犬にピーマンを与えても大丈夫?消化に優しい与え方や注意点とは

犬にピーマンを与えても大丈夫?消化に優しい与え方や注意点とは

栄養満点のピーマンは人間の食生活に欠かせない存在ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか。ピーマンを食べることで得られる効果や犬に与える際の注意点などをご紹介します。

犬はピーマンを食べても大丈夫!

犬はピーマンを食べても大丈夫

栄養が豊富で色や味がアクセントにもなるピーマンは、人間にとって身近な野菜の一種です。独特の苦みがあるので、香りを嗅いで犬が食べたがるということは少ないかもしれません。

ですが、調理されたピーマンは美味しく味付けがされたり、加熱されて甘みが出たりするので、犬も興味をもって近づいてくることがあるのではないでしょうか。目を離したすきに一口食べてしまった、というケースもあるでしょう。

基本的にピーマンは犬が食べても大丈夫な野菜です。中毒症状を引き起こす危険性はないので、愛犬に盗み食いされても心配する必要はありません。

栄養素も豊富なので、愛犬に手作りご飯を作っている飼い主さんは、食材としてピーマンを活用するのもおすすめです。体に良いものをドッグフードにトッピングしたいという場合にも、愛犬が好むなら少量与えるとよいでしょう。

ピーマンは生でも加熱してでも食べられる野菜ですが、犬の消化器官への負担を考えると、加熱したものをあげることをおすすめします。犬は人間よりも消化不良を起こしやすいので、できるだけ消化に優しい状態のものを食べさせましょう。

また、ピーマンの種も消化によくないですし、食感も悪くなるため、取り除いてから与えるようにしましょう。種が黒く熟している場合は、腐りかけの状態なので残さないように気をつけて調理しましょう。

生のままのピーマンや種を誤食してしまっても特に大きな問題があるわけではないです。食べることで急激に体調を崩してしまうということはないので神経質になりすぎず、できるだけ負担の少ない与え方を心がけてあげましょう。

犬がピーマンを食べることで期待できる効果

犬がピーマンを食べることで期待できる効果

がん予防が期待できる

ピーマンには、抗がん作用のあるβカロテンやテンペルが豊富に含まれています。人間と同様に、犬にとってもがんは死亡原因のひとつで、がんになってしまうと治療も大変です。

特別に効果的な予防方法というものはありませんが、食事内容に気を配ることで少しでも愛犬のがんのリスクを減らせるように、抗がん作用のあるピーマンを積極的に食事に取り入れてみましょう。

肝臓の健康をサポート

また、ピーマンには肝臓の健康維持をサポートする栄養素であるβカロテン、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCが含まれています。

特にビタミンCは、レモンと同じくらいの含有量を誇り、ピーマンを食べることで効率よく摂取できます。ビタミンCには、肝臓の酵素の働きを活性化させ、体に有害な物質の解毒をサポートする役割があるので、摂取することで肝臓の機能を高めてくれることが期待できます。

肝臓はビタミンを蓄える機能を備えていますが、肝機能が低下すると貯蔵できるビタミンの量も減ってしまうため、積極的にビタミンを補給しておくことが大切です。

口臭予防になる

ピーマンに含まれるクロロフィルには、口臭予防効果があるといわれています。人間用にクロロフィルのサプリメントも販売されており、クロロフィルが豊富なピーマンなどの食材を積極的に食べることも口臭予防に効果的なのではないか、という説もあります。

クロロフィルの口臭予防効果が人間と同じように犬にも作用するのかどうかは、今のところわかっていませんが、ピーマンは他にも健康に良い効果のある栄養素が豊富なので、愛犬が味を好むのなら口臭予防効果にも期待しつつ、試しに食べさせてみるのもよいでしょう。

血液の流れをサラサラする

ピーマンの香り成分であるピラジンは、血液をサラサラにしてくれる成分で、摂取することで血行もよくなります。

血液の流れがよくなるので、血栓ができにくくなるという効果が期待でき、血栓が原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞の予防になるので、積極的に摂取したい栄養素です。

ピラジンは、ピーマンの中でも「わた」と種に多く含まれるので、人がピラジンの効果に期待して食べる場合は、わたと種も有効活用した食べ方をするのが適しています。

しかし犬にとって「わた」や種は、消化のことを考えると食べることをおすすめできる部分ではないので、基本的には実の部分のみを与えてください。

きれいで丈夫な皮膚を維持する

美肌効果が高い栄養素として知られているビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせません。コラーゲンが生成されるとことで、健康的で丈夫な皮膚や粘膜がつくられます。

またピーマンには、ビタミンCの働きを安定させるサポートをしてくれる、ビタミンPも含まれているので、ハリのある若々しい皮膚を維持するのに効果的です。

本来、ビタミンCは加熱調理すると壊れてしまい、効率よく摂取するのが難しいのですが、ピーマンはビタミンPが一緒に含まれているおかげで、加熱してもビタミンCを壊さずに摂取することが可能です。

さらにピーマンは、ビタミンAという皮膚や粘膜の健康維持や成長に関わる成分も含んでいます。ビタミンAは、皮膚のターンオーバーを促進する働きもあるので、皮膚のトラブルを改善したり、乾燥肌を改善したりする効果が期待できます。

トラブルのないきれいで健康的な皮膚を維持するために、ピーマンの栄養素を活用しましょう。

ダイエット効果を高める

肥満気味な犬にもピーマンはおすすめです。ピーマンはミネラルが豊富なので、消化がスムーズにできるようサポートしてくれます。その結果として、便通がよくなりお腹まわりがすっきりする効果が期待できます。

ピーマンの栄養素で血行がよくなることで、新陳代謝も活発になるので効率よく脂肪を燃焼させることができ、ダイエット効果が高まります。

犬にピーマンを食べさせる時の上手な与え方

犬にピーマンを食べさせる時の上手な与え方

ピーマンは犬が食べても大丈夫ですが、食べさせる時にはいくつかポイントがあります。愛犬が美味しく食べて、上手に消化吸収できるように与え方に工夫しましょう。

生のピーマンは避けて加熱してから与える

犬が生のピーマンを食べてしまっても、すぐに体調を崩すなどの大きな問題はありませんが、生のピーマンは加熱したものよりも消化吸収しにくいので、お腹に負担がかかってしまいます。

特に胃腸の弱い犬は、消化不良を起こしてしまう可能性があるので、愛犬のお腹に優しい状態にするために加熱調理してから与えるようにしましょう。

消化しやすく苦みを抑えられる切り方

ピーマンは、細かく刻んだものを与えることで消化しやすくなります。犬は人間よりも消化器官が短く、消化不良を起こしやすいという体質をしているので、消化器官の負担を減らすために手間をかけて細かくしてあげましょう。

また、繊維と同じ縦向きに切ることでピーマンの独特の苦みを抑えられるので、味のくせが消えて食べやすくなります。健康のために、ピーマンを食事に取り入れたいけれど苦みを愛犬が好まないという場合には、縦向きにカットしてみてください。

手作りご飯は犬用レシピで作る

愛犬に手作りご飯を作るのに、ピーマンを使いたいという飼い主さんもいるでしょう。ピーマンはお肉とも合うので、犬が喜んで食べてくれるレシピがたくさんあります。

ピーマンを使った料理というと、ピーマンの肉詰めがありますが、人間用のピーマンの肉詰めには犬が食べてはいけない玉ねぎが含まれていることが多いので注意が必要です。

ネギ類は犬にとって中毒を起こす食材なので、犬の手作りご飯には絶対に入れないようにしましょう。

また、使用する肉も脂身の少ない鶏胸肉を選ぶなどの工夫することで、よりヘルシーなご飯を作ってあげられます。肉詰めを焼く時も油は少なめにし、健康のために薄味を意識して料理しましょう。

ピーマンの肉詰め以外でも、人間用のレシピは犬には有害な食材が使われていたり、犬にとっては濃すぎる味付けがされていたりする場合が多いので、愛犬の手作りご飯を作る際には犬用のレシピを参考にしましょう。

適量を守って与える

ピーマンは健康によい栄養素が多く含まれていますが、食べれば食べるほどよいというわけではありません。食べすぎは消化不良を起こして下痢や嘔吐をしてしまう可能性があります。

愛犬がどんなにピーマンを気に入っても、ドッグフードや手作りご飯をバランスよく食べて色々な栄養素をきちんと摂取することが望ましいので、ピーマンだけで満腹になってしまうのはよくありません。

ピーマンを1日に食べていい適量は、体重4kg未満の超小型犬なら輪切りで2~3切れ、体重10kg以下の小型犬なら1/2個くらい、体重25kg未満の中型犬なら1/2~1個、体重25kg以上の大型犬なら1~2個が目安です。

適量を大きく越さないように注意しましょう。また、犬の運動量や食事量によっても適量は変わってくるので、愛犬に合わせて調節してあげてください。

犬にピーマンを与える時の注意点

犬にピーマンを与える時の注意点

どのような食べ物でも犬に与えるときには、その子の体質に合っているかどうかを確認する必要があります。ピーマンを食べることで愛犬が不調にならないよう、与えるときに注意したい点を解説します。

アレルギーが起きないかよく観察する

慣れない食べ物を犬に与える時には、食物アレルギーがないか注意しましょう。思わぬ食べ物でアレルギー症状を引き起こすケースもあるので、はじめて与えるときには特に気をつけてください。

ピーマンと同じナス科の食べ物でアレルギーを持っていると、ピーマンでもアレルギー症状が出る可能性が高いです。ナスやトマト、じゃがいもでアレルギー症状が出たことがある場合は、ピーマンを与えるのはやめたほうが賢明です。

ピーマンを初めて食べさせるときは、ごく少量を与えて様子を見ましょう。食べた後で、嘔吐、下痢、体をかゆがる、フケが出る、目や耳が赤くなるなどのアレルギー症状が出ていないかよく観察してください。

少しでもアレルギーが疑わしい症状が見られたら、それ以上ピーマンを食べさせるのはやめましょう。症状が重い場合は動物病院に相談してください。

はじめて食べたときには問題なくても、続けて何回か食べているうちにアレルギー症状が出てしまうこともあります。すぐに体調の変化に気づけるように、毎日に愛犬の様子はチェックするように心がけましょう。

アレルギーが心配で愛犬のアレルギーの有無をはっきりさせたい場合は、一度動物病院でアレルギー検査を受けるのもおすすめです。

嘔吐や下痢などの消化不良に注意する

ピーマンは犬にとっては消化不良を起こす可能性がある食べ物です。消化の負担にならないように、加熱調理したり切り方に工夫したりしましょう。

それでも胃腸の弱い犬や、消化器官が未発達な子犬は消化不良で嘔吐や下痢をしてしまう場合があります。

体質に合わないようなら、無理してピーマンを食べさせる必要はありません。他にも健康によい食べ物はたくさんあるので、お腹に優しいものを選んで栄養を摂取しましょう。

子犬にピーマンを与える際には、食べた後の便の様子をチェックしてください。もし、上手く消化吸収できずに便がゆるくなっていたら、ピーマンは消化吸収能力が発達した成犬になってから食べさせるのがよいでしょう。

喉に詰まらないように注意する

どのような食べ物でも犬が喉に詰まらせないように、食べやすく飲み込みやすくして与えることが大切です。ピーマンも細かく刻んで与えましょう。細かくすることで消化しやすくなるのでお腹にも優しいです。

また、ヘタや種は硬くて喉や消化器官に詰まりやすい部分なので、必ず取り除くようにしてください。丸ごとピーマンを与えずに、きちんと下処理したものを食べさせましょう。

関節炎を引き起こすアルカロイドに注意

ピーマンなどのナス科の植物にはアルカロイドという有害な成分が含まれています。

アルカロイドは、関節炎を引き起こしたり悪化させたりする可能性があり、それを心配して犬にピーマンを与えていないという飼い主さんもいます。

しかしピーマンの可食部には、健康を害するような量は含まれていないので安心してください。

毎日のようにピーマンを過剰に摂取しない限り、アルカロイドの摂取は心配するほどのものではありません。実際にピーマンを食べて犬の関節炎が悪化したという報告もされていません。

ただし、骨の細い超小型犬や骨が弱くなっている高齢犬、もともと関節炎を患っている犬には念のため控え目の量を与えるようにしましょう。

ピーマンは犬にとって必ずしも必要な食べ物ではないので、心配なら全く食べさせなくても大丈夫です。

まとめ

ピーマンは犬が食べても大丈夫な野菜です。栄養も豊富でがん予防や肝臓機能のサポート、血液の流れをサラサラにして血栓ができるのを防いだり、皮膚をきれいで健康に保つ効果が期待できます。

ただし、消化不良を起こしたりアレルギー症状が出たりする危険性もあるので、与える時には注意が必要です。消化の負担にならないように、そして喉詰まりを防ぐために細かく刻んで、ヘタや種は取り除いて与えましょう。

ピーマンは、加熱することで消化しやすくなるので、愛犬のために加熱調理して手作りご飯を作ってあげるのもおすすめです。犬用のピーマンを使ったレシピがあるのでぜひ探してみてください。

犬の食事にピーマンを上手に取り入れて、健康によい栄養素を効率よく摂取しましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい