犬の代表的な「皮膚病」2選 初期症状や放置してしまうリスクとは?

犬の代表的な「皮膚病」2選 初期症状や放置してしまうリスクとは?

『犬の代表的な皮膚病』についてまとめました。全ての犬に感染する恐れのある「皮膚病」があります。本記事では、初期症状で起こること、放置するとどうなるのかを解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.膿皮症(のうひしょう)

胸元に皮膚疾患のある犬

膿皮症は、犬の代表的な皮膚病のひとつです。細菌に感染することで発症する皮膚病ですが、部位によって2つのタイプに分類されます。

  • 深在性膿皮症(しんざいせいのうひしょう)
  • 表在性膿皮症(ひょうざいせいのうひしょう)

深在性膿皮症は、犬の皮膚の毛包より深部に細菌が感染した状態を言います。

表在性膿皮症は、犬の皮膚の表面や毛穴に細菌が感染した状態を言います。

深在性膿皮症は表在性膿皮症が進行することで発症するケースが多いでしょう。

初期症状

深在性膿皮症の初期症状では、皮膚に発赤や程度のひどい毛包炎、潰瘍や痂疲(かさぶた)が見られることがあり、血液や膿汁が出ることがあります。

強い炎症を伴うことがほとんどで、痒みよりも痛みを訴えることが多いです。痛みのためか、元気がなくなったり、食欲がなくなったりする犬もいます。

表在性膿皮症の初期症状では、皮膚に膿疱という膿を持ったニキビのような膨らみができることがあります。また、皮膚に赤いぶつぶつが見られることがあります。

比較的強い痒みを伴うこともあり、皮膚を引っ掻く行動が起こることもあります。膿疱が破裂することがあります。

放置するリスク

膿皮症が軽度であれば、自然に治る場合もあります。しかし、膿疱が破裂することを繰り返すと、周りへ広がっていきます。悪化すると膿皮症が自然に治ることは期待できず、やがて感染部位を中心として脱毛が始まります。膿皮症が治る過程で表皮小環(炎症が起きた部位の周囲に色素沈着が起こる状態)ができます。

膿皮症は治りにくく繰り返しやすい、という特徴のある犬の代表的な皮膚病です。少数でも膿疱が見つかれば、病状が進行・悪化する前に病院へ急ぎましょう。

2. 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

皮膚疾患のある犬の両手

皮膚糸状菌症は、犬の代表的な皮膚病のひとつです。皮膚糸状菌という真菌に感染することで発症する皮膚病ですが、犬だけではなく人にも感染する人畜共通感染症です。

皮膚糸状菌は土壌や動物の皮膚などで増えます。菌の種類は大きく分けると3種類ですが、Microsporum canisが感染する菌の割合では最も多いでしょう。感染経路

感染経路

主な感染経路は、すでに感染している犬との直接感染や菌の生息する土壌やハウスダストからの間接感染です。

初期症状

初期症状では、白いフケが出ます。飼い主のほとんどが皮膚病だと気づけない程度です。

菌が皮膚深く毛根にまで感染すると脱毛が起こります。皮膚糸状菌のみの汗腺の場合は痒みがほとんどありませんが、細菌が二次感染すると痒みが起こり、掻くことでさらに悪化させてしまいます。

放置するリスク

皮膚糸状菌症は人獣共通感染症ですので、飼主や接触した人に感染するリスクがあります。他の動物にうつることもしばしばです。完全に治癒するまで時間がかかることが多く、抵抗力が弱い人や動物に感染すると被害が大きくなります。

侵入を食い止めるためには、早期に治療を開始することが大事です。

まとめ

痒がる犬の後ろ姿

犬の代表的な皮膚病を2つ解説しました。

  • 膿皮症(のうひしょう)
  • 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

犬種や年齢に関係なく、全ての犬に発症する恐れのある皮膚病です。細菌はいつの間にか愛犬に皮膚に侵入し、奥深くまで入り込んでしまいます。

膿皮症も皮膚糸状菌症も非常に治りにくい皮膚病です。特に、甲状腺機能低下症や糖尿病などの疾患があったり、ステロイドや免疫抑制剤を投与しなければならない病気を抱えている場合は感染のリスクが高くなり、治癒が遅れてしまうことがあります。少しでも皮膚に異常が見られたら病院へ行くこと、良くならない時は他の病院でも診察を受けてみること、皮膚の専門医を訪ねることなどをおすすめしたいです。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。