犬にケチャップを食べさせても大丈夫?危険性や食べた時の対処法

犬にケチャップを食べさせても大丈夫?危険性や食べた時の対処法

私たちの身近にある調味料の一つがケチャップです。愛犬が欲しそうに見つめてくるとあげたくなりますよね?人にとっては体にいいものも、犬にとっては危険なものかもしれません。万が一食べてしまった時の危険性や、対処法について解説します。

犬にケチャップを食べさせても大丈夫?

犬にケチャプを食べさせることはとても危険

愛犬のために、手作りご飯を作ってあげたり、健康のために野菜を与えたりと色々な工夫をしている人もいると思います。

飼い主さんが食事をしていると欲しがる子もいると思いますが、野菜ならいいかな?と思う人も多いのではないでしょうか。

犬に与えてもいい野菜の一つがトマトです。では、トマトを原材料としているケチャップはどうでしょうか?少しくらいならなめさせてあげてもいいかな?と思うかもしれません。

しかし、犬にケチャプを食べさせることはとても危険です。少量でもケチャップを食べると、体に害を与える可能性が高くなるので注意が必要です。

犬がケチャップを食べてはいけない理由

犬がケチャップを食べてはいけない理由

ケチャップをあげてはいけない一番の理由は、犬にとって危険な食べものが含まれているからです。それらの食べ物に含まれる物質を、犬は消化することができないのです。

ケチャップには、玉ねぎやニンニク、様々な調味料や香辛料が含まれています。

玉ねぎは犬が食べてはいけないものと知っている飼い主さんは多いと思います。生でも、加熱してあっても、少量でも、犬が食べてしまったら危険だと言われています。

他にも、ケチャップに含まれる砂糖や塩は、犬にとっては過剰摂取になってしまい、肥満や病気のリスクを高める原因となってしまいます。

また、ケチャップライスや、人が食べるハンバーガーにもケチャップがついていたり、ハンバーグそのものにも、玉ねぎや香辛料が含まれているので与えてはいけません。

犬のために専門家が考えたレシピであれば大丈夫ですが、人のためのレシピやレトルトは、犬の健康に良くないものが使われていることがほとんどなので、犬には与えないようにしましょう。

犬がケチャップを食べてしまった時の症状 

犬がケチャップを食べてしまった時の症状

ケチャップに含まれている玉ねぎの成分は、血液に作用して赤血球を酸化させ、赤血球の動きを鈍くしてしまう、いわゆる貧血の状態にしてしまいます。

元気がない、下痢や嘔吐、発熱は初期症状として現れますが、重症化していくと、血尿血便、けいれんなどの症状が出てきます。体がふらついたり歯肉が白っぽい場合などは非常に危険な状態だと考えられます。

特に子犬は消化器官がきちんと発達していないので、ほんの少しの量でも命の危険があります。ケチャップを口にすることがないよう、特に注意が必要です。

犬がケチャップを食べてしまった時の対処法

犬がケチャップを食べてしまった時の対処法

個体差がありますが、食べてすぐに症状が出る場合もありますが、数日後に症状が出る場合もあります。

ケチャップに含まれる玉ねぎによる中毒は、時間が経てば経つほど症状が悪化していくので、一刻も早い対処が必要になってきます。

状況確認をする

万が一、ケチャップを食べてしまったら、玉ねぎが入ってる!と、とても焦ってパニックになってしまうかもしれません。

落ち着いて、いつ、どれくらいの量食べたか、その後水などの水分を飲んだかなど、確認できることを正確に把握し、忘れないためにメモを取りましょう。

なめた直後なら口の周りをよく洗い、ケチャップが口の中に残っていないかも確認しましょう。

動物病院へ

少しだから大丈夫と素人判断せず、かかりつけの病院や、信頼できる病院へ電話し、指示を受けましょう。様子を見ているうちに悪化し、中毒症状が出てからだと治療が難しくなる場合が多くなります。

すでに症状が出ている場合は悪化する可能性が高く、治療が間に合わない場合や、治療をしても効果が現れないこともあります。電話越しに応急処置の指示があればそれに従い、落ち着いて行動しましょう。

命にかかわる緊急事態の時に、愛犬を助ける方法は、速やかに適切な治療を受けることです。夜間でも休日でも、連絡を入れましょう。

もしもの時のために、救急病院の場所や電話番号を今からでも調べておくことをおすすめします。

犬が注意すべきトマトケチャップ以外の調味料

犬が注意すべきトマトケチャップ以外の調味料

ケチャップ以外にも気をつけなければいけない調味料があります。普段、身の回りにあって、ついついあげたくなってしまうものもあります。

しかし、犬が食べると臓器に負担をかけるリスクが高まってしまったり、最悪のケースも考えられます。

マヨネーズ

マヨネーズにはたくさんの食用油や酢、卵などでできており、とても高カロリーな食べ物で、肥満の原因となります。マヨネーズに含まれている卵で、卵アレルギーを発症してしまう可能性があります。

湿疹やかゆみ、下痢嘔吐などの症状が出る場合があるので、万が一食べてしまった場合は、かかりつけの病院に相談したほうがいいでしょう。

カロリーオフのマヨネーズなら大丈夫なの?と思うかもしれませんが、エネルギー量や脂質量は半分以下ですが、カロリーオフマヨネーズにはたくさんの添加物が含まれています。

そのため、カロリーオフマヨネーズであっても犬に食べさせない方がいいでしょう。

マスタード

マスタードのような香辛料は、胃腸を刺激し続けるので、胃腸障害を引き起こし、下痢の原因となり、肝臓や腎臓にも負担がかかってしまいます。

下痢が続くと脱水症状になり、悪化すると命にかかわってしまうこともあります。この時、下痢を無理に止めることはせず、刺激物を体内からしっかり出してあげることが大切です。

犬はにおいの強い香辛料を好みませんが、何かのはずみで食べてしまったり、食べ物の中に含まれている時があるので注意が必要です。

醤油

醤油は主に、大豆・小麦・塩でできています。その中で塩が犬にとって危険なのは「塩」です。犬の塩分過剰摂取はとても危険なことです。

塩分を過剰摂取すると、血液の中に含まれるナトリウムの濃度が高くなり、塩中毒を引き起こします。塩中毒を起こすと、肝臓や心臓に負担がかかり、命にかかわる恐れがあります。

醤油を使った加工食品は身近にあふれているので、犬が口にしないように注意が必要です。

元気そうに見えても急に具合が悪くなることもあります。もし醤油をなめてしまったら、念の為かかりつけの病院へ電話し、目を離さず様子を見ましょう。

まとめ

食べてから症状が現れるまでに時間が経っていると、その時にはすでに重症化してしまっている危険もあります。少しでも気になる場合は、自分だけで解決しようとせず、迷わず病院へ連れて行ってあげてください。

あげてもいいものか迷うなら、与えないという選択肢が最も安全で確実な方法と言えるでしょう。なぜ与えてはいけないのかを知ることで、愛犬を危険から守ることができます。

普段どれだけ気をつけていても、ちょっとした隙に...ということがあります。万が一、愛犬が誤食してしまった時に正しい対応ができるかが重要です。正しい知識で愛犬の健康を守ってあげましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい