鎖と孤独から解放され生きる喜びを知った犬!素敵な名前をもらいました

鎖と孤独から解放され生きる喜びを知った犬!素敵な名前をもらいました

ネグレクトの状態で何年も過ごし、心理状態が悪化していた犬を動物愛護団体がついに救出。その後、里親さん家族はこの犬を家族の一員として迎え入れ、新しく素敵な名前をつけました。

お気に入り登録

これでは精神がやられる…

ネグレクトの状態

「レイディ」はずっと鎖につながれていました。1日24時間、1年365日です。

人や他の動物との交流もなく完全に孤立した状態で、ただ呼吸し、食べ、排泄していたのです。信じられません。

雨が降ればこうなる場所です。

訪問・説得

動物愛護団体PETAの職員たちは、何年にもわたってできる限りレイディを訪問。世話をしながら愛情をそそいできましたが、それでも犬の必要を満たすことはできません。

日を追ってレイディの心理状態は悪化していきました。

なじみの職員が訪れても、PETAが設置した犬小屋に引きこもってなかなか出てこないこともあったのです。

救出

PETAはレイディを手放すことを拒否する飼い主と、粘り強く交渉を続けました。

そしてついに、レイディの所有権を獲得したのです!

その後

里親さんとの出会いも果たし、いまわしい過去と決別です。

その証(あかし)として、里親家族はレイディに新しい名前をつけました。

その名も「フラッファー・ボトムズのウォルフィ(Wolfie von Fluffer Bottom)」です!「の(von)」がつくと、がぜん高貴な感じになるんですよね(笑)。

その意味は「大きなお尻のウォルフィ」ですけれど…!略してウォルフィが誕生しました。

ウォルフィは新しい家族と今を生きます。「お母さん」に呼ばれて嬉しそうにかけ寄るウォルフィ。

散歩や家の中でのくつろぎタイムは、リラックスした家族の時間。

犬はドッグフードのみにて生きるにあらず。ウォルフィの生きる喜びを動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:PETA (People for the Ethical Treatment of Animals) 

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。