シーズーの涙やけ対策!茶色く変色しやすい犬種のためにできる改善策

シーズーの涙やけ対策!茶色く変色しやすい犬種のためにできる改善策

シーズーのような短頭種は、涙やけという目元の被毛が変色する症状が起きやすい犬種です。涙やけするのには、様々な理由があります。そのため、それぞれに合った方法で改善していきましょう。ここでは、涙やけについての解説から改善法まで、紹介します。涙やけでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

シーズーの涙やけとは

涙やけした横を向くシーズー

シーズーなどの鼻が短い短頭種によくみられる涙やけ。涙やけとは、目元の被毛が涙で酸化して、茶色っぽくなってしまうことです。涙やけする理由は様々。

涙やけすると、目の下の被毛が固まるだけでなく、常に涙で被毛が濡れている状態になり、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、とくにシーズーは、目元の被毛がふさふさしているので眼球へ刺激を与えやすい犬種です。目への刺激が増えると涙の分泌量が増し、結果的に涙やけにつながります。そのため、涙やけによる害を抑えるために、日々のケアが重要になります。

シーズーに涙やけができる原因

シーズーアップ

涙やけができる原因は、様々な理由が考えられます。実は、涙やけができる理由に、普段の食生活が関係している場合もあります。涙やけしやすいシーズーのためにも、普段の生活環境を改善してみましょう。

1.食事やアレルギー

普段から低価格で粗悪なドッグフードを食べていると、体に老廃物がたまりやすくなります。なぜなら、低価格なドッグフードには、消化しづらい穀物類や添加物が含まれているため。

溜まった老廃物が多いと体外にうまく排出できず、ドロドロとした涙が、涙の通る道を詰まらせる原因になり、涙やけにつながります。

フードの他に、水分をあまりとらない子も、涙やけしやすくなるので注意が必要です。理由は、尿から老廃物が出なくなり、汗や涙から老廃物を排出することになり、この場合も、涙鼻管や涙管を詰まらせる要因となります。

また、犬でも花粉症やノミ・ダニ、食物アレルギーを持つ子もいます。例えば、花粉症などのアレルギーがある子は、それが原因で鼻炎などを引き起こす可能性が。アレルギーにより、涙の分泌量が増えて涙やけしてしまいます。

2.外からの刺激

例えば、ホコリやゴミ、抜け毛といった外からの刺激で涙やけになる可能性も。ホコリなどが目に入ることによって眼球を刺激し、取り除くために必要以上に涙が分泌され、涙やけの要因となります。

また、「換毛期」と呼ばれる被毛が生え変わる時期には、抜けた被毛が目に入って涙やけになります。異物以外にも、逆さまつげが原因の場合も。シーズーは、逆さまつげになりやすい犬種です。眼球にまつげが当たることにより、涙が分泌され涙やけしている子もいます。

3.遺伝によるもの

シーズーなど、生まれつき鼻が短い短頭種は、遺伝により鼻涙管や涙管が狭いのが特徴です。鼻涙管や涙管は目と鼻をつなぐもので、ここが狭いと涙やけの原因になります。生まれつき鼻涙管が細かったり閉じている場合は、手術をする必要があります。

4.病気を持っているため

涙やけの原因に、以下のような様々な病気が隠れている可能性があります。

  • 涙が通る道に異常が見られる「閉塞性流涙症」
  • 涙の量が増える「分泌性流涙症」
  • 加齢などによるまぶたの機能低下「マイボーム腺機能不全」

このような病気が理由で、目に黄色い膿が付いているときは、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。また、上記以外にも角膜に傷がついて炎症していたり、緑内障を患っている場合も、涙の量が多くなります。

シーズーの涙やけを消す方法

目を拭くシーズー

涙やけは、専用の化粧水や拭き取りシートを使うことで消すことができます。シートなどは、皮膚が弱い子にとっては刺激が強いので、ローションタイプの化粧水や刺激の少ないホウ酸水がおすすめ。ホウ酸水は、綿棒や濡らしたガーゼでふき取るとケアしやすいです。

また、涙やけしてしまった被毛をカットすることで涙やけを消すことができます。目元の被毛カットは、危険なのでトリミングへ行った際にプロの方にお願いするのがよいでしょう。

シーズーの涙やけ対策

フードとシーズー

涙やけしやすい犬種シーズーの、涙やけの対策をご紹介します。簡単にできる対策方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.ドッグフードを変える

ドッグフードを変えることによって、徐々に涙やけ改善を期待できます。

フードの質が悪くいために老廃物が溜まりやすかったり、アレルギー反応を起こすものは涙やけを引き起こす原因になります。そのため、しっかりとしたドッグフードを選んでください。

涙やけ対策になるドッグフードの選ぶポイントは、

  • 動物性タンパク質が主原料のフード
  • 安価で粗悪なものに気を付ける
  • 添加物に注意

ドッグフードには、植物性タンパク質と動物性タンパク質が含まれています。植物性タンパク質は、消化吸収しづらいので体の中で老廃物になりやすい特徴が。

老廃物が多いと涙やけになりやすいので、できるだけ動物性タンパク質が主原料のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

また、植物性タンパク質を使用しているドッグフードの方が、安価です。高いドッグフードを購入すればよいわけではありませんが、安価なフードばかりを選ぶのではなく、成分を気にすることで涙やけの改善につながります。

そして、ドッグフードに含まれる人工の添加物は犬に害を与えます。人工添加物を使っていないフードを選ぶことで、涙やけにつながる様々な病気の予防になるのでおすすめです。

2.目元のケア

定期的に目元の被毛をケアすることで被毛が変色するのを防げ、涙やけ対策につながります。例えば、涙をこまめにふき取ってあげるのが効果的です。

また、シーズーの長い目元の被毛を定期的にカットしてあげることで目元が変色することを防げます。

3.環境を清潔に保つ

ホコリや花粉、ダニ・ノミなどの外からの刺激で涙やけする可能性が上がります。そのため、そのような外部の刺激を取り除いて常に清潔な環境を保ってみましょう。例えば、ホコリが溜まらないように普段から部屋を綺麗にしておきます。

また、花粉は人間が外から持ち込む場合もあるので、帰宅したら洋服を払って花粉を部屋に持ち込まない配慮をしてみてください。その他に、ダニ・ノミなどの寄生虫がいないか定期的に病院で診てもらったり、ホコリと同様に部屋を綺麗に保つことが涙やけの改善になります。

まとめ

シーズー犬と女性

シーズーは、涙で目元の被毛が変色する「涙やけ」しやすい犬種です。短頭種なので生まれつき涙鼻管が短かったり、目元の被毛が長いためなどの理由があります。環境を整えたりフードを変える、頻繁にケアしてあげるなどが涙やけの改善につながります。

しかし、涙やけには病気が関係していることもあるので、病院を受診して医師と改善方法をみつけていくことも大切です。シーズーが涙やけしやすいことを理解して、予め対策していく必要があります。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい