『クリスマスパピー』がつかんだ幸せのセカンドライフ

『クリスマスパピー』がつかんだ幸せのセカンドライフ

命に関わるほどのひどい皮膚病にかかってしまった生後6週の子犬が、動物救急病院に搬送されてきました。その後たくさんの人々のサポートで回復し、幸せになったお話をご紹介します。

お気に入り登録

重度の皮膚病から回復し幸せなセカンドライフをゲット

ひどい皮膚病の子犬

オーストラリアにあるRSPCA(英国王立動物虐待防止協会)クイーンズランドに、ひどい皮膚病にかかった1匹の子犬が搬送されてきました。

子犬の名前は「フィン」生後6週です。フィンはクリスマス時期に誕生するように繁殖された子犬、いわゆる「クリスマス・パピー」でした。

元飼い主はブリーダーから「いらない」という理由でフィンを無料で譲り受けました。家族に迎えてから1週間後にフィンの体調がとても悪くなり獣医にかかる費用が捻出できないこと、看病する時間がないことを理由にRSPCAに引き渡すことになったのです。

若年性蜂窩織炎と診断

若年性蜂窩織炎とは生後1〜3ヶ月の子犬に見られる皮膚病で、顔や体に膿を含む水脹れができ、発熱や外耳炎など他にもさまざまな症状が出ます。原因ははっきり解明されていませんが、免疫異常が原因と考えられています。

RSPCA のアン獣医師のお話では、治療をせずに放っておくとひどい痛みのせいで食事をとることができずに餓死してしまう危険があるそうです。

フィンが搬送されてきた時、頭部は腫れ息も絶え絶えな状態でした。搬送されてすぐに鎮痛剤が投与され、少しでも早い痛みの緩和が図られました。その後抗生剤投与、免疫状態をコントロールする治療が開始されました。

頭部の腫れや皮膚の炎症はまだ残るものの、痛みが緩和され食事が取れるようになり3日後には子犬らしい元気が戻ってきました。

一時的な里親の元へ

フィンは、ボランティアで一時的な里親をしているジェシカさんの元でしばらく暮らすことになりました。ジェシカさん宅に来てから2日後にはすっかり馴染んでよく食べよく遊ぶようになりました。

ジェシカさんは12週間、日々の投薬、1週間に1回の診察に連れて行くなどのお世話をしてくださいました。

成長

こちらは当時生後6ヶ月のフィンです。

そして、生後8ヶ月になりました。凛々しくなりましたね!

そして、人々に助けられながら成長したフィンについに永遠のお家が決まりました!

まとめ

RSPCAクイーンズランドのCEOであるマークさんは、「人々の善意の寄付が、救える命を救うための支えになっています」と語っています。金銭面でもボランティアなどの時間的な面でも、何かしらできる範囲で命を救う手助けができたら素晴らしいことですね。

さまざまな人たちの善意と愛情で成長したフィン。早い段階で適切な治療を受けられて本当によかったですね。サポートしてくださったみなさんに感謝です。

フィンの成長の軌跡はこちら。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:RSPCA Queensland

RSPCA Queensland

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcaqld.org.au/

▼ 【売上は全額支援金】オリジナルグッズも販売中!
https://www.worldforpets.com.au/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。