犬の散歩をしないことにより起こる4つのリスク

【獣医師監修】犬の散歩をしないことにより起こる4つのリスク

お気に入りに追加

「忙しくて時間がないから」「愛犬が散歩嫌いだから」「老犬だから」「小型犬だから」などといった理由で、あまり愛犬の散歩をしていないという飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、犬にとって散歩は重要な意味を持っており、散歩をしないことによってリスクが生じます。この記事では、そのリスクについてご紹介します。

51528view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

愛犬の散歩をしないとどうなるの?

犬の散歩

犬を飼うと、愛犬との散歩が日課になります。飼い主さんにしてみれば、負担に感じることもあるかもしれませんが、散歩を一日の楽しみのひとつにしている犬は多いでしょう。そして散歩は、犬の心身を健康にするために重要とされています。

では、散歩をしないとどのようなことが起こるのでしょうか?愛犬の散歩をしないことで起こるリスクについてご紹介していきます。

リスク①運動不足になる

運動不足

散歩をしないと犬は運動不足になり、運動不足は肥満の原因になります。肥満になると、心臓に負荷がかかったり糖尿病、骨や関節の病気などさまざまな体のトラブルを招きます。

また、散歩によってエネルギーを発散できないと、その有り余るエネルギーを発散させるために破壊行動や無駄吠えなどといった問題行動を起こすこともあります。

犬種によっては、家の中で動き回るだけで運動量が足りてしまう犬もいますが、②~④のリスクは避けられません。

リスク②社会性が身につかない

しつけ

散歩では、家族以外の人や他の犬と出会ったり、さまざまな音や物、におい、風景などの刺激に触れたりすることができます。そして、そういった外の刺激に触れ、その刺激に少しずつ慣れながら社会性を身につけていきます。散歩は、犬に社会性を身につけさせる絶好のチャンスなのです。
わんちゃんにも子犬の時期に社会化期というものがあり、そこでどれだけの刺激に触れたかでその社会性に違いがでてくる可能性があることがわかっています。もちろん大人のわんちゃんも、人もそうですが、環境に慣れるということは社会性にとっても重要ですよね。

あまり散歩に行かないと犬は社会性を十分に身につけられず、警戒心が強くなる場合があります。そのためちょっとしたものにも吠えたり怯えたりするようになったり、家族以外の人や他の犬に対して攻撃的になるなどといった問題行動が目立つようなる可能性があります。

きちんと社会性が身につかずに、人間社会の中で生活しづらくなってしまうのは、犬にとって不幸なことです。

リスク③ストレスが溜まる

伏せる犬

一日の大半を家の中や庭で過ごす犬にとって、散歩はいい気分転換になります。

散歩に行かずに同じ場所ばかりで過ごしていると、刺激が少なくストレスが溜まります。ストレスは万病の元であり、ストレスが引き金となって

  • 脱毛症
  • うつ病
  • 肢端舐性(したんていせい)皮膚炎
  • 下痢
  • 嘔吐

などといった病気やトラブルが生じる恐れがあります。
もちろんこれらの異変を引き起こすのはストレスだけではありませんので、何かおかしいなと思ったら病院に連れて行きましょう。

リスク④老化が進行する

老犬

愛犬が高齢になって足腰が弱くなると、「かわいそうだから、もう散歩に行くのはやめようかしら?」と考える飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。ですが、散歩へ行かないとますます筋力が衰え、関節も弱くなり、さらに老化が進行してしまう可能性があります。

また、外にはにおいや音などさまざまな刺激があり、その刺激が犬の脳を刺激します。散歩に行かないと脳が刺激されず、認知症につながりやすくなります。

年を取っても、犬にとって散歩は大切なものなのです。 歩くのが大変そうであれば、抱っこしてお外を散歩させたり、カートなどにのせて散歩するのも一つです。地域によっては、わんちゃんのリハビリのためにプールなどを設置されている病院さんもありますので、獣医師と相談して体調がよければそのような施設を利用するのも一つです。

どのくらいの時間散歩したらいいの?

散歩

散歩をしないことで起こるリスクを考えると、できる限り愛犬を散歩へ連れて行ってあげたいですね。ですが、運動のしすぎは体に負担をかけてしまいます。愛犬にはどのくらいの時間散歩してあげたらいいのでしょうか?

犬の体格による散歩時間の目安

散歩時間の大体の目安として

  • 小型犬:朝夕各15~30分程度
  • 中型犬:朝夕各30~40分程度
  • 大型犬:朝夕各1時間程度

と言われている場合もありますが、時間はあくまでも目安であり特に決まっていません。小型犬でも多くの運動量を必要とする犬種もいますし、年齢によっても必要な運動量は変わってきます。ですから、適切な散歩時間は犬それぞれ異なります。

愛犬に適切な散歩時間は?

愛犬に適切な散歩時間は、散歩から帰ってからの愛犬の様子が目安になります。

程よい疲れ具合で、家に帰って少ししたらうとうと眠り始めるようなら、それが適切な散歩時間です。家に帰ってからも元気に動き回っているようなら散歩時間が短く、ぐったりしているようなら散歩時間が長すぎるのかもしれません。

愛犬の様子を見ながら、適切な散歩時間を見極めてあげましょう。

まとめ

犬と飼い主

犬の散歩をしないことで起こるリスクを理解すると、散歩がいかに愛犬の心身を健康にするために重要であるかかがよく分かります。ドクター・ストップされていないのであれば、愛犬の健康と長寿のために散歩へ連れて行きましょう。

ほとんどの犬が飼い主さんとの散歩の時間を楽しみにしています。愛犬に話しかけるなどコミュケーションを取りながら散歩をして、愛犬との絆や信頼関係を深めていきたいですね。

愛犬との散歩の際は、リードを着用する、排泄物の始末をきちんと行うなどといった散歩のルールーやマナーをしっかりと守りましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    道がぬれていると散歩に行きたがらないのですが、どうすれば良いでしょうか。これから冬に向かい積雪もあるので、ほとんど散歩できなくなります。犬種はマルチーズで2歳です。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    動物医療を16年している者です。
    お散歩よりも雨に濡れるのが嫌なのでしょうマルチーズの様な小型犬は真冬の寒い時期の散歩で身体が冷え切ってしまいますかえって体に悪いです

    毛も密に無い犬種ですしその上 裸足。人と違い寒さをしのげるダウンコートも着てませんし。

    もともと狩猟の為の犬ではなく愛玩犬ですのでお散歩を本人が嫌がる時はお散歩の時間をお家で遊んだりブラッシングしたりわんちゃんと仲良くする時間にしてはいかがでしょう

    ご自身も私も寒い時や雨の日は外に行くのは嫌だなぁということありますよね(^^)
    わんちゃんも同じです嫌がるのを無理に連れ出さなくとも良いのです

    わんちゃんも人もそれぞれです犬のお散歩は毎日するものなんてお散歩神話です

    わんちゃんと暖かいお部屋で楽しい時間を過ごして下さいませ
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家のパピチワはお散歩が嫌いで、「おさんぽ」と聞くと寝たふりするほどです…苦笑
    私はもっと一緒にお散歩に行きたいので困っています。
  • 投稿者

    20代 男性 こたろう

    ちょうど社会性を身につける時期に、強引に動物病院へ連れていったせいか外に出るのを嫌がり、成犬になった今でも散歩に行きたがりません。愛犬を臆病な性格にしてしまった事をとても申し訳なく思っています。改善するにはトレーナーさんに相談した方が良いのでしょうか?
  • 投稿者

    女性 匿名

    2才になる小型犬です。
    社会性を身につけようと外出し散歩していた幼少期、やんちゃ系の犬と出くわし、マウンティングもされ、以来、うちの子は外が嫌いになりました。
    外に行こうと声をかけると、ハウスに逃げ込み出てきません。無理やり連れ出した夜は嘔吐します。
    外では尻尾は下がり、歩きません。
    食べ物にも釣られません。
    帰りたい!と足元に絡みつき助けを求めてきます。
    広い庭があるので、そこなら尻尾は上がりっぱなしで大丈夫みたいで、気分転換にと庭出しはしてますが、ただ庭だと筋肉付けるとか出来ませんし、これで良いのか?と悩んでいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。