怒りよりも「共感」多頭飼い崩壊現場で語られる飼い主への言葉

怒りよりも「共感」多頭飼い崩壊現場で語られる飼い主への言葉

米国カンザス州で、多頭飼い崩壊の家屋から多数の犬たちがレスキューされました。このミッションにたずさわった動物愛護団体の職員は、犬を苦しめた飼い主に「怒り」ではなく「共感」を持とうとしています。

お気に入り登録

虐待には2種類あるのかも

立ち入り

米国カンザス州で犬の多頭飼い崩壊現場の摘発に協力を依頼され、The Humane Society of the United States(米国動物愛護協会)が同行しました。

職員の女性が解説します。「どんな状況になっているのか事前には何も情報を持っていない状態で現場に入りました。」

この子は全身脱毛して、首の上部にポヨポヨと毛が残っています。

首の毛がポヨポヨの子が向かって右に、その左どなりの子も同じように全身が脱毛。左端の子は体毛は無事ですが、下を向いていて気持ちがしおれているようです。

そして玄関前のポーチに置かれたリクライニングチェアに横になっていた老犬。屈託のない表情で、職員を見つめます。

この老犬はすっかりこの女性になついて、家の中に入った女性を追ってきて甘えています。後に「エルシー」と名づけられたそうです。

こんなふうに人と親密に接するのは、もしかしたらエルシーにとって本当に久しぶりだったのかもしれません。

『置いていかないよね?』

「置いていかないよ」

2種類の虐待

エルシーが甘えている女性は言います。「多頭飼い崩壊のケースでは、飼い主も最初から何か悪だくみをしたわけではありません。ですから、飼い主に対しても共感を持ってケアしてあげることが大切です。」

許容範囲を超えて犬を集めてしまう、あるいは繁殖を止められない飼い主のルーズさが犬を苦しめることになるのですが、悪意があったわけではない。

そこで、飼い主には「懲罰」にも増して「教育」が必要でしょう。

一方で、金もうけのためだけに無分別に犬を繁殖させ、最初から犬の健康や幸せなど眼中にない悪徳商売を手がける個人や団体もある。

これはもう「教育」より「懲罰」の対象です。

「懲罰」の法整備は米国でも日本でも遅れています。犬たちの苦しみが早くなくなりますように。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。