犬にうずらの卵を与えても大丈夫?与え方や量の目安、注意点

犬にうずらの卵を与えても大丈夫?与え方や量の目安、注意点

私たちの食生活にもたまに出てくるうずらの卵ですが、犬が食べたがったら与えてもいいのかな?と迷うと思います。今回はうずらの卵を与えていいのかということや注意点などを述べたいと思います。

犬にうずらの卵を与えても大丈夫?

何かを食べている柴犬

あまり知られていませんが、うずらの卵には栄養成分が豊富なため、犬にうずらの卵を与えても大丈夫です。普段あげるドッグフードにうずらの卵が含まれていることはあまりないですが 、うずらの卵に含まれる栄養成分は犬の体や健康にもとてもいいので、適度に与えるのはとても良いです。

うずらの卵に含まれる栄養成分や犬に与えることによって、どのように良い点があるのか等を下記にてご紹介していきます。

うずらの卵に含まれる栄養成分と犬への効能

うずらの卵

うずらの卵には一般的な鶏卵より、たくさんの栄養成分が含まれています。うずらの卵は、たんぱく質やビタミン類、葉酸、鉄分などが鶏卵よりも豊富に含まれています。このような栄養成分や体への作用について下記で述べます。

うずらの卵にはたくさんの栄養成分がある

たんぱく質

たんぱく質は人間にとっても大事な栄養素ですが、犬にとっても体の約20%を占める栄養素でとても重要なものとなります。酵素に変換され体調を整える面もあり、生きていくうえでエネルギーとして必要不可欠です。

葉酸

葉酸は鶏卵よりも約2倍程多くうずらの卵に含まれています。葉酸は発育に欠かせない栄養素のため、妊娠している犬に必要なものとなります。また、ビタミンB12と一緒に血液を作り出すため、犬の貧血などを防ぐこともできます。

鉄分

人間は鉄分が不足すると貧血をおこしたり体調が悪くなるように、犬も鉄分が足りなくなると貧血になったり、貧血により食欲が低下したりします。貧血を防ぐとともに、エネルギー源としても鉄分を摂取することは体調管理において必要なことです。

ビタミンA

ビタミンAの主成分であるレチノールの犬への一番大きな効能は、目を守ることです。ビタミンAは目の光を受ける部分の細胞を作る重要な役割を果たす栄養素で、ビタミンAがしっかりと取れていることによりちゃんと目が見えていたり暗い場所でも目が見えています。視力を守ることは、誤飲なども防ぐことに繋がります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、犬のエネルギーを作り出す効果があり、疲労を回復したり健康を保つ効果があります。これが不足すると、少し走っただけで息切れしたり、疲れやすくなり、体力の低下を引き起こします。

ビタミンB2

ビタミンB2は、犬の皮膚や被毛などを健康的に保つために不可欠な栄養素です。これが不足すると、皮膚が荒れたり被毛の艶がなくなります。また脂質などをエネルギーに変える効果があるため、ビタミンB2が不足すると元気に動けなくなってしまいます。

ビタミンB12

うずらの卵には、ビタミンB12が鶏卵よりも約5倍も多く含まれています。ビタミンB12は、赤血球を作り出す重要な働きをするため、葉酸と同じく貧血を防ぐ効果もありますが、主な役割は犬の神経を正常に活動させることです。神経系に異常が出るとふらついたりする症状が出たりするため、ケガをする恐れもあります。

うずらの卵の栄養成分の効能

うずらの卵には様々な栄養成分が含まれていることを上記でご説明しましたが、大きな効能としては犬の健康を維持するという効能が一番大きいです。貧血を防止したり、エネルギー源を生み出して犬を毎日健やかで元気に過ごさせることができます。

また、どの栄養成分も鶏卵より2〜5倍も多く含まれており、とても栄養成分が豊富なので、鶏卵よりもうずらの卵を与えることをおすすめします。

犬にうずらの卵を与える方法

うずらの卵

犬にうずらの卵を与えることはとても健康に良いことをご説明しましたが、実際に与えるには茹でたほうがいいのか、生でもいいのかなど、どのように食べさせるのがいいのかな?という疑問があると思いますので、犬へのうずらの与え方についてご説明します。

  • 茹でたうずらの卵を与える
  • 生のままでは与えてはダメ
  • 調味料は使わずに与える

茹でたうずらの卵を与える

犬にうずらの卵を与える一番良い方法は茹でたうずらの卵を与えることです。熱い状態だと火傷する可能性がありますので、冷ましたものを与えましょう。

細かく切ったりすると食べやすいと思いますので、切って与えてあげるのもいいですね。また、半熟卵も与えて大丈夫ですが、白身にはしっかりと火を通したものにしてください。

卵の殻についてですが、殻にもカルシウムなどのたくさんの栄養が含まれているので、火を通した殻は食べても問題はありません。ですが、茹で卵をそのまま殻ごと与えると口の中などを傷つける可能性がありますので、与えるとしても小さく切ったものにしましょう。

生のままでは与えてはダメ

生のうずらの卵は与えないようにしてください。なぜ生のままがダメかというと、生卵の白身には「アビジン」という成分が含まれていて、このアビジンは栄養成分の吸収を妨害する成分のため、犬の健康に害を与えます。

また、生のうずらの卵には「サルモネラ菌」がついている可能性があるので、生のうずらの卵は与えずに茹でたり加熱したものを与えるようにしましょう。

調味料は使わずに与える

犬に茹でたうずらの卵ではなく、卵焼きなどの加熱したものを与えることもできますが、その場合には調味料は使わないようにしましょう。人間用に味付けをした塩コショウなどの調味料は、塩味が強かったりと犬の体にはよくないためです。

市販のうずら卵の水煮は塩分が多いため、犬には与えないほうがいいでしょう。また、卵スープや卵粥は消化に良いので、体調の悪い犬や高齢犬におすすめします。ですが、ご飯を手作りする際は塩などの調味料は入れないで与えてください。

犬にうずらの卵を与える時の目安量

たくさんのうずらの卵

うずらの卵には栄養成分がたくさん含まれているため、たんぱく質や脂質も多く、カロリーも高いため、あまり多くの量を与えると太ってしまいます。

与えすぎて太ってしまっては健康によくないです。何個まで一日に与えていいかというと、小型犬は1個、中型犬3〜4個、大型犬は5〜7個ぐらいを目安とし、与えすぎないように注意しましょう。

犬にうずらの卵を与える時の注意点

お皿をくわえるラブラドールレトリバー

うずらの卵を与える際には、上記で述べたように与えすぎないことや、生で与えないということに注意が必要ですが、他にも注意すべきことがあります。犬も人間のようにアレルギーがあり、アレルギーがある場合や持病がある場合にも注意が必要です。

  • アレルギーがある場合には与えない
  • 腎臓病の犬に与える場合は獣医さんに相談する

アレルギーがある場合には与えない

犬にも卵アレルギーがある子がいます。アレルギーを持っていることを知らずにたくさん与えてしまうと、体調を崩したりして大変なことになります。最初にうずらの卵を与える際には、少しだけ与えてみましょう。

卵アレルギーの症状として下痢や目の充血、身体の痒みなどがあり、そのような症状がある場合にはアレルギーの可能性があるため与えるのはやめましょう。

アレルギーかどうかを調べたい場合は、獣医師さんに診てもらいましょう。アレルギーぐらいと思うかもしれませんが、酷いアレルギー症状だと死に至るケースもあるので注意してください。

腎臓病の犬に与える場合は獣医さんに相談する

うずらの卵は栄養成分が豊富で、腎臓病やがんなどの持病がある犬にもとても良い食べ物です。この場合もしっかり加熱したうずらの卵を与えましょう。

また、腎臓病を患っている場合、たんぱくの摂取を制限する必要があります。そのため、持病を持っている犬にうずらの卵を与える場合には、事前に与えても大丈夫か獣医師さんに確認してから与えるようにしましょう。

まとめ

ペロリと舌を出す犬の

普段私たちが食べているうずらの卵は、とても栄養素が多く身体に良い食材ですが、犬にとっても良い栄養食材になります。与える量や与え方には気を付ける必要があります。茹でてあげたり焼いてあげたりして、正しく与えてあげましょう。

ただの栄養成分として摂取するだけではなく、様々な調理方法で与えることで、犬にとっても食事が楽しいものになります。また、アレルギーや持病がある犬の場合には与えることが難しい場合もあるので、うずらの卵を与えることについて、飼い主さんもしっかりとした知識を身につけてから与えることが大事です。

これから愛犬と一緒に健康で長生きしていくために、うずらの卵の与え方などに注意しつつ与えてあげて、しっかりと栄養を取って元気に過ごしていけるようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい