愛犬の死を受け入れられない人へ

愛犬の死を受け入れられない人へ

犬を亡くすということは、とてもとてもつらいことです。簡単に受け入れられないのが当然のこと。でもその悲しみやつらさを周囲の人に伝えることができずにひとりで苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

お気に入り登録

愛犬の死を受け入れられないのは悪いことではない

黒い大理石に落ちる白い羽

愛犬が亡くなった時、当然のことながら大きなショックを受けるでしょう。

あまりにもショックな状況のため、頭と心がそれを受け入れることができず、もういないということが信じられなかったり、突然ハイテンションになるなど気持ちが不安定になってしまうことはめずらしいことではありません。

時間が経つにつれて愛犬の死が現実であるということを理解し始め、悲しみが和らぐどころかますますつらく苦しい気持ちになってしまうことは多くの人が経験することだと思います。

そうして愛犬の死を受け入れられない時や悲しんでいる時、それをより助長するのが周囲の無理解だと思います。

犬を飼ったことがない人や犬は家族であるという意識が薄い人からはいつまでも悲しんでいることに対して「たかが犬が死んだくらいで…」と思われてしまうこともあります。

口に出して言われなくても、そのような気持ちというのはつらい時だからこそ敏感に感じ取ってしまうものです。

家族の中でも愛犬の死の受け入れ方や思いは違うので、悲しみを誰とも共有することができずに苦しんでしまうということは少なくありません。

しかし、愛犬を失っていつまでも悲しんでいてはいけない、などと思う必要はありません。

確かにいわゆる「時間薬」というものはあると思いますが、1か月経ったからもう泣くのはおかしい、半年経ったからもう落ち込むのはやめなくちゃ、1年経ったから次の犬のことを考えよう、など周囲の意見に振り回されて自分を追い込んだり責める必要はないんですよ。

気になるペットロスの症状

膝を抱えて泣く女性

ペットロス(ペットロス症候群)は、犬などのペットの死に際して飼い主に起こる心身の疾患のひとつとされ、

  • 不眠
  • うつ
  • 摂食障害
  • 無気力

などの症状を引き起こし、それに伴い身体的な異常も発生させます。

悲しみや混乱、怒り、否認、罪悪感、抑うつなど、時間の経過とともに変化しながらもそれらの感情に陥ってしまい抜け出せなくなってしまうのです。

また、愛犬の存在が自分の中で心のよりどころであった場合、そのよりどころを失ったことでさらにつらい思いをすることがあります。

愛犬の死による抑うつだけでなく、家庭問題や職場の人間関係などさまざまなストレスにさらされて、リラックスする場所を失ったことでより重い抑うつ状態に陥ってしまうことがあります。

さらに、精神的な病というのは身体的な症状をも引き起こすとされています。

頭痛や腹痛、めまい、吐き気などは比較的起こりやすく、中には精神的な負担から幻覚や幻聴があらわれたり血糖値の上昇が起こったり、心臓疾患が悪化したという例もあるそうです。

心を軽くするために出来ること

笑顔で舌を出す薄茶色のパピー

愛犬の死を受け入れられない時、ペットロスに陥ってしまった時はまずその感情を否定しないことが大切です。

「こんなことでいつまでも悲しんでいてはいけない」という気持ちは、自分をより一層苦しめ、悲しみを長引かせてしまいます。

愛犬を失ったことはつらく悲しいことであり、それによって苦しいのは当然のことであると認めましょう。

そして愛犬のことをよく知る人や家族と愛犬の思い出をたくさん話したり、思い出の写真をたくさん見て、思いっきり涙を流しましょう。

悲しみを悲しみとして受け入れ、愛犬のことに時間のある限り思いをはせるのです。

そうしているうちに、ふいに笑顔になれる瞬間があり、少しずつその時間が増えていくはず。

愛犬の死を受け入れられない人へ

白い犬と遠くに見える虹

愛犬の死を受け入れられずに苦しんでいる人は、世界中に数多くいます。

その悲しみや苦しみを理解してくれる人は必ずいます。

日本ではまだあまり広く浸透していませんが、海外にはペットロスに関する相談窓口が多数設けられているほど一般的なものとなっているのです。

日本でも愛犬への思いを存分に話すことができるサイトなどが徐々に増えてきているようです。

愛犬の死を受け入れられないのであれば、無理に受け入れようとする必要はありません。

大切な存在をなくしたのですから、時間をかけて愛犬への気持ちを開放し、少しずつ少しずつ受け入れていけばいいのです。

大切なのは気持ちを無理に抑えつけないこと。

その悲しみは愛犬への愛情として認め、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 ショコラのパパ

    私もペットロスになりました!愛犬が亡くなり三年になります!今の犬を飼うか迷いました!でも愛犬の生まれ変わりと思います!今の愛犬もとても大事に育てています!形あるものはいつかは壊れる!生命も同じと思います!人もいつか必ず亡くなります!ペットも、同じこと!だからいっぱい愛情を注いであげようと思います
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    愛犬の死 当事者しかわからない悲しみがあります。しかし愛犬が私達飼い主より長生きいたらどうでしょう。もっと愛犬は悲しむかもしれません。愛犬の想い出を持って見送ってあげましょう。愛犬と共に過ごした楽しい想い出を。
    チョコラブ 五年前死去10歳 黒ラブ二年前死去16歳 現在ゴールデンレトリバー2歳同居中です。
  • 投稿者

    50代以上 男性 momo

    愛犬 が亡くなるととても寂しいですね
    しかし 愛犬はいつもそばにいます
    ふと 匂い 足音聞こえないですか
    必ずそばにいます
    余り悲しむと 愛犬がいなくなりますよ
    本当にいつもそばにいます。
  • 投稿者

    50代以上 女性 真由美

    15年前に先代のワンちゃんと4年前に2代のワンちゃんが亡くなりました、はショックで2匹とも丸4年は無理でしたが、先日人生最後と思い飼いました、30代40代では分からなかった!犬との生活はまえのペットにしてあげれなかった、違う愛情のかけ方あり、自分を再認識させらています、
    寂しと悲しさで、もう2度飼うまいと思っていましたが、前のワンちゃんにしてあげれなかった事、愛情を毎日感じて暮らしています、犬は先いくのねの一言が、今この歳になりありたいです、看取ってあげたい、残された可愛そうと思う毎日です。
  • 投稿者

    10代 女性 マーシャ

    丁度2ヶ月前の今日、愛犬を亡くしました。2ヶ月経った今でも、普段の生活は問題ないですが、家で1人の時、寝る時、「なんでいないのか、いつ帰ってくるのか、いつ会えるのか」など、深く考えて週2回ほど号泣してしまいます。フラッシュバックが原因の時もあります。まだ私は、10代で人生の半分以上を愛犬と一緒に過ごしてきました。年長から1人で散歩も行くほど、毎日私がお世話し、可愛がってきました。それが、ふとした瞬間に全くなくなりました。私が今でも、泣いてることは両親は知りません。友達にも泣くと、愛犬に良くないよと言われて、泣かないよう我慢することもありますが、やはりそんな自分は強くありません。私はまだまだこれからの人生は長いです。この傷が一生ついたままなのか、そう考えるととても辛いです。
  • 投稿者

    10代 女性 くろーばー

    犬が死んで4か月です。
    死ぬことはもう永遠会えないこととしみじみ感じています。もう一回触りたいと思ってもどこにもいなくて悲しくなります。夢かと思うくらい辛いです。今までは長生きしてねと言っていたのに、死んでしまった当日は、死ぬことが分かっていたようにごめんね何にもできなくてもう他の犬は飼わないからね。と泣いて言っていました。人生のほとんど一緒に過ごしていた子が私から離れていってしまったことが受け入れられません、、死んでしまったわんちゃんの幸せを祈ることにします✝️
  • 投稿者

    30代 男性 パパ

    "愛犬の死を受け入れられない時や悲しんでいる時、それをより助長するのが周囲の無理解だと思います。

    犬を飼ったことがない人や犬は家族であるという意識が薄い人からはいつまでも悲しんでいることに対して「たかが犬が死んだくらいで…」と思われてしまうこともあります。

    口に出して言われなくても、そのような気持ちというのはつらい時だからこそ敏感に感じ取ってしまうものです。

    家族の中でも愛犬の死の受け入れ方や思いは違うので、悲しみを誰とも共有することができずに苦しんでしまうということは少なくありません。"

    1対1での主従傾向が比較的強いタイプの犬だったので
    本当にこの通りです。
    かといってその事をなじるわけにいかないし、八つ当たりだし、歯がゆいです。
    仕事や何か他の雑多な事で気を紛らわせようとしてますが、毎朝目覚めると
    居ない事を実感します。
    時間が慰めてくれるかと思っていましたが、この文章を読んで
    そうではないのかもしれないと改めて思いました。
    自分の中でどんどん美化していって煌めいたような日々の思い出になっているから、、、

    その犬種などのマックスの平均寿命を上回っていれば少しでも諦めがつくのですが、、

    もし何かの縁でこの散文を読んで下さった飼い主様は 物言わぬ愛犬(子)の僅かな機微を見逃さず過保護気味で全然正しいのでセカンドオピニオンも躊躇わず良い獣医さんにみてもらって下さい。
  • 投稿者

    40代 女性 希望

    先月末、シー・ズーのししちゃん16才2ヶ月が旅立ちました。
    犬は飼い主を反映すると聞いていたので、
    私は家族の健康管理とししちゃんが1日でも長く一緒に居られるようにと意識しながらこの16年間生きてきました。
    純粋でポジティブなししちゃん。
    今を大切に生きてるししちゃんから沢山のことを学びました。
    ありのままで良いこと。私には存在価値があったこと。無条件の愛。魂を成長させるためにこの世に生まれたこと。
    過去未来に気を病まずに今を生きること。
    旅立つ前から毎日ししちゃんにありがとうと言ってきました。
    今は形態を変えて私の傍にいます。
    死は消滅ではなく移行。
    次元上昇するそうです。
    ししちゃんの気配を感じるし、部屋が旅立つ前と後で波動が同じなのです。
    私は何も失っていない事がわかりました。
    ただ、もう抱っこできない、お世話が出来ないと思うと涙腺崩壊して発狂します。
    震えが止まらなくなるのです。
    思わず助けてって言ってしまう程です。
    突然悲しくなるんです。
    で、少し経つとししちゃんの気配を感じて我に返ります。
    それを毎日繰り返してます。
    外出すれば、ししちゃんが旅立ったことを知ってる近所の人から「いつまでも悲しんでたらししちゃんが可哀想」とか余計な一言を投げかけてくるので、不安定になります。私は私の心が軽くなる方にすすんでいきます。私は流れに逆らわない。つまり、泣きたい時は無く、心の声に従う。
    それが精神衛生上良いと思います。
    なぜ悲しんだらいけないの?我が子を亡くした母親に同じこと言うのかな?
    ししちゃんは我が子以上の存在だった。
    私の一番の理解者ししちゃん。
    あなたとこの世で出逢うことができて感謝してます。
    これからもずっと一緒だよ。離れないよ。
    写真は旅立つ3日前です。


    希望の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。