犬の散歩の時間は決めないほうが良いと言われる3つの理由

犬の散歩の時間は決めないほうが良いと言われる3つの理由

お気に入りに追加

あなたのお家では、愛犬のお散歩の時間はどうしていますか?キッチリと時間を決めているご家庭、その日によって時間はまちまちなご家庭・・・様々だと思います。この記事では、散歩の時間は決めないほうが良いという視点から「犬の散歩の時間は決めないほうが良いと言われる理由」を3つご紹介していきます。是非、チェックしてみてくださいね!

5838view

散歩の時間は決めないほうが良い理由1:要求吠えにつながる

リードを咥える犬

例えば毎朝6時に散歩に行くことが習慣になってしまった場合、飼い主さんの休日や体調不良の日も関係なく、朝早くからお散歩に行くことになります。

犬には曜日の違いは分かりませんし、今日は休日だから朝はゆっくりしようと思っていても、「なんで今日は散歩に連れて行ってくれないの?」と犬は不思議に思います。

散歩の時間が決まっていなければ、「今日はいつ行くのかな!?」とワクワクして待っているかもしれませんが、お散歩に行く時間がきっちりと決まっていて習慣になっていれば、「時間だよ!!早く連れて行って!!」と飼い主さんを呼ぶため無駄吠えをするようになってしまう場合が多いのです。

散歩の時間は決めないほうが良い理由2:犬にストレスになる

外を眺める柴犬

理由1でも触れましたが、散歩の時間を決めてしまった場合、犬はずっと「まだかな?まだかな?」と待ち続け、散歩の時間になっても行かなければ、連れて行ってくれないことに対してストレスを感じてしまいます。

私たち人間も、連絡なく待たされるのにはストレスが溜まりますよね。犬も全く同じです。散歩の時間を決めていなければ、犬も自分のしたいことをしながら余裕を持って待つことができます。

散歩の時間はいつが良いの?

散歩の時間を決める基準になるのが「気温」です。
犬にとって外気温は大きなストレスの要因となります。「何時になったから行く」ではなく、冬だったら暖かい昼間、夏ならば涼しい早朝又は夜のように気温を目安にしてお散歩に行くことができれば、犬への身体的な負担を少なくすることが出来ます。

特に、真夏の炎天下での散歩は最悪の場合死にもつながります。季節に合わせて、適切な時間帯に、飼い主さんとワンちゃんがお互いに快適なお散歩ができるようにしたいですね。

散歩の時間は決めないほうが良い理由3:より安全に散歩できる

散歩するゴールデンレトリバー

大雨、大雪、強風、雷・・・など天候は日によって変わります。もし散歩の時間をきっちり決めていて、その時間に散歩に行けるような天候ではないとき、人間なら仕方がないと諦めがつくかもしれませんが、犬にとっては違います。

多くの犬は危険性を考えて判断するよりも、「散歩に行く時間だから」と体感&直感で散歩に行きたいと思うのです(犬の体内時計は驚くほど正確ですよね)。

また、いつもの散歩道が工事をしていたり、土砂などによりとても歩けるような状況でなかったりしたとき、人間は散歩に行けないと判断しますが、犬の場合はそこまで判断することは出来ませんよね。このような状況になった場合は、犬と飼い主さんの思考は異なるので、散歩に行く時間を決めておくと犬にストレスを与えてしまいます。

おわりに

女性と散歩するプードル

いかがでしたでしょうか。犬の散歩の時間は決めないほうが良いと言われる理由を3つ挙げましたが、どれも愛犬のことを考えると納得できるものではないでしょうか?

もちろん、散歩の時間を決めたほうが上手く行く性格のワンちゃんもいるでしょう。その子に合わせたルールや対応をしてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。