【多頭飼い】犬の飼い主さんのパニックに失笑!病院へはみんなで来ないで欲しい!

【多頭飼い】犬の飼い主さんのパニックに失笑!病院へはみんなで来ないで欲しい!

動物看護師時代に経験したことの中には、本当につらい経験もありましたが、飼い主さんとの面白いエピソードなどもあります。その中でも、多頭飼いをされている飼い主さんに失笑しながらも、憎めなかったお話をします。

お気に入り登録

動物病院で看護師をしていたころに経験したエピソードの中で、少し笑顔になってしまうような経験をお伝えしたいと思います。

この体験談を通して、思い当たることなど共感していただければと思います。

また、診察に連れてきていただく際に気を付けてほしいこと、管理の注意点として受け止めていただければと思います。

犬を5匹飼っているNさん

多頭飼いイメージ

犬をたくさん飼っている飼い主さんも多いと思います。

それぞれ特徴があるので、見間違えることなどはないと思いますが、実際いかがでしょうか。

名前の呼び間違いや混乱など、思い当たるふしはありませんか?

病院に来ていたNさんは5匹のヤンチャな犬を飼っている飼い主さんでした。

たくさんの犬を一度に連れてくるので、いつもご自身はパニック状態でした。

呼び間違いの連発...

不思議そうな顔の犬

飼い主さんが診察室で獣医師と話しているときも、犬たちはみんな興奮気味。

体調などの話をしていても、名前を間違えすぎて、看護師も獣医師もだんだん混乱してきました。

話題になっている犬の方も「自分のこと?」みたいな顔をしていました。

とうとう匙を投げた飼い主さん

笑う飼い主

説明途中で、誰が誰かわからなくなったと言って、頭を抱えだした飼い主Nさん。

結局、獣医師が細かく質問していきますが『食欲がないのは誰?』『ただの好き嫌いなのか』『残ったご飯を誰か横取りして食べた』など、だんだんと聞いている方も訳が分からなくなってきました。

挙句の果てには「もうわからない!ごめんなさい!」と開き直る始末!

これには、その場にいた獣医師も看護師も皆笑ってしまいました。

本来なら、飼い主さんに「しっかり管理してください!」と注意するところですが、あまりのパニックぶりと犬の困惑した表情に、診察室は不思議と飼い主さんを憎めない雰囲気になっていたのです。

多頭飼いの問題点

犬の写真

このエピソードは、なかなか状況が伝わりにくいかもしれませんが、大勢の子供を抱えてパニック起こした挙句に笑えてきた!みたいな感覚ですね。

笑えたので良かったですが、このような混乱はできればない方がいいに決まってます。

食事の時間は何頭いてもしっかり分けてあげることや、排泄などの状態を把握をするために散歩の時間を分けるなど、想像すると大変なことばかりですが、管理するにはそういった方法しかありません。

たくさん飼うからにはいろんなことを覚悟しなければなりません。

まとめ

多頭飼い

今回は面白いエピソードとして書きましたが、多頭飼いされている方には気をつけていただきたいことがたくさんあります。

  • 健康管理
  • 食事管理
  • テリトリーの確保 など

様々な点に注意して飼育することが大切です。

今回の通院の場合もできれば2頭ずつなどで分けて来院すれば、こんなにパニックにならずに済みますので、通院の際は少し気を付けてみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。