犬はハーブを食べても大丈夫?効能や注意点を解説

犬はハーブを食べても大丈夫?効能や注意点を解説

料理や保存料、防虫、薬とさまざまな目的で使用されているハーブ。体調を整える効果もあり、体に良いものとされていますが、犬にもハーブを食べさせても大丈夫なのでしょうか?今回は、犬にハーブを食べさせても大丈夫か、犬への効果や与えるときの注意点をまとめました。

犬にハーブを与えても大丈夫?

犬にハーブを与えても大丈夫?

結論からお伝えすると、犬にハーブを与えても大丈夫とされています。

ハーブは料理の臭み消しや香り付け、保存料、防虫などに使われていますが、そもそもハーブは薬効のある植物の総称です。

野生動物は体調が悪いときや免疫力を高めたいとき、自然にハーブを食べることがあるとされています。そのため、犬にもハーブの効能が期待できるでしょう。

しかし、ハーブの中には犬に与えてはいけないものもあります。また、犬が患っている病気や体質によっては、ハーブを与えない方が良い場合もあるので注意が必要です。

犬にハーブを与えるときは、そのハーブが犬の体にどのような影響を与えるのかをきちんと調べ、正しい使い方をしてください。

このように、ハーブは犬に与えても問題はないとされていますが、中には与えない方が良いハーブもあるので注意しましょう。

なお、市販されているペット用のハーブであれば、安全性が高く安心して与えることができますのでオススメです。

ハーブには犬にとって安全なものと危険なものがある

犬に与えてもいいハーブには、カモミール、ローズマリー、ローズヒップ、オレガノ、ミント、タイムなどが挙げられます。これらのハーブは、犬の体調を整える効果があるとされているのです。

反対に、犬に与えてはいけないハーブには、ヨモギ、マリーゴールド、ジャスミン、ユーカリなどがあります。

犬に与えてはいけないハーブは、犬が摂取すると中毒症状を起こしたり、下痢や嘔吐、アレルギー症状を引き起こしたりする可能性があります。犬が口にしないように注意しましょう。

また、散歩道にあるような身近なハーブは、ほかの犬の糞尿で汚れていることが多く、さらに除草剤が散布されていることもあります。そのため、道端に生えているようなハーブは犬に与えないほうが良いでしょう。

犬にハーブを与えるときは、高品質のハーブを選んでください。

食べる以外でハーブを使うのは問題ない?

犬が食べる以外にも、シャンプー剤やハーブパック、ノミ予防、虫除けなど犬が使用するものにハーブが含まれていることがあります。これらは正しい使い方をすれば問題はありません。

ハーブが含まれている犬用の商品は、犬が誤って口にしても安全なハーブを使用しているものが多いです。また、ハーブの成分が薄められて犬に害がないように作られています。

食べる以外でハーブを使うことに問題ありませんが、正しい使い方をしてください。そうすることで、ハーブの効能が発揮されるでしょう。

犬にハーブを与えることで期待できる効果

犬にハーブを与えることで期待できる効果

ハーブにはさまざまな効能があります。下記では、犬にハーブを与えることで期待できるハーブの効果を紹介します。

デトックス効果

ハーブには、体の毒素や老廃物を体の外に排出するデトックス効果が期待できます。また、腎臓や肝臓の働きを良くする作用もあるとされ、腎臓や肝臓をいたわってあげたいときに与えるのも良いでしょう。

リラックス効果

ハーブの香りでリラックス効果が期待できます。また、ハーブの香りは犬の気持ちを落ち着かせ、攻撃性を抑え無駄吠えを減らす働きもあるとされています。

免疫力を向上させる

ハーブには、ビタミンやミネラルなどが含まれているため、免疫力を向上させる効果が期待できます。

特にローズヒップは、ビタミンCが豊富に含まれており、免疫力を高めるだけでなく疲労回復や皮膚の健康維持などの効果があるとされています。

口臭予防

ハーブの中には、抗ウイルス作用と殺菌効果があり、犬の口臭予防に期待ができます。

特に料理の臭みを消すことで使用される「タイム」というハーブは、口臭予防効果があるとされています。また、ミントに含まれるメントールという成分も殺菌効果があり、犬の口臭予防効果が発揮されるでしょう。

犬にハーブを与える時の注意点

犬にハーブを与える時の注意点

犬にハーブを与えるときは、注意しなくてはならない点が多いです。下記では、犬にハーブを与えるときの注意点を説明します。

品質や効能に注意する

ハーブにはさまざまな効能があるため、犬の体調によっては合わないハーブもあります。犬にハーブを与えたいときは、飼い主さんがハーブの特徴を理解しましょう。

特に生のハーブを使う場合は、事前にハーブについて学んでから与えてください。また、市販されているペット用ハーブを与える場合は、高品質の安全なものを購入しましょう。

犬に与えるハーブは、人間用と同じ品質のものやオーガニックのハーブがオススメです。

無理に与えない

ハーブは香りが強いものが多いため、臭覚が優れている犬はハーブの香りを嫌がる場合があります。

犬にハーブを与えることで、健康を維持するさまざまな効果が期待できますが、嫌がっているときは無理に与えないようにしましょう。

ハーブは犬に与えないといけないものではありません。普段から与えているドッグフードで、犬の健康に必要な栄養バランスを取ることができます。

ハーブを初めて与えるときは少量からはじめる

犬に初めてハーブを与えるときは、まずは少量からはじめましょう。

与え方を間違えると、消化不良で下痢や嘔吐を引き起こしたり、アレルギー症状が起こったりする可能性があります。犬の体調を観察しながら与えることが大切です。

加工品は与えない

ハーブは犬の健康に良いものであっても、人間用のハーブを使った加工品は与えないでください。

ハーブは人間用のクッキーやケーキなどにも使用されています。このような加工品には、犬の健康を害する大量の砂糖や脂質が含まれており、犬に与えても問題がないハーブなのかもわかりません。

ハーブを使った人間用の加工品は、犬の健康を害する恐れがあるので与えないようにしましょう。

病気の犬は獣医師に相談

治療中の病気がある犬や慢性的に患っている病気がある犬にハーブを与えるときは、必ず獣医師に相談してください。

ハーブは健康に良いからと、自己判断で与えてしまうと病気を悪化させてしまう可能性があります。また、療法食を食べている場合も獣医師に相談することが必要です。

ハーブを与えたことにより、療法食の栄養バランスが崩れ、犬の体調が悪化する恐れがあります。病気の犬にハーブを与えるときは、自己判断せず獣医師に相談しましょう。

ハーブのお休み期間を挟む

ハーブは、毎日犬に与えられるものと、与えないお休み期間を入れた方が良いものがあります。犬に与えない期間が必要なハーブはメーカの指示に従いましょう。

また、体がハーブに慣れてくると、ハーブの効果が弱くなることもあります。意識してお休み期間を作ることも大切です。

そのときは、ハーブを5日間与えたら2日休む、3週間与えたら1週間休むなどお休み期間を挟みます。犬の体調を観察しながらハーブを与えることで、ハーブの効果が最大限に引き出されるでしょう。

まとめ

たくさんのハーブ

犬にハーブを与えても問題はないのかまとめてきました。

犬にハーブを与えても問題はありません。しかし、ハーブの種類によっては与えていけないものもあることがわかりました。

与えてはいけないハーブを食べさせると、犬が体調を崩す可能性があります。ですので、飼い主さんがハーブの使い方を正しく理解する必要があるでしょう。

ハーブには、犬のリラックス効果や免疫力を高める効果、口臭対策やデトックス効果まであり、犬の健康をサポートしてくれます。

愛犬の体調に気を付けながら、ハーブを正しく使って犬の健康をサポートしてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい