買うべきではない『犬用品』5選!その理由や危険なものの見分け方を解説

買うべきではない『犬用品』5選!その理由や危険なものの見分け方を解説

近年、犬用品として販売されているものは種類が豊富で見ているだけでも楽しくなるものばかりです。しかし、犬用品として売り出されていても、中には買うべきではないものがあることをご存知でしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

理由も解説!買うべきではない『犬用品』5選

犬用品を選ぶ家族

近年、1つの犬用品でもさまざまなデザイン、種類、機能性のものが増えています。見ているだけでも楽しくなる犬用品ですが、中には『犬用品』として売り出されていても買うべきではないアイテムが存在します。

1.犬の遊びに適していないおもちゃ

ぬいぐるみをボロボロにする犬

『犬用おもちゃ』と表示されているおもちゃの中には、「本当にこれは大丈夫?」と思うような犬用おもちゃが混ざっていることがしばしばあります。特に最近は、ネット販売されている犬用おもちゃも多いため、中には心配になるようなおもちゃも。

  • 耐久性が低いプラスチック製のおもちゃ
  • あまりにも柔らかすぎるぬいぐるみ
  • 硬すぎて歯に負担がかかるおもちゃ

以上の3つの中に1つでも特徴が当てはまるおもちゃを見つけた場合は、別のおもちゃを選ぶようにしてください。

耐久性が低いプラスチック製のおもちゃは、遊んでいる最中に壊れてしまい、破片が犬の口に入って怪我を負う恐れがあります。耐久性の低いぬいぐるみも綿が飛び出し、窒息の原因となることがあります。

反対に硬すぎるおもちゃも要注意です。硬すぎると犬の歯や顎に負担がかかってしまうため、口周りを痛めてしまう危険性があるからです。

おもちゃなどを噛んで壊れた場合に、誤って食べてしまう可能性があります。

開腹手術が必要になることもありますので、耐久性が低いおもちゃは選ばないようにしましょう。

2.装飾がたくさんついた犬用の服

最近はペットショップだけでなく、さまざまなインターネットホームページやショッピングアプリで、犬用のおしゃれな洋服を見かけます。

装飾がジャラジャラとついた機能性よりもデザイン性を重視した犬用の服は避けてください。言葉に出さない犬たちですが、内心ではストレスを感じている子が多いからです。

歩いたり動くたびに、ジャラジャラと揺れたり触れたりする装飾に犬たちは敏感です。気になりストレスを感じたり人工的な装飾品に違和感を感じたりするため、装飾品が多い洋服は避けてください。

3.犬の首に負担がかかる首輪

金属がついた首輪

散歩の時には必須となる首輪ですが、首輪選びも慎重に行う必要があります。首輪に使われている素材や耐久性によっては、犬に負担をかけたり危険な目に遭わせてしまったりするリスクが考えられます。

  • 安すぎる耐久性の低い首輪
  • 金属製のチェーン
  • 革材質の首輪

これらの首輪は、犬用の首輪としてあまり適切とは言えません。最近ではとても安い布製の首輪もありますが、安い首輪は細すぎるため首に食い込みやすいです。また、耐久性が低いため、散歩中に首輪がちぎれてしまうこともあり危険です。

金属製のチェーンでできた首輪は、犬の皮膚に食い込んでしまい、首の皮膚を傷めてしまったり、喉部分を潰してしまったりする恐れがあるため避けてください。

革材質の首輪も多く販売されていますが、固く皮膚が擦れたり、中にはアレルギー反応を示したりする犬もいるため、できる限り避けたほうが無難でしょう。

4.柔らかすぎる犬用ベッド

犬用ベッドもさまざまな形や素材、デザインのものが販売されています。中にはとてもふわふわで人間も思わず顔を埋めたくなってしまうような犬用ベッドもあるほどです。

しかし、あまりにも柔らかすぎるベッドは犬が狩猟本能を刺激され、掘ったり噛んだりすることで中の素材(綿や羽毛)を出してしまう恐れがあります。

すると、ベッドが壊れるだけでなく中から出てきた素材を誤飲してしまい、窒息の原因となる恐れもあります。

誤飲以外にもふわふわしたベッドは不安定でバランスを崩しやすいので注意です。ベッドに乗った時にバランスを崩し関節や靭帯を傷める可能性があります。

非常に危険なので、安全に休ませるためにも丈夫な素材でできたベッドを用意してあげましょう。

5.安すぎるドッグフード

ドッグフード

最後に、犬用品の代表格とも言えるドッグフードです。最近ではドッグフードも種類が豊富になり、愛犬に適したドッグフードを探している飼い主さんも多いでしょう。

しかし『ドッグフード』と販売されているものの中には、たしかに犬が食べられるものの、あまりにも使われている原材料に疑問符が浮かぶものもあります。特に他のドッグフードに比べて、あまりにも安すぎるドッグフードには要注意です。

着色料や防腐剤などが多く含まれているドッグフードや、品質のあまり良くない原材料が使われているドッグフードも存在します。

法律により、表記が曖昧でも問題ないとされている原材料が多いため、「あまりにも安いドッグフードには裏があるかも」と安易に手を出さないほうが良いでしょう。

まとめ

ペットショップを見て回る犬

いかがでしたでしょうか。今回紹介した用品以外にも、犬にとってストレスとなるものや危険な犬用品は意外と多くあります。愛犬にとって何が安全か、ストレスがかからないかを考え、適切な犬用品を選びましょう。

はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。