犬には『嫌いな色』がある?苦手とされる色と好きな色

犬には『嫌いな色』がある?苦手とされる色と好きな色

この世界は、様々な色であふれています。この記事では、犬に見えている色の状態を解説するとともに、苦手な色と好きな色について考えてみたいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬も人間と同じ色が見えている?

犬の両目

飼い主さんと一緒に室内で生活し、旅行やお出かけにも行くなど様々な経験を共有している犬が増えてきています。しかし、同じ場所で同じものを見ている犬と飼い主さんですが、その見え方には少し違いがあると考えられているのです。

犬と人間の目の構造は異なり、視力の程度はもちろん、色の見え方にも違いがあるとされています。一昔前までは、「犬は白黒の世界で生きている」と言われていましたが、近年の研究でいくつかの色を認識できているということがわかってきました。

白と黒の濃淡(モノトーン)を中心に、黄色と青色が見えているとされています。黄色や緑、オレンジがくすんだ黄色、青や紫は青っぽい色、そして、赤やピンク、茶色は暗めのグレーに見えているようです。そのため、光の加減や色の濃さによって、見え方の濃淡はあるものの犬の見えている世界は「黄・青・グレー」で構成されています。

犬が見分けるのが苦手な色は「赤」

赤い食器と犬

犬の目には、赤を見分けるための受容体がないため、赤やピンク、茶色のものを見ても、色を識別することができずグレーに見えてしまいます。犬が見えている世界は、全体的にグレーがかっているため、赤いものがあっても背景と同化して埋もれてしまい、うまく見分けられないのです。

そのため、犬が遊ぶおもちゃや、トイレトレーのように犬が自分で見つけなければいけないもにについては、赤や茶など見落としやすい色は避けてあげるといいでしょう。

犬が好む色は状況によって異なる

黄色いボールをくわえて走る犬

現時点でわかっている範囲では、犬にとって見分けることがむずかしい色は「赤」、その反対に認識しやすい色が「青」と「黄」だとされています。そのような中で、犬がどの色を好み、どの色を苦手とするかは明確にはわかりません。

ただし、犬にとって見分けやすいか見分けにくいかということで、安心感や集中力に差があらわれることがあります。

ボール投げやおもちゃ遊びをするときには、地面や周囲のものと同化しにくい「青」や「黄」のおもちゃを使った方が犬も集中して遊べます。反対に、犬用のベッドや毛布など、ゆっくりと休むときに使うものは視覚的な刺激が少ないように赤や茶、グレーなどの色を選ぶと落ち着いて過ごせるとも考えられます。

まとめ

色分けされているポートレート

ここまで解説してきた通り、犬の目は人間の目と異なり、それほど多くの色を見分けることができるわけではありません。その中で、犬が色に対して「好き」「嫌い」という感情を持っているか、ということについてもはっきりとはわかりませんが、認識のしやすさやそれによる行動・気持ちへの影響はあると思います。

また、色に限らずどんなものに対しても個体差があるため、犬によってそれぞれ好む色が異なることも十分考えられます。おもちゃ選びなどをするときは、様々な色を試して愛犬の好みを探ってみるのもおすすめですよ。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。