犬にチーズをあげても大丈夫?おすすめの種類や活用方法、注意点

犬にチーズをあげても大丈夫?おすすめの種類や活用方法、注意点

犬を飼うことになったら、犬に与えても良い食材と食べさせると危険な食材をしっかり把握しておく必要があります。今回は、チーズについて取り上げて、犬が食べられるチーズの種類や与え方、注意点を詳しく解説します。

犬にチーズを与えても大丈夫?

犬にチーズを与えても大丈夫?

人間が食べる食材の中には、犬にあげても問題のないものもありますがチーズはどうでしょうか?

ドッグフードの中には、チーズが含まれているものもあり、健康に悪い影響はなさそうです。しかし、人間が食べるチーズと同じものをあげても大丈夫なのか不安ですよね?

チーズにはどんな成分が含まれているのか、それが犬の体にどう影響するのかについて紹介します。

犬もチーズを食べられる!

チーズは、犬の体に悪影響を及ぼす成分が含まれていないので、与えても大丈夫な食材です。チーズには豊富な栄養素が含まれており、犬にとっても良い影響を与えます。

しかし、人間が食べるチーズは、高カロリーで塩分や脂肪分が多く含まれているものがほとんどです。ほんの少し食べさせる程度なら問題ありませんが、たくさん食べさせると、乳糖による体調不良や塩分中毒を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

犬に与えても良いチーズの種類を把握し、正しい与え方を守って必要に応じて食べさせてあげましょう。また、犬用のチーズを与える場合も適度な量を確認して与えましょう。

チーズに含まれる成分が犬の体に与える影響

チーズに含まれる成分が犬の体に与える影響

チーズは栄養価が高いので、普段の食事だけでは摂ることができない栄養を摂取できます。

例えば、乳製品特有のカルシウムやタンパク質だけでなく、ビタミンAやビタミンB群などのビタミン類も豊富に含まれています。

チーズに含まれる栄養素と効能について詳しく紹介します。

カルシウム

カルシウムは丈夫な骨や歯を作る栄養素で、犬にとっても大切な栄養素です。チーズはカルシウムの吸収率が高いので、少量でも十分にカルシウムを摂取することができます。

タンパク質

タンパク質はアミノ酸からできている栄養素で、筋肉や血液、内臓など体を構成します。病原菌やウイルスなどの外敵を退治し健康を維持するために欠かせないため、シニア犬には摂取させたい栄養素のひとつです。

特にチーズに含まれるタンパク質は良質だと言われています。

ビタミンB群

チーズにはビタミンB群が豊富に含まれており、犬にとっても大切な栄養素です。ビタミンB群の中でもビタミンB2は、皮膚や粘膜の生成を促進させる効果や疲労回復効果があります。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保ち、目の機能を正常に保つために必要な栄養素です。シニア犬の健康には欠かせない栄養素と言えます。

脂質

脂質は健康な体を作るのに大切な栄養素ですが、摂りすぎると肥満の原因になります。

しかし、チーズの場合、含まれるビタミンB群により脂質が代謝されるため体に蓄積されにくく、ほかの食材よりも太りにくいと考えられています。

犬の体に負担が少ないチーズの種類と選び方

犬の体に負担が少ないチーズの種類と選び方

チーズにはさまざまな種類がありますが、中には犬の健康維持に悪影響を及ぼす種類もあります。犬に安心して与えられる種類と、避けた方が良い種類について具体的に紹介します。

与えても良いチーズの種類

犬に与えても問題がないと言われるチーズの種類は、含まれる塩分が少なめのモッツァレラチーズやクリームチーズ、リコッタチーズです。

ただし、スライスチーズ1枚分でも過剰摂取となる場合があるので、与える量には気をつけましょう。

マスカルポーネチーズも比較的塩分が少ないチーズですが、脂肪分が多く含まれているため注意が必要です。また、メーカーによって原材料が異なる場合があるので、犬に与える際は必ず原材料を確認してください。

避けた方が良いチーズの種類

ブルーチーズやカマンベールチーズは塩分が多く含まれていて、製造工程でカビを利用して熟成させているので安全面に不安があります。

また、水分を抜いて作られている固いハードチーズも避けた方が良いでしょう。犬の歯が折れたり欠けたりしてしまう危険があります。

犬用のおやつなら安心して与えられる?

市販の犬用のおやつにもチーズが使われているものが多くあります。無添加や無塩、オーガニックにこだわったものなど、犬に安心して与えられるように工夫が施されています。

商品によって特徴や形はさまざまなので、目的に合わせて与えると良いでしょう。

フリーズドライタイプ

フリーズドライチーズダイス【国産 無添加 無着色】

フリーズドライタイプのチーズおやつはサクサクとした食感なので、小型犬にもおすすめのおやつです。

簡単に粉末状になるので、ふりかけとしても使えます。含まれる塩分が少なめですが、軽くて食べやすいので与えすぎないように注意しましょう。

スティックタイプ

ペットプロ 犬用おやつ HappyDays ヤクミルクチーズスティック

スティック状のチーズおやつは噛むことで歯石や歯垢が付きにくくなり、歯の健康を保つ効果もあります。

しかし、種類によっては非常に固いものもあり、口の中を傷つけたり、歯が折れたり、塊を飲み込んだりなど危険性もあります。歯の弱い犬、歯に負担がかかる子犬やシニア犬には与えないようにしましょう。

ガムタイプ

ドギーマン 犬用おやつ ヤギミルクのチーズガム

栄養豊富なヤギミルクを使用したガムタイプのおやつもあります。ハードな食感で長く噛むことができ、歯垢を取り除き歯石を防ぐ効果もあります。

犬にチーズを与える時の上手な活用方法

犬にチーズを与える時の上手な活用方法

栄養価の高いチーズは犬が好きだからといって、たくさん与えて良いものではありません。

また市販の総合栄養食のドッグフードには、健康を維持するための栄養素がバランスよく含まれているので、チーズをわざわざ食べさせる必要もありません。

そのため、チーズは特別な時にだけて与えるようにしましょう。

薬の飲ませ方に困った時にチーズに包んで飲ませる

ほとんどの犬が薬を嫌います。薬を飲んだことがあり、その苦さに嫌な経験をした犬は、特に薬を飲ませるのが大変です。薬をドッグフードに混ぜても薬だけきれいに残したり、口の中に入ったとしてもすぐに吐き出したり、薬の飲ませ方で苦労されている飼い主さんも多いでしょう。

そんな時に役立つのがチーズです。犬はチーズが大好きなので、薬とわからないようにチーズで包むことで、すんなり飲ませることができます。

しつけの特別なおやつとして使う

犬が喜ぶからと毎日のようにおやつにチーズをあげていると、ほかのおやつを食べてくれなくなります。

ベストタイミングは、しつけの時です。辛いことや嫌なことを我慢したり、トレーニングして頑張ったりした時に、ご褒美としてチーズを少し与えると「次ももらえるように頑張ろう!」と学習してくれます。

手作りご飯や食欲がない時の風味づけとして使う

手作りご飯を与える場合、カルシウム不足になりがちです。カルシウムを豊富に含み塩分が少ないモッツァレラチーズやマスカルポーネチーズを少量加えると良いでしょう。

また、市販の犬用チーズふりかけをかければ、簡単に風味づけやカルシウム補給ができます。

簡単で安全な手作りチーズ

市販のチーズの塩分や保存料などが心配な方は、カッテージチーズを手作りしてみましょう。

  1. 鍋に牛乳300ccを入れて、鍋の縁がふつふつとするまで加熱して火を止める
  2. 酢30mlを静かに加えて混ぜ約5分置くと分離するため、ボウルに布巾をかぶせてそ流し入れてこす
  3. 布巾にカッテージチーズが残るので、布巾を軽く絞って洗い流せば完成

おやつも手作りできる

犬用のチーズおやつとして「チーズクッキー」を手作りすることもできます。

  1. 小麦粉50g、パルメザンチーズ小さじ1、オリーブオイル小さじ1、水小さじ2をボウルに入れてこねる
  2. パサつきが気になる場合は、オリーブオイルか水を少しだけ加え、小麦粉を振っためん棒で厚さ約5mmに伸ばす
  3. 好みの形に型抜きをし、天板にクッキングシートを敷いて生地を並べる
  4. 180℃に予熱したオーブンで約10~15分焼いたら完成

犬にチーズを食べさせる時の注意点

犬にチーズを食べさせる時の注意点

チーズに含まれる塩分や脂肪分により、内臓のトラブルを引き起こしたり太ったりする原因になるなど、犬の体に悪影響を与える可能性があります。

ほかにも、チーズを犬に与える際に気をつけたいことがあるので、しっかり確認してください。

乳製品アレルギーに注意

牛乳アレルギーのある犬は、同じ乳製品のチーズに対してもアレルギー反応を起こす可能性が高いので注意してください。

また、食物アレルギーを持っていなくても、初めてチーズを食べさせる場合は、少量にしてアレルギー反応を起こさないか見守りましょう。

乳糖によって引き起こされる体調不良

犬は乳糖を十分に分解できないので、乳製品を与えると下痢や嘔吐などの消化器症状が出ることがあります。

牛乳からチーズを作る工程で乳糖はほとんどなくなりますが、乳糖を分解できない体質である乳糖不耐症の犬には与えない方が良いでしょう。

生後1ヶ月程度の子犬は、母乳の乳糖を分解する消化酵素「ラクターゼ」を持っています。しかし、牛乳に含まれる乳糖を十分に分解できるだけのラクターゼはないので、子犬でも下痢を起こします。

ラクターゼの分泌量は成長するにつれて少なくなるので、牛乳や乳製品による下痢には注意しましょう。

ストルバイト結石になる可能性もある

犬にチーズを与えると「ストルバイト結石」になる可能性があります。

尿路結石を引き起こす食べ物はたくさんありますが、特にリンやマグネシウムを多く含むものには注意が必要です。チーズも種類によってリンを多く含むので、与える際の量には十分気をつけましょう。

人間用のチーズの加工品は与えない

ペットショップや通販サイトには、犬用のチーズケーキやチーズかまぼこ、チーズのお菓子などが販売されています。見た目は人間が食べるものと変わらずとても美味しそうですが、犬が安心して食べられるように安全な材料と特別な作り方で作られています。

人間用のものは、犬の健康を害す材料や成分が多く使われています。塩分の過剰摂取の状態が続くと、心臓病を引き起こす恐れもあります。人間用の食べ物は、少量でも与えないようにしましょう。

チーズのアルミホイル包装の誤飲に注意

チーズはアルミホイルで個包装されている種類もありますが、犬がアルミホイルを誤って食べてしまうことがあります。アルミホイルは胃で消化されないためうまく排泄されないと、胃や腸で詰まり下痢や嘔吐を起こしてしまいます。

最悪の場合、腸重積といった重篤な病気を引き起こすこともあります。アルミホイルが残っていないかよく確認してから与えましょう。

まとめ

チーズはカルシウムやタンパク質、ビタミン類など、犬にとっても大切な栄養素が豊富に含まれている食べ物です。

しかし、人間用のチーズには塩分が多く含まれていて人間と同じように食べさせると、塩分の過剰摂取となり臓器に負担がかかり体調を崩す可能性があります。

人間用でも塩分が少ないチーズなら犬も食べられますが、脂肪分が多く肥満の原因になるので与える量には注意が必要です。犬にチーズを与えたいなら、犬が安全に食べられるように作られた犬用チーズを用意しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい