犬はいちじくを食べても大丈夫?アレルギーや中毒の症状、食べた時の対処法まで

犬はいちじくを食べても大丈夫?アレルギーや中毒の症状、食べた時の対処法まで

犬にいちじくを与えてはいけないという話を聞いたことはありませんか?いちじくは犬が食べてはいけない果物です。いちじくにはとても強力な消化酵素が含まれており、犬にとって有害な中毒物質が含まれているからです。ここではいちじくの持つ有毒性や、犬が誤って食べてしまった場合の対処方法について紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

いちじくは犬が食べてはいけない果物

いちじく

いちじくは犬に与えてはいけない危険な果物です。犬にとって有害な中毒物質を含み、アレルギー反応を引き起こすこともあります。

特にいちじくの茎や皮には、ソラレンやフィシンと呼ばれる中毒物質が含まれています。生の状態だけでなく、加熱した物やドライフルーツも危険です。

いちじく自体を与えなかったとしても、人間のお菓子の中に含まれていたりすることもあります。
そのお菓子を犬が誤飲してしまった場合、中毒症状などを起こす可能性がありますので、犬の届かない場所に置くようにしましょう。

いちじくに含まれる危険な成分と中毒症状

注意の看板を持ったパグ

ソラレン

ソラレンとは光に反応する物質で紫外線を吸収しやすく、日焼けやシミ、そばかすの原因となります。この物質は他の果物や野菜にも含まれていますが、いちじくは含有量が多い果物の1つです。

犬がソラレンを大量に摂取してしまうと、下痢や嘔吐などの症状や、脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。多量に摂取してしまうと命を脅かすトラブルに発展することもありますので注意しましょう。

フィシン

フィシンとはタンパク質分解酵素で、犬にとっては危険な成分ですが、人間にとっては消化不良予防や消化促進に効果があり、二日酔いに良いと言われています。

フィシンとはタンパク質分解酵素で人間にとっては消化不良予防や消化促進に効果があり、二日酔いに良いと言われていますが犬には危険な成分です。

いちじくは不老不死の果実と呼ばれ、美容やダイエットに良いとされていますが、中含まれているソラレンとフィシンなどの酵素は人間が食べても舌が痺れて苦手な方もいるほどです。

特に茎や葉から出る白い汁にはフィシンが多く含まれ、毒性が強いので犬だけでなく、人間も痒みやかぶれなどの皮膚トラブルを起こす場合もあります。

犬に現れるいちじくのアレルギーの症状

アレルギーを持つ犬は少なくはありません。特に子犬や高齢犬、体調が悪い犬の場合、アレルギーがなくても、食べたことによって症状が出る可能性があります。

  • 嘔吐
  • 口の粘膜を刺激する
  • 口内炎
  • 大量のよだれ

アレルギーによって口の中の粘膜を刺激されることから、大量のよだれが出たり、口内炎が起こったりします。

口内炎による痛みや違和感からご飯を食べることができなくなり、水も飲みたがらなくなることもあり、長く続くと脱水症状に陥ります。

また、アレルギー反応を引き起こすと嘔吐や下痢、じんましん、目の充血があらわれます。重篤になるとアナフィラキシーショックを起こし、命に関わる危険な状態になります。

食べてしまった場合の対処法

病院で診察を受ける犬

無理矢理吐かせるのはNG

誤って犬が食べてしまった場合、無理に吐かせたり、大量のの水を飲ませる行為は危険です。

食べた量にもよりますが、ごく少量を口にしただけであればすぐに中毒症状が現れることは少なく、犬の中には食べてもケロッとしている子もいます。

塩水を飲ませたり、口の中に手を入れて無理に吐かせたりすると気管や食道を傷つけてしまう可能性があります。まずは焦らずに口の中に残っているものを出して、様子をしっかり観察しましょう。

すぐに動物病院に連れて行く

犬の様子を見て少しでも様子がおかしい場合は動物病院に行きましょう。アレルギー反応を引き起こすと危険な状態のため、早急な治療が必要です。

アレルギー反応がなくても誤食した場合は、動物病院に連絡し、獣医師の指示を仰ぐことをおすすめします。また、犬がどのくらい食べてしまったのか、食べた後の様子などを詳しく伝えることでスムーズに診察を行えます。食べ残しを持って行くのも良いでしょう。

飼い主にできる対処方法

キッチンの上を気にするダルメシアン

犬が届かない所に保管する

誤飲をされたら困るものや、犬が盗み食いしやすいものは犬の手の届かない戸棚や、引き出しの中にしまうようにしましょう。少しの時間でも目を離した隙に愛犬が食べてしまっては後悔しかありませんので、必ず届かないとことに保管しましょう。

食べた後の皮や実は落とさない

飼い主が食べた後の皮や種が床に落ちて犬が食べてしまった!という事故もあります。床に落としたり、ゴミをそのまま放置することのないよう注意をしましょう。

飼い主が食べた後は手を洗ってから犬に触れる

犬の個体差にもよりますが、有毒な成分が少量でも体内に入ると中毒を引き起こす場合もありますので触ったり食べた後は、しっかりと手を洗い、成分を洗い流してから愛犬に触れるようにしましょう。その心がけが愛犬の命を救うことに繋がります。

他にもある?与えてはいけない果物

犬にとって危険な食材とシーズー

  • ぶどう
  • プルーン
  • ざくろ
  • レモン
  • ドライフルーツ

ぶどうは犬にとって中毒性のある食べ物だというのが最近の研究で解明されています。最悪の場合は死に至る可能性もありますので、生のぶどうややレーズンなどは与えないようにしましょう。

また、柑橘類に含まれるリモネンは犬にとって中毒の原因となりますので与えないようにしてください。

与えても大丈夫な果物

フルーツが入ったカゴを咥える犬

  • りんご
  • バナナ
  • いちご
  • みかん

犬に与えても良い果物としてよく紹介されているのが「りんご」です。
りんごには抗酸化作用がある他、食物繊維も豊富なため便秘にも良いといわれている果物です。すりおろしたものやみじん切りにしたものを与えるのがおすすめです。

甘くて美味しいバナナも犬におすすめです。
カリウムが豊富に含まれているため利尿作用が期待できる他、少量でも腹持ちが良くおやつとして最適と言われています。ただし、糖分が多いので与えすぎには注意をしてくださいね。アレルギーを起こす場合もあるので、初めて与えるときは少量から始めてください。

梨は90%が水分でできているので水分補給に最適な果物として優秀です。
さらに老廃物を排出してくれるデトックス効果も期待できるだけではなく血圧を下げる効果もあるのだとか。ただし糖分多いため、与えすぎには注意が必要ですが、おやつ代わりに時々与えるのであればおすすめです。

与えすぎは下痢など起こすこともありますので少量にするほうが良いでしょう。これらは与えても良い果物ですが、率先してあげて良いものではありませんので注意をしましょう。

まとめ

舌なめずりをするダックスフンド

犬は人間よりも身体が小さく、アレルギー症状などを起こしてしまうと重篤になる可能性も多いのです。人間でも皮膚トラブルやアレルギー反応を起こす場合もあります。

いちじくだけでなく、犬に与えると危険な食べ物や果物は意外と多く存在し、あまり知られていない物もあります。知らずに与えてしまうと、少量であっても命に関わる重篤な症状を引き起こす可能性があります。

捨てたはずの食べ残しや皮でも、犬はイタズラしてゴミ箱からあさって食べてしまうこともありますので、後処理はきちんと行い犬を危険から守りましょう。

また、あげるつもりはなくても、人間用に加工された食品は、犬が中毒を起こす危険な食材が知らず知らずのうちに入っている場合もありますので与えないように心がけましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 EHA

    私は毎朝ドライいちじくをヨーグルトに入れて食べます。いちじくは女性の体に良いと
    聞いてから、毎日少しずつ食べるようにしています。愛犬も一緒に暮らしていますが、
    いちじくをあげてみよう!と思ったことはありません。そんなに害の無さそうな果物で
    すが、犬にとっては毒になるとは怖いと思いました。いちじくを食べた時に起こる症状
    も怖いですね。気を付けたいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。