犬にNGな『撫で方』4選 つい飼い主もやっているダメ行動とは

犬にNGな『撫で方』4選 つい飼い主もやっているダメ行動とは

撫でられるのが好きな犬は多いですが、撫で方によっては不快感を与えてしまうので注意が必要です。この記事では、犬にNGな『撫で方』をご紹介します。愛犬やよその犬にNGな撫で方をしていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

お気に入り登録

NGな『撫で方』をされると犬は不快に

不満そうなチワワ

犬を撫でることは、よいコミュニケーションになるだけでなく、体の異変に気づくことができ、病気の早期発見にも役立ちます。

犬は、基本的に撫でられることが好きです。中には撫でられるのが苦手な犬もいますが、撫でられるのが好きな犬は多いです。でも撫でられるのが好きだからといって、どんな撫で方でもOKというわけではありません。撫でられ好きの犬であっても、NGな撫で方をされると不快に感じることもあるのです。

犬と仲良くなるためにも、犬に不快感やストレスを与えないためにも、NGな撫で方は避けたいものですが、どのような撫で方がNGなのでしょうか?今回は、犬にNGな撫で方をご紹介していきたいと思います。

犬にNGな『撫で方』①毛並みに逆らって撫でる

男の子と女の子に背中を撫でられるパグ

毛並みに逆らって犬を撫でていませんか?犬を撫でるときは、毛並みに沿って優しく撫でるのが基本です。毛並みに逆らって撫でると、犬が不快に感じたり、興奮しやすくなったりするのでやめましょう。

人差し指と中指と薬指の第一関節のお腹辺りで、犬をリラックスさせるように優しく撫でてあげるのがおすすめです。

犬にNGな『撫で方』②敏感な場所をいきなり撫でる

マルプーの前足

犬には、あまり触られたくない敏感な場所があります。それは、足先や尻尾の先など体の末端や、口周りなどです。こうした場所も触られることに少しずつ慣らし、どこを触られても平気な犬にするのは重要なことです。そうしないと、日頃のお手入れや健康チェックが行えなくなってしまいます。

だからといって、敏感な場所をいきなり撫でるのはNGです。どこを触られても平気な犬だとしても、敏感な場所を急に触られたらびっくりするでしょう。場合によっては、唸ったり噛んだりすることもあるかもしれません。

では、どこから撫で始めたらいいかというと、比較的触られることに抵抗が少ない胸や背中です。まずは胸や背中から撫で始めて、犬がリラックスしてきたら喜ぶ場所(首周り、あごの下、耳のつけ根など)を中心に撫でてあげるといいでしょう。

犬にNGな『撫で方』③タイミングを考えずに撫でる

眠る柴犬

撫でられるのが好きな犬であっても、撫でないほうがいいタイミングがあります。例えば、睡眠中や食事中に撫でるのはNGです。

犬がすやすやと寝ている姿はかわいくて、つい撫でたくなってしまいます。でもこのタイミングで撫でてしまうと、犬の大切な睡眠の妨げになるだけでなく、びっくりして反射的に噛みつく可能性もあります。どんなに寝顔がかわいくても眠っている犬には触らずに、そっと寝かせておいてあげましょう。

また犬が食事しているときに撫でると、ごはんを取られると思って早食いをしたり、唸ったり、噛みついたりすることがあります。食事中は、犬が安心して食べられる環境を与えてあげることが大切です。

犬を撫でるときは、撫でても大丈夫なタイミングか考えてから撫でるようにしましょう。

犬にNGな『撫で方』④背中を向けているときに声をかけずに撫でる

背中を向ける犬

犬がこちらに背中を向けているときに、無言のままいきなり撫でてしまうと、犬を驚かせてしまいます。私たち人間も、いきなり後ろからトントンと肩を叩かれたりするとびっくりしますよね。

犬が背中を向けているときは驚かさないように、名前を呼ぶなど声をかけて、こちらに気を引いてから撫でるようにしましょう。

まとめ

気持ちよさそうな犬

今回は犬にNGな撫で方をご紹介しましたが、いかがでしたか?飼い主さんが愛犬についやってしまいがちなこともあったかと思います。

犬を撫でることは、大切なコミュニケーションになります。だからこそ、NGな撫で方は避けて、犬が喜ぶ撫で方をするように心がけましょう。撫でられているときの犬の表情をよく観察して、うっとりした表情を見せる場所をたくさん撫でてあげると喜びますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。