犬が飼い主を怖がるようになってしまう4つのNG行為

犬が飼い主を怖がるようになってしまう4つのNG行為

お気に入りに追加

自分の顔を見ると愛犬が怖がって逃げたり震えたりするのは、飼い主さんにとってとても悲しく、ショックなことです。また、愛犬が飼い主さんを怖がっていては、よい信頼関係を築くことも、うまくしつけを行うこともできません。この記事では、犬が飼い主を怖がるようになってしまうNG行為についてご紹介します。愛犬に怖がられる飼い主にならないために、ぜひチェックを!

26677view

愛犬に怖がられる飼い主にならないためには?

隙間から覗く犬

愛犬に愛される飼い主になって、愛犬とは相思相愛の関係でいたい。そう願う飼い主さんにとって、愛犬に怖がられてしまうのはとてもショックなことでしょう。

しかし愛犬は、理由もなく飼い主さんを怖がるようになったりはしません。生活の中で愛犬にしている些細な行為によって、そうなってしまうのです。愛犬に怖がられない飼い主になるためには、「犬が怖がるNG行為」を知り、それを行わないように気を付ける事が大切になってきます。

それでは、どのような行為が、愛犬から怖がられるNG行為になってしまうのでしょうか?
犬が飼い主を怖がるようになってしまうNG行為を、4つご紹介していきます。

NG行為①体罰を与える

グーパンチ

愛犬がいけないことをしたときは叱る必要がありますが、叱るときに叩くなどの体罰を与えてはいけません。

愛犬に体罰を与えて叱っても、愛犬はどうして叩かれているのか分からないため、飼い主さんへの信頼を失くし、飼い主さんを怖がるようになります。飼い主さんが接触しようとすると、逃げたり噛んだりするようになることもあります。

愛犬がいけないことをしたときは、感情的に叱ったり体罰で恐怖を与えてしまったりするのではなく、「ダメ」「ノー」「イケナイ」など短い言葉で叱るようにしましょう。

NG行為②時間が経ってから叱る

時計と犬

例えば、飼い主さんが帰宅したら愛犬が粗相をしていた時や、家の中を荒らしていた時に、カッとなって「どうしてこんなことしたの!ダメでしょ!」と、くどくどと叱りたくなるかもしれません。

しかし、時間が経過してからいくら叱っても、愛犬には何で叱られているのかが分からず、怖い顔をして怒鳴る飼い主さんへの恐怖心だけが残ります。

犬を叱るときは、望ましくない行動をしたそのときに、望ましくない行動をしたその場所で叱らないと意味がない上に、飼い主さんを怖がるようになってしまう可能性があるのです。

NG行為③しつこくかまう

抱きしめられる犬

愛犬がかわいいあまりに、「ずっとなでていたい」「ずっと抱っこしていたい」と思う飼い主さんは多いでしょう。しかし、しつこくかまいすぎるのはNGです。

愛犬とのスキンシップは大切なことですが、愛犬にも眠いときや疲れているときなど、そっとしておいてほしいときがあるのです。また、なでられることや抱っこされることがあまり好きではない犬もいます。

愛犬は「もう触ってほしくない」と思っているのに、飼い主さんがしつこくかまい続けてしまうと、愛犬はそれを不快に感じます。そして愛犬の性格によっては不快を通り越して、しつこくしてくる飼い主さんを怖いと感じてしまうこともあります。愛犬が嫌がるしぐさに気づいてあげて、しつこくかまいすぎないように気をつけましょう。

NG行為④酔っているときにかまう

ビールで乾杯

酔った状態の人は声や動作が大きくなりがちですが、犬にはそれが酔っているせいだとは分かりません。ですから、普段穏やかな飼い主さんが酔って大きな声で話しかけてきたり、ギュッと抱き締めてきたりすると、愛犬は不安や恐怖を覚えます。

そして、酔っていつもと様子の違う飼い主さんに何度もかまわれているうちに、酔っていないときでも飼い主さんを怖がるようになることもあります。

そもそもアルコールのにおいが苦手な犬は多いですし、酔った人はしつこくもなりがちですので、酔っているときは愛犬に近づかないようにしましょう。

まとめ

人にキスする犬

いかがでしたか?ご紹介したNG行為のうち①は意識して行っていない飼い主さんが多いかと思いますが、②~④はうっかりやってしまいがちな行為ではないでしょうか。

飼い主さんの気持ちを押し付けるのではなく、愛犬の気持ちも汲み取って行動することが大切です。

どんなに飼い主さんが愛犬を愛していても、愛犬に怖がられてしまっては飼い主さんの思いは空回りするばかりです。愛犬が飼い主さんを怖がるようになってしまうNG行為は避けて、愛犬とは相思相愛で幸せな毎日を送り続けたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。