保護犬とサイクリング!ゴールは「オマ」。里親制度の広報にもなるね!

保護犬とサイクリング!ゴールは「オマ」。里親制度の広報にもなるね!

大勢の人たちが一緒にサイクリングをする様子。その中には1匹の犬も。自転車と並走したり、ワゴンに乗って休憩したり。犬も楽しいイベントのゴールは「オマ」の家でした。

お気に入り登録

オマに向かって走る!

仲間たちとサイクリング、その目的は

まずはこれを見てください。ざっと見て15人ほどの人たちが自転車をずらっと並べて記念撮影。手前にはワゴンを引っ張る自転車も。そして、右手の方。しゃがんだ人の前に、横向きにクリーム色の犬が座っていますね。

さあ、サイクリングに出発!

リードにつないだ犬も一緒にいざ!というところです。

軽快に車輪の音を響かせて、森の道や田園風景の中を疾走。犬のスピードに合わせて、のんびりと走るサイクリングです。

画面が切り替わると、犬はワゴンに乗って休憩中。赤い旗がひらめくワゴンの乗り心地は最高!

太陽が低くなってきました。自転車の一行は町なかで信号待ち。犬は昼寝から目覚めたのかな?大あくびです。(笑)

さらに森を抜け、小さな村の中をゆっくり走ります。自転車の運転者が交代していますね。犬は十分に休息した後で、元気な足取りです。

メンバーの誰かが、「オマ!」と叫びました。その直後、他のサイクリングメンバーたちからも歓声が上がります。

サイクリングの目的は?

「オマ」はドイツ語で、「おばあちゃん」。グループの中の1人が、この村に住むおばあちゃんを自転車で訪れたのですね。そして、その主役は一生懸命走った犬の「アレコス」。

アレコスは、ギリシャ・クレタ島のタキス・シェルターからドイツにもらわれた保護犬です。オマの家では、「我が家へようこそ!」と垂れ幕も作ってアレコスを温かく迎えてくれました。遊びにきたのではなく、クレタ島から里親さん宅までの長旅の最後の陸路だったんです。仲間と共に、そのお祝いサイクリングでもあったんですね。

タキス・シェルターからの記事をこれまでに見ていただいた方はご存じかもしれません。数百頭の犬たちが暮らす大きな施設です。その中から、縁あってドイツに移住したアレコスは、こんな楽しい企画をしてくれる家族や仲間たちに囲まれて、幸せになりましたね。

保護犬を迎え入れた時、友人や親せきを巻き込んでこんなイベントを企画してみるのも素敵です。身の回りで保護犬里親キャンペーンにもなりそうですね!

動画を見ることは保護支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。