犬はぶどうを食べると危険!中毒症状や致死量、食べた時の対処法

犬はぶどうを食べると危険!中毒症状や致死量、食べた時の対処法

犬は本来肉食ですが雑食性も強い動物なので、肉や野菜、果物など何でも食べることができます。しかし、人間には害のない食べ物でも、犬の体に悪影響を及ぼすものもあります。今回は、ぶどうについて取り上げます。

犬にぶどうを与えてはダメ!

犬にぶどうを与えてはダメ!

犬に必要な栄養素は、総合栄養食のドッグフードを与えていれば十分ですが、栄養補給として野菜を少し与えたり、ご褒美やおやつに果物をあげたりしている飼い主さんもいるでしょう。

しかし、人間には問題のない食べ物でも、犬には有害で命に関わる危険性があるものもあります。中でもぶどうは、絶対犬に与えてはいけない食べ物です。

一部では「犬にぶどうを食べさせても大丈夫」というデマや間違った情報も流れているので注意してください。

犬がぶどうを食べると中毒を引き起こす危険がある

犬にぶどうを与えてはいけないという話が広まったのは、2001年に犬のぶどう中毒についてアメリカで報告されたことがきっかけです。

ぶどうや干しぶどうを食べた犬43頭が腎機能障害を発症し、その半数が急性腎不全で死亡しました。日本でも生のぶどうやぶどうの皮、乾燥させたレーズンなどを摂取したことによる死亡例が報告されています。

ぶどう中毒がなぜ起こるのかはいまだに原因不明

ぶどう中毒を引き起こす原因物質としては、農薬やカビ毒、ぶどう由来のなんらかの成分などが考えられています。ぶどうの実よりも皮の方が危険だと言われています。

なぜ、ぶどうを食べると中毒を起こすのか、原因や理由はわかっていませんが、中毒症状を起こした事例が多数報告されているため、犬には絶対与えないようにしましょう。

ぶどうの果汁やレーズン入りの食品も与えないで!

生のぶどうだけでなく、ぶどうを加工した食べ物にも注意が必要です。例えば、ぶどうを乾燥させて作られているレーズン(干しぶどう)、ぶどうパン、ぶどうジュース、ぶどうアイスなども食べさせてはダメです。

特に、レーズンは生のぶどうを乾燥させて水分を飛ばして作られているので、1粒あたりに含まれる成分が凝縮され、少量の摂取でも危険性が高まります。

レーズンはパンやお菓子に使われることが多く、飼い主さんが目を離した隙に犬が食べてしまうこともあるので犬が届かない場所に保管しておきましょう。

マスカットは食べても大丈夫?

マスカットもぶどうの一品種で含まれる成分は同じなので、ぶどう中毒を引き起こす危険性があると考えられています。マスカットを使った飲み物やお菓子などの加工品も危険なので、犬が誤って食べないように注意しましょう。

デマに騙されないように注意

犬のぶどう中毒に関してさまざまな情報がありますが、その中には不正確な情報やデマも含まれています。また、「犬はぶどうを食べていい」「食べてはダメというのはデマだ」などと主張する人もいるようです。

しかし、実際にぶどうを食べて体調を崩したケースや死に至るケースもあるので、そのような間違った情報に惑わされないようにしましょう。

ぶどうを食べたことで体調を崩し死亡した症例を紹介します。

3歳のオスのマルチーズは、夜、小さな種なしぶどうを皮ごと約70g食べ、その5時間後に嘔吐をしはじめ翌日まで続きました。

排尿もみられなくなり、ぶどうを食べた2日後に病院を受診。その頃には呼吸が浅くなり意識障害を起こしてぼんやりとした状態で、急性腎不全が疑われたため入院することになりました。

排尿を促す治療を行いましたが、腎臓の機能は回復することなく入院3日目に無尿となり死亡してしまいました。ぶどうを食べてから4日後のことでした。

このようなケースも報告されているので、「食べさせても大丈夫」という話を聞いても、絶対に食べさせないようにしてください。

参考:ブドウ摂取後に急性腎不全を発症して死亡した犬の1例

犬がぶどうを食べた時に起こる中毒症状

犬がぶどうを食べた時に起こる中毒症状

犬がぶどう中毒になると、命に関わる症状を引き起こすことがあります。具体的には、どのような中毒症状が現れるのでしょうか。

多くの場合、嘔吐の症状が見られる

ぶどう中毒の症状は、食べてから2~3時間程で現れることが多く、共通の症状として6~12時間後に嘔吐を発症。下痢や腹痛などの症状も現れることがあり、元気がない、食欲不振、呼吸が荒いなど体調の変化も見られることがあります。

これらの症状には個体差があり、ほとんど症状が現れないこともありますが、無症状だからといって放っておかずに獣医師に相談しましょう。

震えやけいれんが現れることもある

ぶどうを食べてから数時間後に震えが起こり、けいれんして意識を失ってしまう場合もあります。

長時間けいれんしたり、呼びかけても反応しなかったりする場合は症状が進行していて死亡に至る危険性があるので、すぐに動物病院を受診してください。

動物病院を受診する際は、ぶどうを食べた時間や犬の状態や様子の変化、症状、意識レベルなどを伝えましょう。

急性腎不全を引き起こすこともある

ぶどう中毒でもっとも怖い症状は「急性腎不全」です。腎臓の機能が急激に低下する病気で、むくみ、排尿がない、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状が見られます。すぐに動物病院で治療を受けないと、短期間で進行して死に至る恐れもあります。

腎臓は尿をつくり体外に排泄するだけでなく、赤血球をつくる働きを助ける、血圧を調節する、体内環境のバランスを一定に保つなど重要な働きを担っている臓器です。

ぶどうを摂取すると、急速に腎臓障害が進行することになり、最悪の場合は命を落としてしまいます。ぶどう中毒は原因が特定されていないため、効果的な薬はなく症状を抑える対症療法が主体となります。

犬にとって危険なぶどうの摂取量

犬がぶどうを食べた時に起こる中毒症状

現在、ぶどう中毒を引き起こす原因がわかっていない状況なので、症状を発症しやすいぶどうの種類や摂取量についてはっきりとはわかっていません。

これまでに報告された症例を見てみると、症状が現れるぶどうの量は体重1kgあたり3g~57g、干しぶどうの場合は11g~30gです。

体重3kgの犬の場合、ぶどう2~3粒、干しぶどう50粒という計算になりますが、死亡例もあることから1粒で中毒を引き起こして死に至る可能性もあります。

実際に1粒で中毒症状が現れる犬もいれば、3粒食べても無症状の犬もいます。今までぶどうを食べて中毒症状を起こしたことがなくても、突然症状が現れることもあるので安心してはいけません。

前述しましたが、ジュース、ワイン、パン、お菓子などぶどうやレーズンが入っている加工品にも注意が必要です。

また、ぶどうの皮だけを食べて中毒症状を起こしたケースもあります。ぶどうの皮をお皿に放置したりゴミ箱に捨てたりして、それを犬が食べてしまうこともあります。

ぶどうやぶどうの加工品を食べた後は、十分に気をつけましょう。

犬がぶどうを食べてしまった時の対処法

犬がぶどうを食べてしまった時の対処法

犬がぶどうを誤食してしまったら、飼い主さんが落ち着いて適切に対処することが大切です。ここでは、犬がぶどうを食べた時にどうしたら良いのか、その対処法を紹介します。

早めに動物病院を受診する

犬が少量のぶどうを食べて中毒症状が見られない場合でも、動物病院を受診して獣医師に相談しましょう。

中毒症状が現れるまで、ぶどうを摂取してから2~3時間かかるので時間が経ってから症状が出る場合もあります。そして、食べたぶどうを吐き出させることが大切です。

致死量を超える量を食べてしまった場合は、急性腎不全を引き起こす恐れがあるので、症状がなくてもすぐに動物病院を受診して処置してもらってください。

動物病院では、ぶどうをいつどのくらい食べて、どんな症状なのか詳細に伝えましょう。治療方法を選択するための大切な判断材料になります。

ぶどうを食べた時はなるべく早く吐かせることが大切だと説明しましたが、素人の飼い主さんが無理に吐かせると、犬にケガをさせたりのどに詰まらせたりする危険性があります。

また、応急処置として塩を飲ませて吐かせる方法が紹介されていますが、これは誤った方法なので絶対にやめてください。塩中毒になって死に至る可能性もあります。

絶対に自宅で吐かせようとせず、動物病院で処置してもらいましょう。

動物病院で行われる治療

動物病院では、症状を緩和させる治療を優先します。まず薬を使ってぶどうを吐き出させ、全身麻酔をして胃洗浄をして吸着剤(活性炭)や下剤を投与して犬の体から出す処置が行われます。

特に、急性腎不全を発症している場合は、一刻も早く入院させて治療を受けなければなりません。

治療費は吐き出させるために催吐処置をした場合は1万5千円~2万円ほど、急性腎不全を発症した場合は、検査や入院、さまざまな処置を行うため8万円~10万円ほどかかるとされています。

ただし、治療費は病院によって検査や治療方法が異なるので、一概に言うことはできません。紹介した金額も目安として考えておきましょう。

まとめ

犬にとってぶどうは、重い中毒症状や急性腎不全を引き起こす可能性のある危険な食べ物です。

体格の小さい犬は、中型や大型の犬と比べて中毒が発生しやすい傾向にあります。普段から犬の誤飲を予防するために、犬が届かない場所に保管してください。

ぶどうを万が一誤飲してしまったときのために、かかりつけの動物病院にすぐに連絡できるように備え夜間対応している病院を把握しておくといざという時に役立ちます。

さらに、誤飲による中毒は病院で処置を受けるまでのスピードが重要なので、家族みんなで正しい知識や情報を共有しておくことも大切です。

犬の誤飲は飼い主さんの気遣いにより予防できる場合がほとんどです。万が一の時も、冷静に適切な対応をすることで、犬の命を守れる可能性もあります。愛犬に辛い思いをさせないために、正しい知識と理解を深めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい