なぜダメなの?ペット不可の賃貸で犬を飼うのが絶対NGな『3つの理由』

なぜダメなの?ペット不可の賃貸で犬を飼うのが絶対NGな『3つの理由』

「犬と暮らしたいと」思った時、賃貸のお家に住んでいる方が絶対に考えなければいけないのが「ペット可物件」であるかどうか。ペット不可の物件で犬を飼ってしまうと、後々、痛い目に合ってしまうかもしれません。ペット不可の賃貸で犬を飼うのが絶対NGな理由をお伝えいたします。

お気に入り登録

ペット不可の賃貸で犬を飼っていることが発覚したらどうなる?

荷造り中のお部屋にいる飼い主さんと犬

賃貸のお家で犬を飼っている方も多いですよね。賃貸のお家で犬を飼うには「ペット可」の物件で飼うのが当然ですが、意外と「実はコッソリ飼ってるの」なんて話を時々耳にすることがあります。

もしも、家主さんや管理会社に犬を飼っていることが発覚した場合はもちろん罰則の可能性もあります。

1.犬を手放すよう要求される

マンションなどの集合住宅に暮らしている場合は、もちろん近隣の目もありますので犬と暮らしていることが発覚す可能性はとても高いですよね。

許可なく犬を飼っていることが発覚した場合は、大家さんや管理会社からペットを手放すように要求されることもあるそうです。

動物愛護法でペットを放置することは法に触れるため「捨ててこい」とは言われませんが「他の方に譲る」「里親に出してほし」など言われることが多いよう。

ペット不可の賃貸で犬を飼っていた人はもちろん規約違反を犯している訳なので、すぐにでも実行しなければいけません。なかなか譲る相手が見つからなかった場合、強制撤去になることもあります。

2.強制撤去の可能性

犬を手放すよう要求される以前にいきなり強制撤去の通知が届くこともあるようです。

一般的には家主や管理会社側から、何らかの事情で入居者に撤去を求める場合は、1ヶ月前までに通知をする義務があるのですが、入居者がルールを破っていたケースでは指定された期日までに退去しなければいけません。

撤去の際にはお部屋が綺麗であったとしても修繕費用、また消臭のためのクリーニング費用を請求されることも珍しくないようです。

3.罰金を請求される可能性

愛犬を手放す、また強制撤去を要求されたうえで更に罰金を請求されるケースもあるようです。隠れて犬を飼うというルール違反をしてしまった罰として1ヶ月分の家賃の振り込みなどの形で請求されることがおおいよう。

大切な愛犬を手放したうえで罰金、また強制撤去と罰金など、なかなか厳しいペナルティが待っていますので、ペット不可の賃貸で隠れて犬を飼うのは絶対に止めておきましょう。

ペット不可の賃貸で犬を飼うのが絶対NGな『3つの理由』

段ボールが積まれた部屋でパソコンを見る飼い主さんと犬

近年ではペット可の賃貸物件もとても増えてきましたが、まだまだペット不可の賃貸が多いのが現状のよう。

ペット不可の賃貸で犬を飼うのが絶対NGなの、はもちろん家主さん側でペット飼育禁止にした理由があるから。賃貸物件でペット飼育を禁止している理由とはどんなものでしょう?

1.トラブルを避けるため

犬をはじめとした動物を飼うことで近隣トラブルが発生するリスクを減らすのがひとつの理由。犬や猫は鳴き声や遊んでいる時の足音など騒音によりトラブルが発生しがちです。

その他、ニオイ、動物アレルギー、またゴミ問題など動物を飼育することが、様々なトラブルの原因となりかねないため禁止としているようです。

犬や猫意外でもウサギや鳥、また熱帯魚なども飼育を禁止している賃貸物件もあるので飼われている方は引っ越しの際ご注意ください。

2.物件の資産価値が下がるため

犬や猫が暮らす物件はどうしても床や壁に傷がついたり、部屋の中にニオイが染みついてしまう事が多々あります。

多くの入居者が「新築の物件に住みたい」と感じるように、物件の価値は綺麗であることが大切。築年数がある程度経過している賃貸では状態を綺麗に保っていることが重要です。

傷、ニオイなどが修繕しきれない場合は物件の価値自体が下がってしまうためペット飼育禁止としているようです。

3.空室のリスクを下げるため

ペット可の賃貸は退去後の原状回復のための費用がペット不可賃貸に比べるとかさんでしまうようです。そのぶん敷金を上げる必要があり、入居の際の初期費用が高い物件になることが多いのだとか。

入居の際、初期費用が高いと入居をためらう人が多く空室が増える可能性があります。家主さんとしては常に満室を維持するための選択のようです。

まとめ

リビングで遊ぶ犬

ペット不可の賃貸で犬を飼うのは常識的にも絶対にしてはいけないこと。万が一隠れて犬を飼っていることが発覚したら、とても悲しいペナルティが課せられます。

稀ではありますが家主さんや管理会社に交渉することで、犬を飼ってもいいという許可が下りることもあるようです。どうにもできない事情がある時でも、隠れて飼ったりせず相談してみましょうね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。