウイルス
  • ジステンパー

これらの感染症は犬の混合ワクチンで防ぐことができますが、ワクチン接種をしていない場合は罹患してしまうことがあります。いずれも有効な治療法はなく、最悪の場合死に至ることもあります。犬の脱水を防ぐための治療と、他の感染を防ぐための隔離が行われて、回復を待つことになります。

中でもパルボの場合は激しい嘔吐を伴い便がゼリー状の血便や血のような便になり、症状が激烈です。また、ジステンパーの場合は風邪のような症状から始まります。目やにや膿性の鼻汁が伴います。

もし犬のワクチン接種をしておらず、ゼリー状の血便と嘔吐が見られる場合は、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

犬の血便がゼリー状で付着したタール便の場合

ぐったりするシュナウザー

犬のタール状の便とは、その名の通りアスファルト舗装をする時に使われる、黒っぽくて粘り気があるタールのような便です。

犬のタール便にゼリー状の粘液がついている場合は、血便かどうかに関わらず動物病院で診察を受けましょう。犬がタール便をする時は、胃や十二指腸でかなりの出血が起こっています。胃ガンや十二指腸潰瘍、あるいは寄生虫の疑いがあります。

シニア犬のタール便に、ゼリー状の物質が混じった血便をした場合、特に胃などの消化器官に問題を起こしていることが多いです。すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

まとめ

うんちをする白い犬

犬がゼリー状の血便をしたらどんな飼い主さんも驚いてしまうと思います。その症状を紹介したように、一過性の症状であることから緊急性の高いものまで幅がありますので、まずは落ち着いて犬の様子と便の状態をよく確認しましょう。

ゼリー状の血便をしても犬がけろりとしている時は、様子を見てもいいですが、犬が嘔吐やその他の症状を伴っている場合は、もしかしたら緊急性の高い病気にかかっているかもしれません。その時は、迷わず犬を動物病院へ連れて行ってあげてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 月光

    なかなかトイレを覚えずトイレトレーニングに苦労しました。しかしある日トイレシートから隣の部屋までポタポタと赤い液体が続いていて、一瞬では下痢便だとは気が付かず、私のベッドの上の布団まで血便で汚れていたときには、普段私のベッドの上で寝ている愛犬が具合が悪い中トイレシートまで頑張っていったのだなとなんだかかわいそういなってしまいました。数日下痢症状が続き、病院で処方された薬を飲みながらもうどこでもしていいよ、という気持ちになっていました。いつも通りの健康的な排便があったときは、こんなにも犬の便にありがたさを感じたことはありません。健康のバロメーターはやはり便なのですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。