子犬工場崩壊現場の惨状…糞尿にまみれた100匹の犬は飢えと病に苦しむ

子犬工場崩壊現場の惨状…糞尿にまみれた100匹の犬は飢えと病に苦しむ

米国・アーカンソー州の多頭飼い崩壊現場から動物愛護団体が犬や猫を多数救出しました。室内に所せましと置かれたケージの中で、糞尿にまみれて放置されている犬たちは皆、ぜんそくや目の感染症、精神疾患など、様々な病を抱えていました。

お気に入り登録

アーカンソーからワシントン・D.C.へ大移動

通報・発見

米国・アーカンソー州で、激しい雷雨の中、警察車両に先導されて動物愛護団体Humane Society of the United States が向かった先は、林を開墾して建てたような一軒家。家のまわりにはごみが散乱し、とても荒れています。そして、多くの犬が吠えているのです。ここは崩壊した子犬工場です。

さっそくこの大きな犬は、「ここから出してあげるからね。」とささやく人にすり寄っていきます。

小さなケージに詰め込まれた猫たちも「助けてー!ここから出してー!」

強烈な異臭のただよう家の中に足を踏み入れる前に、全員強力なマスクを装着しました。そこで目にしたのは、何段にも重ねられたケージの中の小型犬たち。

呼吸器系にダメージを受けてゼィゼィと音を立てている子や、鼻水を垂らす子、ケージの中で狂ったように左右に揺れている子など。目をそむけたくなる惨状です。でも直視しなければ。

この子はベタベタな毛がからまったのか、ケージから体が離れずうごけません。目は、白内障でしょうか。

全てのケージの中は糞尿でドロドロの状態。病原菌の巣窟です。犠牲となっている犬たちを、ていねいに1匹ずつケージから取り出していきます。あらゆるすき間に犬が押し込められている印象。

どうか、救出もれがないように、お願いします!

どんなに汚れ切って、病気にかかっていても、ワンワン、キャンキャン、助けを求めて声を上げてるのは、まだよいほう。この子など、ケージの中で全く無反応に丸くなっていました。

もう生きる気力というものが失われているように見えます。

ドアを開けると、雨粒が屋根や地面をたたく音。新鮮な空気が流れてきます。腕に抱かれた犬はぼんやりとその様子を眺めます。「息苦しくない…。なんだか明るくて…広くて…気持ちいい…。」

足腰が弱っているのか、少しふらつきながら誘導されて歩くこの子は、体毛を失っているように見えます。人の手の感触に、うっとり。きっと、初めての経験。

獣医師が待機する緊急シェルターで弱った犬たち(猫たちも)の一時的な医療処置をほどこします。脱毛した犬、毛が固まっている犬、歩けない犬、盲目の犬…なぜここまで放置してしまったのでしょう。

大移動

アーカンソーから米国の首都ワシントンD.C.に全ての犬たち(たぶん猫も)100匹以上を移送しました。そこでさらに医療チェックを受け、予防接種や去勢・避妊などの処置を受けた上で、いよいよ里親探しがはじまります。

動画ではすでに、小さい子どものいる家族が引き取る様子もちらりと見えます。暗い現実に差し込んだ、「希望」という一筋の光のようです。

この動画のような状態に、今、まさにこの瞬間も、閉じ込められている犬や他の動物たちが、星の数ほどいると思うと、やるせない。やるせなさを小さな行動に移すのは、少しの勇気。

動画を見ることは保護活動支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
 動画制作者:Humane Society of the United States
 掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。